fc2ブログ

じゃごろの模型日記

手抜きモデラーのプラモ日記です
01123456789101112131415161718192021222324252627282903

どちらも良か その22




昨日は熱かったですね。
各地で夏日を記録した様です。
春一番が吹く、荒れた天気でしたが気温は高かったです。
服装も気温に合わせるので面倒です。
暖かいではなく暑いのはいかがなものかなと。





ドラゴンオペルマウルティア表


ドラゴン1/35 Sd.Kfz.3a オペル・マウルティア です。
既存のトラックを改造して作られたハーフトラックです。


ドラゴンオペルマウルティア裏



中身はこんな感じです。
ドラゴンらしい細部まで精密なキットです。



マウルティアは、大戦中ドイツ軍が使用したハーフトラックです。
既存のトラックを改造してつくられました。
そのため特定の車両を指すわけではなく、大戦当時のドイツ軍が使用した簡易ハーフトラック全般を指す通称です。
マウリティアとはドイツ語でラバのことです。
1941年から1942年にかけ、東部戦線のドイツ軍は、初冬と春先の泥濘期に悩まされることになります。
通常の軍事行動はもちろんのこと、前進した部隊への補給もままならなくなり、かろうじて装軌式砲兵トラクターとハーフトラック類だけはある程度の行動が可能でした。
しかし、ドイツが当初から軍用に開発していたハーフトラックは高価なため補給任務に使用するには不経済な上、数も足りなかったのです。
それに代わって戦争中盤以降多様されるようになったのが、既存の民生用トラックをベースに製作された簡易ハーフトラック、マウルティアです。
1942年、オペル、フォード、マギリス各社にそれぞれの3トントラックをベースとした車両がSd.Kfz.3の型式名で発注され、同年末から生産が開始されました。
マウルティアは、基本的には既存のトラックの後輪部分を装軌式の足回りはさまざまな型式が試みられたが、3トントラック・ベースのものでは、イギリス軍から鹵獲したユニバーサル・キャリア、もしくはカーデンロイド軽戦車系列から部品を流用し、開発されたものが生産型の基本型式となりました。
転輪とサスペンションはほぼカーデンロイドのままで、履帯は、これもカーデンロイド軽戦車のコピーである1号戦車と同型式のものが使われました。
オペル製マウルティアは「プリッツ」の名で有名な3.6-36Sをベースとし、型式名はSd.Kfz.3a、フォード製はV3000SがベースでSd.Kfz.3b、マギリス性はS3000がベースでSd.Kfz.3cの型式名で、各社合わせて2万両を超える量産が行われました。
中でもフォード製の生産台数が最も多く、14000両近くに達しました。
オペル製は約4000両、マルギス性は約2500両でした。
キットはドラゴンらしい細部まで精密なキットです。
このキットはオペルトラックのキットにハーフトラックのパーツを追加したキットです。
そのため不要パーツが多数出ますがドラゴンらしいところでしょう。
履帯は得意のマジックトラックで精密感を高めています。
もともとオペルトラックは好きなアイテムで、マウリティアは大好物のキットです。
ハーフトラックを語るうえで、簡易ハーフトラック、マウルティアは外せないキットです。
【 2024/02/20 (Tue) 】 AFV | TB(0) | CM(0)

どちらも良か その21



19日早く、豊見城市の県道で16歳の男女が乗る2人乗りバイクが転倒し、運転していた少年が意識不明の重体です。
「現場は見通しの良い直線の道路ですが、2人乗りのバイクはこの辺りの縁石に乗り上げました」
警察などによりますと、2月19日午前4時半過ぎに豊見城市の県道で「バイクが倒れている」と発見した人から通報がありました。
バイクは糸満向けに直進していたところ、何らかの原因で縁石に衝突し、転倒したものとみられます。
バイクに乗っていたのは那覇市内に住む16歳の男女で、運転していた少年は意識不明の重体、後部座席の少女は意識はある状態で病院に運ばれました。
少女は「気がついたら投げ出されていた」という趣旨の話をしていたということで、警察が事故の詳しい原因や当時の状況を調べています。RBC琉球放送より
またしても同じ様な事故が起きました。
2人乗りのバイクの事故ですが、運転手は16歳の少年。
免許取得後1年以上でなければ2人乗りは禁止です。
まず乗車員数違反は間違いないでしょう。
それと16歳の男女が午前4時半ごろ外で何をしていたのでしょうか。
夜遊びの常習者で、家庭環境も推察されます。
そして、16歳で高校生ではない様ですね。
会社員?無職?
この様な事故を起こすものには共通の原因がある様です。



トランペッター12トンハーフトラックDB9表


トランペッター1/35 Sd.Kfz.8 DB9 12tハーフトラック です。
牽引力12tのハーフトラックです。


トランペッター12トンハーフトラックDB9裏



中身はこんな感じです。
トランペッターらしい細部まで精密なキットです。




Sd.Kfz.8は、大戦中、ドイツ軍で使われたハーフトラック形式の牽引車です。
1931年、ダイムラー・ベンツは重クラスのハーフトラック形式の牽引車として、9トンの牽引力を持つZD5を開発しました。
これは当時のソビエト連邦との密約によって、ソ連領内のカザンでテストされ、その結果、牽引力を増したDBs7が最初の量産車として1934年から生産されました。
数年後に登場したDBs8では転輪数が一つ増えて6組となり、1938年のDBs9ではより強力なマイバッハHE85エンジンを搭載していました。
その小改良型であるDBs10は1939年に生産が開始され、これが12tハーフトラックの主量産型・最終型となりました。
12tハーフトラックは、15㎝K16や17㎝K18、21㎝Mrs18などの重榴弾砲や10.5㎝Flak38の牽引に用いられました。
戦中の写真では、1クラスしたの8.8㎝Flak18/36/37を牽引している姿も見られます。
生産はダイムラー・ベンツ、フリードリヒ・クルップAG、クラウス・マッファイで行われ、約4000両が作られました。
12tハーフトラックは、以前製作しましたが、まだ重火砲のキットが残っているので牽引用にキットを求めました。
同じキットの再販と思っていましたが、以前のキットはDB10で、これはDB9のキットです。
トランペッターのキットは細部まで精密なキットです。
そのためエッチングパーツも用意され精密感を高めています。
8t同様これもとても良いキットです。
ドアの代わりに転落防止用のチェーンが付いています。
さて、この12tハーフトラック、どの火砲を牽引させようか検討中です。
【 2024/02/19 (Mon) 】 AFV | TB(0) | CM(0)

どちらも良か その20



18日午前、新潟県佐渡市で酒気を帯びた状態で軽トラックを運転していたとして農家の男が現行犯逮捕されました。
酒気帯運転で現行犯逮捕されたのは、佐渡市の農業の男(60)です。
男は18日正午前、自宅近くの道路で酒気を帯びた状態で軽トラックを運転しました。
警察によりますと、警察に情報提供があり、捜査をしていたところ、車を運転している男を発見。
車を止めてアルコール検査を行ったところ、基準値を超えるアルコールが検出されたということです。
警察の調べに対し、男は「酒が残っているのはわかっていたのに車を運転したのは間違いありません」と容疑を認めています。
警察が男の飲酒量などを詳しく調べています。新潟ニュースNSTより
酒気帯び運転、なかなかなくならないですね。
この男は常習かもしれませんね。
だから警察に情報提供があったのでしょう。
厳しい処分をしなければ酒気帯び運転はなくなりません。
事故を起こした場合、殺人や殺人未遂などで処罰すべきだと思います。





タミヤFlak36表


タミヤ1/35 ドイツ88ミリ砲 Flak36 “北アフリカ戦線” です。
対戦車砲として連合国の戦車を撃破し活躍した88ミリ砲です。


タミヤFlak36裏


中身はこんな感じです。
砲兵のフィギュアが8体付いています。



1972年に発売された88mm砲FLAK36/37は、一大ブームとなったキットです。
このキットは、2006年7月に発売された新しいキットです。
Flak36や砲兵8体付属。
オートバイやオートバイ兵1体付属しています。
また、砲弾や砲弾ケースなど多数のアクセサリーも付いていて、これだけでジオラマが作れるキットになっています。
ただ、砲車は付いていなくて、牽引シーンなどにすることはできません。
さて、このFlak36は以前の様な一大ブームを引き起こしたのでしょうか。
残念ながら今回は昔の様な大ブームはおきませんでした。
私は展示会などで、このキットの完成品をみたことがありません。
以前のキットは何度も観ましたし、自分でも作りました。
フィギュアなどは新しいキットの砲は出来が良いのは間違いありません。
しかし、今と昔では模型環境も大きく変わり、目新しいものではなくなっていた様です。
それに砲車も付いていないのでお得感に欠けるのです。
キットの開発年が違うため、代金も大きく値上がりしている昨今、砲車まで開発すると高くなりすぎるのではと考えたのでしょう。
そして、一番のライバルは自社のキットだと思われます。
以前のキットも発売されているので、こちらの方がお得感がありコスパに優れています。
また、後に砲兵のキットが発売されていますが、砲のキットはどれをターゲットにしていたのでしょうか。
勿論新しい砲のキットではない事は確かです。
このキットは優れたとても良いキットです。
が、自社の名品キットがあるため、高評価を得ることが難しかった様です。
まあ、出来が良いとこの様なケースはしばしば起こりえるケースと言えると思います。
【 2024/02/18 (Sun) 】 AFV | TB(0) | CM(0)

どちらも良か その19



鏡石町で男女2人が車にはねられ死傷した事故で、現場付近にブレーキ痕はなく、車を運転していた女はアクセルをブレーキと思い込み慌てて踏み続けたとみられることがわかりました。
過失運転致死傷の疑いで、2月17日朝、送検されたのは、鏡石町のパート従業員の女性容疑者(72)です。
2月15日、容疑者はJR鏡石駅前で軽乗用車を運転し、歩道にいた男女2人をはねて駅舎に突っ込み、埼玉県の男子大学生を死亡させたほか、女子大生に頭の骨を折る重傷を負わせた疑いです。
捜査関係者によりますと、現場付近にブレーキ痕はなく、容疑者はアクセルをブレーキと思い込んで慌てて踏み続けたとみられ、時速40キロ以上のスピードが出ていたとみられることがわかりました。福島中央テレビより
この前の事故の続報です。
思い込みでアクセルとブレーキの踏み間違い。
ブレーキを踏んでいるのにスピードが落ちないので踏み続ける悪循環。
パニック状態なのか冷静な判断が出来なかった状態でしょう。
だから高齢者運転は危険だと言うんです。
それと自動車メーカーなどは、アクセルの踏み間違いを防止する装置を開発する必要があります。
その装置を搭載した車以外は高齢者の運転を認めるのは反対です。
過失運転だからたいした罪には問われません。
死んだ(殺された)者だけが損をする世の中なんです。
歩道を歩いていても安全ではないのですからどこを歩いたらいいんでしょうかね。








タミヤFlak3637表


タミヤ1/35 88ミリ砲 Flak36/37 です。
長年愛されているタミヤの名品です。



タミヤFlak3637裏


中身はこんな感じです。
古さを感じさせない設計で、タミヤの技術力の高さが良くわかります。




このキットは、1972年10月に発売されたタミヤの名品です。
以来長い間愛され作り続けられています。
このキットが発売された当時、衝撃を受けたキットです。
シリーズの17番目に発売されましたが、Ⅱ号戦車やⅢ号戦車、Ⅲ号突撃砲のキットなどが発売されていた頃です。
戦車や車両以外の大砲のキットが発売され驚いたものでした。
大砲や砲車、オートバイ、兵士のフィギュアが9対付いています。
このキットだけで射撃中のジオラマがつくれるのです。
当時の小売店で行われていたコンテストなどにこのジオラマが登場します。
お兄さんらが作ったジオラマに見とれたものでした。
また、別売の8tハーフトラックと組み合わせた牽引シーンもジオラマに登場して評判を高めました。
このキットが与えた影響は、各メーカーやAFV路線に多大なる影響を与えた事は間違いありません。
タミヤの1/35シリーズの地位もこのキットで不動のものになりました。
大勢の方がこのキットを作ったと思います。
私も何個も作っていますし、まだキットも持っています。
ある意味のめり込んだキットのひとつかもしれません。
各方面へ多大な影響を与えたタミヤの名品。
久しぶりにもう一度作って見ませんか。
【 2024/02/17 (Sat) 】 AFV | TB(0) | CM(0)

どちらも良か その18



先月、大牟田市でバイクの男子高校生が車にはねられ死亡した事故で警察は飲酒運転だったとして逮捕した車の男を16日午前、過失運転致死の疑いで書類送検しました。
警察によりますと、容疑者(61)は1月、県道の交差点で軽乗用車の運転中に原付バイクと衝突する事故を起こし、バイクに乗っていた男子高校生を死亡させた疑いが持たれています。
事故当時、容疑者は、酒を飲んだ状態で車を運転したとして酒気帯び運転の疑いで逮捕されていました。
警察はその後の捜査から、容疑者が赤信号を無視して直進した事が事故につながったとみて過失運転致死の疑いで容疑者を書類送検しました。
警察に「青信号とおもっていた」と供述しています。 KBC九州朝日放送より
飲酒運転で信号無視は危険運転でしょう。
相手の高校生は亡くなってます。
尊い命が奪われました。
酒を飲んでいたから赤信号を青だと思い込んだのでしょう。
こんな酒飲んで運転する奴は日本の社会には要らないです。





ドラゴンFlak37表


ドラゴン1/35 8.8㎝ Flak37 です。
このキットは、Flak18,36,37が選択出来る3in1のキットです。

ドラゴンFlak37裏


中身はこんな感じです。
ドラゴンらしい細部まで精密なキットです。


Flak18に続いてクルップ社は、Flak18のスペイン内戦での実践経験をもとに改良した8.8㎝Flak36を開発しました。
主な特徴は、発射方向の切り替えを電源で行うことができ、砲身交換も簡単にできるよう改良された点です。
また、砲車も改良され、砲の前後に関係なく取付可能となり、移動を迅速にしました。
ただし、コンクリート砲床などに固定設置された
事例もあり、こちらは8.8㎝Flak36/2と称されました。
砲架生産が追いつかなかったために余剰が発生した8.8㎝Flak41の砲身に。アダプターを介しててFlak36の砲架を取り付けた8.8㎝Flak36/41というバリエーションも存在しました。
さらに派生型として、観測点から砲へ射撃諸元を送る、機械式アナログコンピュータ内蔵の射撃指揮装置「コマンドケレート」を加えた8.8㎝Flak37も開発され、主に多種目標を相手にする野戦用としてFlak36が、固定陣地での防空任務専用としてFlak37が配備されました。
なお、8.8㎝Flak18,36,37の砲身はそれぞれに互換性があり、古い砲架に新型砲身、あるいはその逆での仕様例が確認できます。
このキットは、Flak18,36,37が選択出来る3in1のキットです。
そのためパーツが多く、組説を良く確認しながら作業を進めなければなりません。
しかし、ドラゴンの組説はページに余裕がなく、1工程の作業量が多い為、見難いという難点があります。
防盾だけでも3種類あり、パーツの多さと複雑さが想像できると思います。
またキットは砲だけでなく砲車も細かいパーツが多く精密なキットとなっています。
組説が国産メーカーの様に丁寧な説明をしてあれば違った印象を受けると思います。
また、ドラゴンの組説は間違いや記入漏れが多かったので、「ドラゴンの罠」と言われていたイメージもあり、油断できないという気がします。
どうもドラゴンの姿勢は、「これぐらいわかるだろう」という上級者向けの様な感じがします。
AFVマニアの様に慣れていればそうでもないのかもしれませんが、不慣れな者には面倒です。
しかし、完成すればその精密感は素晴らしく魅力的です。
さてこのキットは、どの型にしようか迷うのも楽しいみのひとつの様です。
【 2024/02/16 (Fri) 】 AFV | TB(0) | CM(0)
プロフィール

じゃごろ

Author:じゃごろ
お手抜きモデラーのじゃごろです。
スケール物中心にupします。
宜しくお願いします。

最新トラックバック
ブロとも一覧
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
ランキング
もしお役に立ちましたら、                           ポチッとお願いします。