fc2ブログ

じゃごろの模型日記

手抜きモデラーのプラモ日記です
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109
月別アーカイブ  【 2017年08月 】 

ディーノ・246GT

ディーノ

本日のキットは、フjジミ1/24 ディーノ・246GTです。
フェラーリが製造した初のミッドシップ2座席スポーツカーです。


ディーノ2

ボディーは、エンジルームやボンネットが開閉可能です。
美しいと言われるフォルムが良く再現されています。


ディーノ3

ホイールにタイヤがセットされています。
スペアータイヤも付属しています。

ディーノ4

シャーシーフレームやサス関係パーツ類です。
バスタブ式のコクピットをシャーシフレームに組付けます。

ディーノ5

シート、ドアトリム、リアパネル等のパーツです。
シートベルトが別パーツで用意されています。

ディーノ6

燃料タンク、各種小物パーツ類です。
燃料タンクは左右に分かれています。


ディーノ7

インパネ、エンジンパーツ類です。
このキットは、完成後もエンジンが見れる様になっています。


ディーノ8

ボンネット、エンジフード等です。
ボデイーフロント下部は別パーツになっています。


ディーノ9

透明パーツ、メッキパーツです。
エンジンを展示する台座が付属しています。


ディーノ10

デカールは、メーターやナンバープレートなどです。
フェラーリですがディーノブランドが与えられたため、跳ね馬マークは付属していません。


ディーノ11

組立には少々コツが必要の様です。
窓枠などメッキ部分の再現が面倒ですね。



フェラーリの創業者エンツォ・フェラーリの長男で、1956年に天折したアルフレード・フェラーリの名前を冠しています。
V型12気筒エンジン搭載の既存車と区別するため、「ディーノ」ブランドが与えられました。
ディーノ・206 V6DOHC1987cc 185ps 発売時期 1967年・1969年 
ディーノ・246 V6DOHC2418cc 195ps 発売時期 1968年・1974年

キットは、ディーノ・246の特長を捉えた好キットだと思います。
組立には少々難があり、そこを考慮する必要があります。
ボデイーフロント下部が別パーツになっているので、接合面が出るのです。
そしてこの部分にシャーシが入り込む様になっています。
組説では、ボディーにシャーシを取付後、フロント下部を接着する様に指示があります。
ここはボディーにフロント下部を先に接着して、接合面の処理をしておきます。
ボディーを塗装後、シャーシを取付するのですがそのままでは無理です。
そこで、フロント下部に入り込むシャーシ部分を切断してはめ込みます。
その後シャーシを取付て切断した部分と接着するしか方法はなさそうです。
シャーシ部分は見えないので、ボディーの塗装面を優先させるべきだと思います。
又、バンパーにはゴムの部分があるので、メーッキパーツに塗装で再現する様になると思います。
窓枠等塗装する場合、メッキを剥がし塗装して統一する方が良いかもしれません。
この辺はカーモデルに慣れていないので要領が悪いかもしれませんね。
このディーノや250GTOなど、タミヤがキットを発売してないのが不思議な気がします。
最近のフェラーリのキットは発売してる様ですが、昔のフェラーリのキットは発売していません。
フジミがキットを発売しているからタミヤも出来ると思うんですがね。
タミヤだったらどのように再現するか、ちょっと興味があります。
スポンサーサイト



【 2017/08/06 (Sun) 】 その他 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

じゃごろ

Author:じゃごろ
お手抜きモデラーのじゃごろです。
スケール物中心にupします。
宜しくお願いします。

最新トラックバック
ブロとも一覧
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
ランキング
もしお役に立ちましたら、                           ポチッとお願いします。