fc2ブログ

じゃごろの模型日記

手抜きモデラーのプラモ日記です
041234567891011121314151617181920212223242526272829303106

Sd.Kfz.234/4 mif 7.5㎝L/48 8輪重装甲偵察車

8輪装甲偵察車

本日のキットは、ドラゴン1/35Sd.Kfz234/4.mif7.5㎝L/48 8輪重装甲偵察車です。
48口径75ミリ砲搭載型で、戦車並みの火力を持つ装甲車です。

8輪装甲偵察車2

箱を開けるとこんな感じです。
パーツは多いですが、箱が大きくスペースに余裕があります。

8輪装甲偵察車3

車体上部、フェンダー、車体下部のパーツです。
車体上部、フェンダーのパーツは2枚あります。

8輪装甲偵察車4

車体内部パーツ、外装パーツ類です。
砲関係パーツ以外は、シリーズ共通パーツが使用されています。

8輪装甲偵察車5

L/48砲、エッチング、透明部品等のパーツです。
L/48砲、砲架等が新規パーツで差し替えられています。

8輪装甲偵察車6

タイヤ、サス関係のパ-ツです。
タイヤ1個は2個のパーツで再現されています。

8輪装甲偵察車7

組説は横開きの1枚物です。
シリーズの共通パーツのため、不要パーツが多数あります。


ヒトラーの命令で開発されたSd.Kfz.234/4は、75ミリ対戦車砲PK40を搭載しました。
この75ミリ対戦車砲PK40は、装甲貫通能力が高い分、射撃時の反動が大きく、重量も1トンを超えています。
そのため従来の車体を利用できず、新たに車体中央部に大きな開口部を設けそこに直接75ミリ砲を設置しています。
Sd.Kfz.234/4は強力な火力で対戦車戦闘に活躍しますが、急造車両の感は否めなく完成度は低い物でした。
戦車等と比べると脆弱な防御力、発砲時の衝撃吸収の低さ、運用の難しさなどの欠点を持っていました。
ドイツ軍はSd.Kfz.234シリーズの発展型として、Sd.Kfz.234/4とは異なる長砲身の75ミリ砲を搭載したタイプを計画します。
この車両はSd.Kfz.234/3をベースに、主砲を4号戦車や3号突撃砲と同じ48口径75ミリ砲へ換装したものです。
その搭載方法もSd.Kfz.234/3を踏襲したもので、デザイン的、構造的にもSd.Kfz.234/4より完成度が高いものでした。
75ミリ対戦車砲PK40を車載用としてコンパクト化を図ったのが48口径75ミリ砲ですから砲の威力はほぼ同じです。
この車両は、本来ならばSd.Kfz.234/5などの違う型式になるはずですが、計画車両のため制式型式がありません。
長砲身の75ミリ砲を搭載した点でSd.Kfz.234/4となっている様です。
ただしこの計画はペーパープランで、重量11.5トンの車体と装輪式の足周りに75ミリ砲搭載は構造や運用に無理がありました。
このためSd.Kfz.234/4 48口径75ミリ砲搭載型は計画のみで、試作も行われず、幻の車体となっています。

このキツトはドラゴンが近年発売したもので、発売予告があった時は驚きました。
ドラゴンはドイツの試作車両も発売していますが、実車を取材して開発されたものでした。
計画のみの車両は、簡易キットや小規模メーカーが発売することはありましたが大メーカーにはあまり例をみない様です。
これはSd.Kfz.234シリーズの1つとして発売したのでしょうが、資料が良くあったなと感心しました。
記事を書くためにいろいろ調べて見たんですが、資料はほとんど見つかりませんでした。
このような時、組説に詳しい解説があれば助かるんですが、ドラゴンの組説には車体解説は一切ありません。
Sd.Kfz234シリーズが好きな私には嬉しいキットで、「他のタイプがあったら発売してね。」と思っています。


スポンサーサイト



【 2017/05/17 (Wed) 】 AFV | TB(0) | CM(0)
プロフィール

じゃごろ

Author:じゃごろ
お手抜きモデラーのじゃごろです。
スケール物中心にupします。
宜しくお願いします。

最新トラックバック
ブロとも一覧
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
ランキング
もしお役に立ちましたら、                           ポチッとお願いします。