fc2ブログ

じゃごろの模型日記

手抜きモデラーのプラモ日記です
041234567891011121314151617181920212223242526272829303106

ドイツ軍偵察装甲車 Sd.Kfz.234/2 プーマ

重装甲偵察車11


本日のキットは、サイバーホビー1/35ドイツ軍偵察装甲車Sd.Kfz.224/2プーマです。
Sd.Kfz.234シリーズで最初に生産され、60口径5㎝戦車砲を搭載しています。


重装甲偵察車12

箱を開けるとこんな感じです。
パーツは多いですが、スペースには余裕があります。

重装甲偵察車13

フェンダー、車体上部、砲塔パーツ類です。
先日の234/1の砲塔部分がパーツ差し替えになったものです。

重装甲偵察車14

ハンドル、サス部品、スターアンテナ等のパーツです。
これらはシリーズの共通部品となっています。

重装甲偵察車15

タイヤ、足回り関係のパーツです。
これらはシリーズの共通部品となっています。

重装甲偵察車16

車体下部、アンダーカバー、車体パーツ類です。
これらはシリーズの共通部品となっています。

重装甲偵察車17

フェンダー、点検ハッチ、クラッペパーツです。
これらはシリーズの共通部品となっています。

重装甲偵察車18

デカール、エッチング、透明パーツ類です。
金属製の車幅指示棒が付属しています。

重装甲偵察車19

組説は横開きの1枚物です。
シリーズの共通部品のため、不要部品の指示があります。



Sd.Kfz.234装甲車は、2㎝機関砲を搭載する予定で開発されていました。
しかし、シリーズで最初に生産されたのは5㎝戦車砲を搭載したこの型式でした。
これはある程度の対戦車戦闘能力を持つ型に方針が変更されたからです。
当初は8輪重装甲偵察車と呼ばれていましたが、Sd.Kfz.234/2と制式名称が与えられました。
本車はプーマと呼ばれていますが、制式名称ではありません。
装甲は5.5ミリ~30ミリ、砲弾55発、乗員4名、1944年6月までに101輌が生産されています。

サイバーホビーのキットは、プーマの最新キットで決定版と言える物です。
長い間イタレリのキットが君臨していましたが、細部再現度では雲泥の差があります。
細部の拘り、再現度はちゅか系メーカーの真骨頂でしょう。
このキットもAFVの製作に手慣れたサイバーホビーの手腕を感じる事ができます。
またエッチングや金属部品も付属しているには安価でお得感がありました。
最近は価格が倍近くになり、そのお得感が失われてしまいました。
しかしプーマの魅力を再現したこのキットの価値は高いものだと思います。
箱絵の迷彩が周囲に溶け込んでいい雰囲気を出していますね。


スポンサーサイト



【 2017/05/14 (Sun) 】 AFV | TB(0) | CM(0)
プロフィール

じゃごろ

Author:じゃごろ
お手抜きモデラーのじゃごろです。
スケール物中心にupします。
宜しくお願いします。

最新トラックバック
ブロとも一覧
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
ランキング
もしお役に立ちましたら、                           ポチッとお願いします。