fc2ブログ

じゃごろの模型日記

手抜きモデラーのプラモ日記です
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109
月別アーカイブ  【 2017年08月 】 

海軍航空技術廠 陸上爆撃機 彗星三三型

彗星28


本日のキッtは、ファインモールド1/48海軍航空技術廠 陸上爆撃機 彗星三三型です。
液令エンジンのアツタから空冷エンジンの金星に換装された機体です。


彗星29


主翼形状は、液令エンジンの一二型と変更はありません。
パーツも共用パーツとなっています。


彗星30


垂直尾翼、水平尾翼も変わりありません。
パーツも共用パーツになっています。


彗星31


機首は空冷エンジンに変更され、エンジンは前部のみの再現となっています。
プロペラも新規で、実機どおり短くなっています。


彗星32


胴体内部は変わりはありません。
少ないパーツながら十分再現されています。


彗星33


デカール、透明パーツです。
デカールは四種類付属しています。


彗星34


エッチングパーツが付属しています。
計器盤、爆弾の安定版、脚カバーなどがエッチングで再現されます。


彗星35


座席や脚柱などが金属パーツで再現されます。
金属パーツのため脚柱の強度は安心できます。


彗星36


組説には四種類の塗装、マーキングの説明が記されています。
コクピット前部のつや消し黒の防眩塗装が珍しいですね。


彗星37


エッチングパーツ用の説明書が付属しています。
エッチングパーツが限定品の為、別紙となった様です。


液令エンジン搭載機として誕生した彗星は、大戦後半の戦局の悪化に伴う状況変化に巻き込まれて行きます。
戦地でのエンジン故障の多発、あるいは取り扱いの困難さからの稼働率の低下に悩まされていました。
加えて、アツタエンジンの生産遅延による首なし機体が続出するに至りました。
その対策として、空冷エンジンの金星六一、六二型に換装する案がまとまり実行に移されました。
前面面積が大きくなった為空気抵抗の増加や推力線位置が下がった為、プロペラ径も20㎝小さくなっています。
その為、離陸性能が低下し、最高速度も20㎞/h遅くなりました。
しかし、ラジエーター等の装備が無くなった事により自重はむしろ軽くなり上昇力、航続力が向上しました。
しかも、それまでの液令型に比べ信頼性、生産性が格段に上がって扱いやすくなり長所となっています。
しかし、本機が戦場に出る頃は、搭載されるべき空母もその数が激減しており、艦上爆撃機から陸上爆撃機へ改称されます。
本機の特徴としてエンジンの他に後方機銃が留式(九二式)からラインメタルMG15(一式)に変更されています。
また、両翼下面に250㎏爆弾が搭載できるようになり、今までの型より打撃力が強化されています。
初号機完成は昭和19年5月、生産数は愛知航空機だけでも536機が生産され、海軍11空廠でも数百機造られています。

空冷エンジンに換装された三三型からは、「陸上爆撃機」に機種変更されたという記述が既存の書籍に散見されます。
また、最終型の四三型に至っては、機体後部が増速用ロケット取付の為、着艦フック取付の凹みもなくなりました。
これによって空母への着艦は完全に不可能となりました。
とは言え、海軍部内では彗星は一貫して「艦爆」と呼称され続けられました。
実際のところ、空冷彗星はまだ母艦航空隊であった頃の六〇一海軍航空隊に配備されています。
六〇一空がまだ第二艦隊の第一航空戦隊、すなわち空母部隊に属していた時期の、昭和二〇年一月一日付の同航空戦隊戦時日誌では、配備されている彗星はすべて「三三型」となっています。
当時六〇一空の第四飛行隊長だった肥田真幸大尉の回想録でも、1945年1月早々に天城で発着艦訓練を行ったとされています。
肥田は自分の艦攻隊(天山艦攻)の発着艦訓練にしか言及しておらず、彗星や零戦については言及していません。
しかし、以上を総合すれば、六〇一空がまだ母艦戦隊であった頃に彗星艦爆隊は空冷の三三型のみで編成されていたことになります。また、第一技術廠の終戦後の連合国への引渡目録に含まれる「海軍現用機性能一覧表」では、三三型が「艦爆」、四三型が銀河と共に「陸爆」と区分されTいます。また、彗星の設計は、空技廠であるが、その「海軍現用機性能一覧表」には、「製造所」はどちらも「愛知」と記載されています。

三式戦「飛燕」と同じようにエンジン換装した五式戦は別の名称で区分されています。
彗星も空冷型は別機種として呼称しても良い程、別の機体だと思います。
液令エンジンの流線美は、空冷型にはありません。
しかし、海軍部内では「彗星」はあくまでも「彗星」であり続けたのでしょう。
今回、資料を調べてそのことが理解出来た様な気がします。
もし、金星ではなく誉に換装されたら、どのような性能が発揮されたのかと興味があるところです。


スポンサーサイト



【 2017/08/30 (Wed) 】 飛行機 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

じゃごろ

Author:じゃごろ
お手抜きモデラーのじゃごろです。
スケール物中心にupします。
宜しくお願いします。

最新トラックバック
ブロとも一覧
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
ランキング
もしお役に立ちましたら、                           ポチッとお願いします。