fc2ブログ

じゃごろの模型日記

手抜きモデラーのプラモ日記です
0312345678910111213141516171819202122232425262728293005
月別アーカイブ  【 2017年04月 】 

ホンダドリームCB750FOUR

ホンダ

本日のキットは、タミヤ1/6ホンダドリームCB750FOURです。
1969年に発売された、量産型オートバイで世界初の200㎞/hを超えたオートバイです。


ホンダ2

箱を開けるとこんな感じです。
パーツも多く、金属パーツもあり、精密感に胸は高まります。

ホンダ3

燃料タンク、マフラー、リヤーフェンダー等のパーツです。
タンクの大きさがナナハンの証です。

ホンダ4

フォーク部品、スプロケット、ホイル等のパーツです。
昔は自転車みたいなスポークホイルでしたね。

ホンダ5

エンジン、ブレーキディスク、ライト部品です。
バイクモデルはエンジンが見所になります。

ホンダ7

オイルタンク、シートパーツ、フレーム等のパーツです。
オイルタンクは、走ると熱くなるので火傷に注意しましょう。

ホンダ8

タイヤ、ダンパー等のパーツです。
フロントフェンダーは金属パーツになっています。

ホンダ9

透明パーツ、シートです。
シートは樹脂素材の一体成型です。

ホンダ10

組説は16ページあります。
これとは別に、輸出用の英語版が付いています。


このバイクは、発売されると国内外で好評を得て、社会現象にもなったいわゆるナナハンブームを巻き起こしました。
ロードレース世界選手権で完全制覇を果たしたマシンの直系で、野性的かつダイナミックなイメージがありました。
空冷4ストローク4気筒2バブルSOHC最高出力67PS/8000rpm、最大トルク6.1㎏-m/7000rpmのスペック。
余談になりますが、本来エンジンはもっと高出力になる予定でした。
しかし、テストして見るとタイヤがバーストしたりチェーンが切れるなどのトラブルが続出します。
タイヤやチェーンの技術がエンジンの性能に追いつかなかったのです。
そのためしかたなく67馬力にエンジン出力を下げたとされています。
尚、ブリジストンはこれを恥と感じ、後年「CB750four専用タイヤ」を開発したと言われています。
CB750は、発売当初クランケースやオイルパンは砂型鋳造を行っていました。
完全量産化は考えておらず設備もなく、日産25台の生産計画で受注が殺到し100台以上に膨れ上がります。
そのため7400台程生産した後は、完全量産のダイキャスト金型による生産に切り換えられました。
今のバイクは、その性能やデザイン等、素晴らしい魅力があります。
750以上の大型バイクも街中に溢れています。
しかし、私にとって大型バイクはナナハン、CB750fourなのです。
このバイクのインパクトは今のリッターバイク以上の物がありました。
おじさん世代の「青春」、それがこのCB750fourなのです。


スポンサーサイト



【 2017/04/25 (Tue) 】 その他 | TB(0) | CM(2)
プロフィール

じゃごろ

Author:じゃごろ
お手抜きモデラーのじゃごろです。
スケール物中心にupします。
宜しくお願いします。

最新トラックバック
ブロとも一覧
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
ランキング
もしお役に立ちましたら、                           ポチッとお願いします。