fc2ブログ

じゃごろの模型日記

手抜きモデラーのプラモ日記です
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

ディーノ206コンペティツィオーネ デラックス

ディーノGT

本日のキットは、フジミ1/24 ディーノ206コンペティツィオーネ デラックスです。
ピニンファリーナがデザインしたガルウイング式のスポーツカーです。


ディーノGT2

ボディーは一体成型で、エアースクープ等が別パーツになっています。
ドア等可動部はありません。

ディーノGT3

タイヤはホイールにセットされています。
スペアータイヤはありません。

ディーノGT4

シャーシやブレーキディスク等のパーツです。
シャーシは、一枚物になっています。


ディーノGT5

コクピットフロア、シート、インパネ等のパーツです。
このキットには、エンジンパーツはありません。


ディーノGT6

ボンネットスリット、エアースクープ、エンジンルームドア等のパーツです。
フロント、リアにスポイラーが付きます。


ディーノGT7

クリアーパーツ、メッキパーツです。
フロントガラスの窓枠用シールが付属しています。


ディーノGT8

メーター類のデカールです。
ディーノブランドのため、フェラーリの跳ね馬マークはありません。


ディーノGT9

エッチングパーツが付属しています。
ディスクブレーキやウイングステー等がD-up出来ます。


ディーノGT10

組説は、パーツも少ない為、問題ありません。
簡素ながら分かり易い組説です。


ディーノGT11


エッチィング用の組説が付属しています。
エッチングパーツとその組説は、数量限定のため部品請求できません。



ピニンファリーナ製の1967年フェラーリ ディーノ206コンペティツィオーネは、ガルウイング式のスポーツカーです。
デザインの研究とエアロダイナミクスの実験のためフェラーリとピニンファリーナがタッグを組んだコンセプトカーでした。
生産される予定はなく、30年以上にわたりピニンファリーナ・ミュージアムに所蔵されていました。
2007年にグリッケンハウス氏に売却され彼はこの貴重な1台を普通に運転しているそうです。


このキットは、この車のデザインが好きで購入しました。
パーツも少なく、黄色のボディーカラーも好ましく製作意欲を掻き立てられました。
しかし、横から見てフロントノーズ下面が上向き過ぎて、フロントホイールアーチが可笑しいと言われています。
実車はノーズがもう少し下向きで、ここを修正しなければ形状が駄目だと指摘されています。
修正はかなり難しく、調べると切り込みを入れたり切り離したりとかなり大掛かりになっています。
私は簡単に組立てて楽しみたいのに、大掛かりな修正に躊躇しています。
「駄目じゃん、フジミ、大事な外形が狂っているなんて。」
「金型修正する根性見せんかい!」って叫んでいます。
メーカーはそのままでOKと思っているんでしょうかね。
ネットで散々言われてますので、素組では指摘を受けそうです。
カーモデラーなら未だしも、こちらは息抜き、気分転換用なのに。
折角買ったのに面倒くさいです、まったく。
スポンサーサイト



【 2017/08/07 (Mon) 】 その他 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

じゃごろ

Author:じゃごろ
お手抜きモデラーのじゃごろです。
スケール物中心にupします。
宜しくお願いします。

最新トラックバック
ブロとも一覧
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
ランキング
もしお役に立ちましたら、                           ポチッとお願いします。