fc2ブログ

じゃごろの模型日記

手抜きモデラーのプラモ日記です
121234567891011121314151617181920212223242526272829303102
月別アーカイブ  【 2017年01月 】 

バッヘム Ba349A ナッター

ナッター2

本日のキットは、ドラゴン1/48 Ba349Aナッターです。
第二次世界大戦末期にドイツで試作されたロケット迎撃機です。

ナッター3

機体がシンプルなため、パーツは多くありません。
ロケットブースターが4基付きます。

ナッター4

パーツの大半は、発射台のパーツです。
これは木製タワーのパーツです。

ナッター5

土台のパーツ類です。
平板台は地面になります。

ナッター6

透明部品、エッチングパーツです。
シートベルト、照準器等がエッチングで再現されます。

ナッター7

組説です。
機体は2コマ、残りは発射台の説明、塗装になります。

ナッター13

完成するとこのようになります。
ドラゴンのキットは、発射台なしのキットも発売されています。

ナッター12

「天プラ」の展示会で見かけた作品です。
ナッターの完成機は久しぶりに見ましたが、機体は小さいが目を引く作品です。


Ba349は、機体は木製で、機首に24~33発のロケット弾を装着していました。
エンジはヴァルター式液体燃料ロケット機関1基で、垂直ランチャーから4基のロケットブースターを使用して発進します。
発進後は目標付近まで無線誘導され、近接後機首のプラスチックカバーを外し、ロケット弾で攻撃を行います。
その後、パイロットはパラシュートで脱出し、同時にエンジンも分離され、落下後に再使用する構造でした。
しかし、終戦まで数十機の生産にとどまり、10機が部隊配備されたのは1945年4月でした。
そのため実戦参加はなかったとされています。(出撃したとの説もあります)

・全長  :6.18m
・全幅  :3.97m
・離昇重量:2.175㎏
・最大速度:870㎞
・上昇率 :10900m/分
・航続距離 :2分(B型4.36分)

大戦末期になると、ドイツも日本もとんでもない兵器を考えつくもものです。
航続が2分では地域も限定され、十分な迎撃が行えるか疑問です。(コメートもそうでした)
特攻ではなく生還するように考えられてはいますが、パラシュートで生還が前提です。
垂直発進のGに堪え、慌ただしく攻撃したかと思えば脱出、パイロットは堪ったものではありません。
「乗りたくねえ~」と思いきや、パイロット志願者は不足しなかったとは驚きです。















スポンサーサイト



【 2017/01/28 (Sat) 】 飛行機 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

じゃごろ

Author:じゃごろ
お手抜きモデラーのじゃごろです。
スケール物中心にupします。
宜しくお願いします。

最新トラックバック
ブロとも一覧
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
ランキング
もしお役に立ちましたら、                           ポチッとお願いします。