fc2ブログ

じゃごろの模型日記

手抜きモデラーのプラモ日記です
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

マウルティア ハーフトラック Sd.Kfz.3a

マウリテア

本日のキットは、サイバーホビー1/35マウルティア ハーフトラックSd.Kfz.3aです。
マウルティアは簡易ハーフトラック全般を指す通称で、キットはオペルプリッツをベースにしたタイプです。

マウリテア2

箱を開けるとこんな感じです。
パーツは多くギッシリ詰まっています。

マウリテア3

キャビン、フェンダー、ボンネットパーツ等です。
ドアは開閉選択式です。

マウリテア4

タイヤ、ホイール、荷台等のパーツです。
タイヤはプラ製で2分割されています。

マウリテア5

スプロケット、転輪、エンジン等のパーツです。
このキットにはエンジンが2個付いています。

マウリテア6

シート、ハンドル、マフラー等のパーツです。
ドアハンドル、車幅指示棒、ヘッドライト等細かいパーツが多数あります。

マウリテア7

デカール、透明部品、エッチング、履帯パーツです。
履帯はカット済のマジックトラックです。

マウリテア8

組説には車両解説は一切ありません。
不用部品が数多くあります。



1941年から1942年にかけ、東部戦線のドイツ軍は初冬と春先の泥濘に悩まされます。
通常の軍事行動はもちろんのこと、部隊への補給もままならなくなり、かろうじてハーフトラックだけが行動可能でした。
しかし、軍用に開発したハーフトラックは高価なため補給任務に使用するには不経済なうえ、数も足りませんでした。
それに代わって使用されるようになったのが既存のトラックをベースに制作された簡易ハーフトラック、マウルティアです。
マウルティアは、既存のトラックの後輪部分を装軌式に改修したもので、装軌式の足回りは様々な形式が試みられました。
3tトラックベースのものは、イギリス軍から鹵獲したユニバーサル・キャリアもしくはカーデンロイド軽戦車系列から部品を流用し、開発されたものが生産型の基本形式となっています。転輪とサスペンションはほぼカーデンロイドのままで、履帯も同じくカーデンロイドのコピーであるⅠ号戦車と同型式が使用されました。
1942年、オペル、フォード、マギルス各社に3tトラックをベースとした車輛がSd.Kfz.3の型式名で発注され生産が開始されます。
オペル製はプリッツをベースとして型式名はSd.Kfz.3a、フォード製はV3000SがベースでSd.Kfz.3b、マギリス製はS3000がベースでSd.Kfz.3cの型式名で、各社合わせて2万輌を超える量産が行われました。中でもフォード製の生産台数が最も多く、14000輌近くに達しました。オペル製は約4000輌、マギルス製は約2500輌でした。

このキットはマウルティアの最新キットで決定版と言えるものです。
オペル・プリッツのキットにマウルティアの足回りのパーツを新規で追加したキットです。
そのためシャーシフレーム、ホイール、タイヤ等大量の不用部品があります。
エンジンやマフラー等も不用パーツがあり、細かい所にもこだわっている様です。
キットはAFVに手慣れたサイバーホビーらしくメリハリの利いた好キットです。
ハーフトラックとして活躍したマウルティア、コレクションには必須のアイテムです。

スポンサーサイト



【 2017/06/02 (Fri) 】 AFV | TB(0) | CM(0)
プロフィール

じゃごろ

Author:じゃごろ
お手抜きモデラーのじゃごろです。
スケール物中心にupします。
宜しくお願いします。

最新トラックバック
ブロとも一覧
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
ランキング
もしお役に立ちましたら、                           ポチッとお願いします。