fc2ブログ

じゃごろの模型日記

手抜きモデラーのプラモ日記です
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007
月別アーカイブ  【 2017年06月 】 

ドイツ s.K 18 10.5㎝ カノン砲

カノン砲9

本日のキットは、ドイツs.K18 10.5㎝ カノン砲です。
独ソ戦で対戦車戦闘を支援して活躍しました。

カノン砲10

箱を開けるとこんな感じです。
パーツは思ったより少ないです。

カノン砲11

ホイール、砲車パーツ類です。
後部砲車は取り外し可能です。

カノン砲12

砲架基部、砲架パーツ類です。
砲架は運搬時と射撃時の選択可能です。

カノン砲13

砲架パーツ、ピストン、砲架台等のパーツです。
仰角用のシリンダーは金属パーツが用意されています。

カノン砲14

砲身、金属パーツ、砲架、タイヤです。
金属砲身が付属しています。

カノン砲15

組説は16ページあり、分かり易く図示されます。
カラー塗装図が付属しています。



10.5㎝ s.K18は、ドイツ軍から依頼されたクルップ社とラインメタル社が、10㎝K17の後継として1920年代に開発しました。
競作でしたが、実際には15㎝sFH18と同様にラインメタル社製の砲身をクルップ社製の砲架に搭載したものが採用されました。
牽引車は半装軌車のSd.Kfz.7やSd.Kfz.8(8tハーフトラック、12tハーフトラック)が用いられました。
軍団直轄の重砲大隊や装甲師団の装甲砲兵連隊に配備され、独ソ戦では8.8㎝flakシリーズや他の野戦砲とともに、T-34中戦車やKV-1重戦車に対する対戦車戦闘を支援して活躍しました。
大戦中期以降は、性能面と重量面の問題から沿岸砲兵部隊へ廻されています。
口径105mm 砲身長5460mm 戦闘重量5642㎏ 最大射程19075m 発射速度 6発/分 というスペックです。

このキットは、金属砲身を惜しみなく付属しています。
別売だと結構なお値段がするんですが、この頃のトランペッターは気前が良かったですね。

FLH15

前に作った15㎝FH18で、砲身が違うだけで砲架は同型です。
重量感が出るジャーマングレーで塗装して、その他汚しはまだです。
ダークイエローで重みを出す塗装は難しいですが、このキットで試したいと思っています。
金属砲身の重みでピストンが下がるので、接着固定しています。
組立は問題なくスムーズでしたが、後部砲車の連結用鎖が老眼には面倒でした。

大砲は、大きければ大きい程威力はありますが、重量など運用面で問題がありました。
やはり大きさと運用面の兼ね合いが肝の様です。
まあ、何事も程々が一番良いようですね。

スポンサーサイト



【 2017/06/08 (Thu) 】 AFV | TB(0) | CM(0)
プロフィール

じゃごろ

Author:じゃごろ
お手抜きモデラーのじゃごろです。
スケール物中心にupします。
宜しくお願いします。

最新トラックバック
ブロとも一覧
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
ランキング
もしお役に立ちましたら、                           ポチッとお願いします。