fc2ブログ

じゃごろの模型日記

手抜きモデラーのプラモ日記です
1012345678910111213141516171819202122232425262728293012

HE162A-2 フォルクスイェーガー



本日のキットは、トライマスター1/48 HE162A-2 フォルクスイェーガー です。
HE162Aの決定版と言われたトライマスターの秀逸なキットです。


HE162A


大戦末期にハインケル社で開発された単発単座のジェット戦闘器です。
フォルクスイェーガー(国民戦闘機)と言われたHE162、サラマンダーのコードネームを持っています。


HE162A2


繊細なモールド、正確な外形、ドイツ機を意欲的に発売していたトライマスターの技術力が見られます。
1/48HE162の決定版キットは、当時のマニアを歓喜させました。


HE162A3

見所のエンジンも再現されています。
フィギュアも1体付属しています。

HE162A4


金属パーツが多数付属しているハイテクキットでした。
機首の重りも用意されています。


HE162A5


デカールは3種類付属しています。
キャノピーは開閉選択出来ます。


HE162A6


組説は横開きの1枚物です。
機体解説が日本語や英語で記されています。


HE162A7


エンジンカバーを開かない場合は、エンジンレスで製作します。
カバーを開くか閉じるか迷う所です。


HE162A9


エンジンを見せる場合、補器類など細かいパールの取付が必要です。
1/48では十分なディテールを持っています。


HE162A8


エッチングパーツによる開閉用の繊細な蝶番です。
詰めの折り曲げ調整が難関で、開閉を諦め固定するのも一考かもしれません。


発売当時話題になったトライマスターのキットです。
シュリングパックに覆われたキットは、今回初めて開封しました。
キット自体は例会で、完成品は展示会等で見た事があります。
エンジンを見せてる方ばかりでしたね。
本当に出来が良いキットでしたが、組み難いと言われてました。
金属部品を多数使用していたため、繊細なエッチングの取り扱いに苦労された様です。
特にエンジンカバーの開閉用の蝶番の部分、これが製作のネックになった様です。
ここは無理にエッチングではなく、プラパ-ツでも良かったんじゃないかと思います。
そんなに開閉して遊ぶ訳でもないので、開閉選択で十分だったのではと思います。
当時はトライマスターの技術力を見せるために、エッチングや金属パーツを多数使用したのではないかと思います。
しかし、名キットの条件の一つに「作り易さ」もあるのではないかと思います。
まあ、トライマスターのキットは上級者向けと言われてましたから、誰でも容易に組めない事に意義があったのかもしれません。
【 2017/11/20 (Mon) 】 飛行機 | TB(0) | CM(0)

ブラックジャックによろしく



「ブラックジャックによろしく」と言う漫画を読まれた事がありますか?
研修医の物語なんですが、結構面白い漫画です。(個人の感想ですが。)
これネットで、無料で全巻読む事が出来ます。

34CC89C2-84AF-11E1-81E2-9F01CD288735


昔は中古本を大人買いして読んでいたんですが、最近は便利になったもんですね。
ネットで読めて、無料とは驚きです。
若い方は漫画を読む事には抵抗はないと思います。
しかし、私と同世代や年上の方には、漫画=低俗と思っていらっしゃる方も多いです。
「いい大人が漫画を読むなんて。」と思っている方はそれはそれでいいと思います。
文学とかきちんとした本を読みなさいとかいろいろ意見もあるでしょうし、個人の自由です。
私も子供の頃から読書は好きで、「本の虫」でした。
でも目が悪くなってからは漫画の方が面白です。
本でも漫画でも好きな物を読めば良いと思うんです。
他人が読むものを否定しなければそれで良いと思います。
「模型が趣味何ですか?」と言われた事がありませんか?
昔は「模型=根暗者の趣味、オタク」など良い印象は持たれませんでした。
今は模型も市民権を持った趣味になりましたが、漫画を否定するのはそれと同じだと思うんです。

「じゃごろさん、漫画読むんですか?(いい大人が漫画かと小馬鹿にした感じ)」
「ええ、読みますよ、結構面白いですよ(感性の鈍い奴には分からんだろうけどと小馬鹿にした感じ)」

興味があったら読んで見て下さい。
無料ですから。
【 2017/11/19 (Sun) 】 日記 | TB(0) | CM(0)

懐かしのキット(レベル)



本日は、懐かしのキット(レベル)です。
私の中で忘れられないキットは、レベル1/32飛行機キットです。
ビッグスケールの迫力、エンジンやリベット再現、初期の可動キットなど脚を90度捻って収納、感動しました。
それから私は1/32飛行機が好きになり、1/32のキットはかなり在庫しています。
このレベルのキットも在庫がかなりありますが、近年1/32キットが、タミヤやトランペッター、造形村等から発売されています。
流石に最近のキットには見劣りする様になりましたが、レベルのインパクトは強い物がありました。
そんなレベルのキットを一部紹介します。



レベル2


レベル3


レベル4


レベル5


レベル6


レベル7


レベル8


レベル9


レベル10


レベル11


レベル12
【 2017/11/18 (Sat) 】 飛行機 | TB(0) | CM(0)

ポーラーベア



本日のキットは、ウェーブ1/20 ポーラーベアです。
北極圏や永久凍土の連なる苛酷な寒冷地用のAFSです。


ポーラベアー


ポーラベアー2


ポーラベアー3


ポーラベアー4


ポーラベアー5


ポーラベアー6


ポーラベアー7


ポーラベアー8


ポーラベアー9


傭兵軍のゲリラ戦の要とされたAFS(Armored Fighting Suit)が予想を遥かに上回る戦果を上げると、即座に量産体制がとられ、AFS.MkⅡは2885年4月末まで20993機が生産された。
その多くは投入された戦地での独自の改修を施され数多くのバリエーションを生んだ。
北極熊の愛称を持つこの機体は北極圏や永久凍土の連なる苛酷な寒冷地での運用を目的に改造されたもので、機関部の気密性を高め循環熱の再利用をすることで、極低温帯での可動を可能としている。
さらに気密性の高い機体構造を活かし、砂塵対策用に砂漠地帯に配備されたポーラーベアも確認されている。

【 2017/11/17 (Fri) 】 その他 | TB(0) | CM(0)

飛行機キット (ファインモールド)



本日のキットは、1/48 ファインモールド飛行機キットです。
私がファインモールドのキットを購入した頃は、金属パーツ入りで高額なキットでした。
パッケージはカラーではなく白黒のマニアティクな箱絵でした。
最近は、金属パーツをプラパーツに変更し、昔より安価に販売しています。
そして箱絵はカラーに変更され、昔のイメージはありません。
ブログでファインモールドのパイロットシリーズを紹介してきた流れで、飛行機キットの箱絵を紹介します。
参考に白黒の箱絵もupしています。
貴方はどちらがお好みでしょうか?



ファイン1


ファイン2


ファイン3


ファイン4


ファイン5


ファイン6


ファイン7


ファイン8


ファイン9


ファイン10

ファイン11


ファイン13


ファン12


【 2017/11/16 (Thu) 】 飛行機 | TB(0) | CM(2)

弾道弾迎撃ミサイル SM-3



本日のキットは、ファインモールド1/72 弾道弾迎撃ミサイル SM-3です。
日本を大陸弾道ミサイルから防衛するため、自衛隊にも配備されている迎撃ミサイルです。



4536318720287_04


短距離から中距離の弾道ミサイル迎撃を目的とする艦船発射型弾道弾迎撃ミサイルです。
イージス弾道ミサイル防衛システムの一部を構成します。


トマホーク2


キトトは、飛行状態、発射状態の2発入りです。
安定翼は薄く、モールドも綺麗で良く再現されています。


4536318720287_01


完成写真をHPより拝借、飛行状態、発射状態がそれぞれ再現されます。
写真の様にSM-3の特徴を良く捉えたキットです。


FP28senga-4C


図面もHPより拝借、SM-3の形状が良く分かります。
塗装やマーキングの参考に最適です。


イージス艦に備えられたAN/SPY-1レーダーが弾道ミサイルの飛行を察知シ、イージスシステムが必要な計算処理を行います。
迎撃命令が下されると、第一段のMark72固体燃料ロケットに点火されMark41垂直発射システムからSM-3が発射されます。
ミサイルは発射後に艦とデータリンクを確立し、一つ目のブースターが燃焼し尽くすとこれを切り離し、Mark104デュアル・スラスト・ロケット・モーターが点火します。ミッドコースではミサイルはGPSデータ及び艦から送られる情報により誘導されます。
第二段の燃焼と切り離しはMark136固体燃料第三段ロケット・モーターが点火し、必要ならば大気圏を突破して飛行します。
第三段は目的を捕捉するまでパルス燃焼で30秒程度飛行します。第三段が切り離されると、軽量大気圏外迎撃体キネテック弾頭が艦からの座標情報を基に目標を探索します。キネテック弾頭のセンサーが目標の最も脆弱な場所を探知し、軌道修正・姿勢制御装置が弾頭に取付られた複数の噴射口からガスを噴射し目標の箇所に誘導されます。
DACSの性能確認試験の様子については、防衛庁技術研究本部のHPに置いて画像と動画が公開されています。
アメリカ国防総省は、これまでに行われたSM-3のテストでは84%の目標が破壊されたとしています。
オパマ大統領も「立証済みで実戦配備可能」であると述べています。
その一方で、一部の政治家やメディア、専門家の間ではSM-3の実効性を疑問視する意見もあります。
ニューヨーク・タイムズは、公表済みの映像データを検証した結果、ミサイル本体は破壊されているが核弾頭は能力を失っていないものが多く、実際の成功確率は10~20%程度であるとする専門家のコメントを搭載しています。
私としては、10~20%でも84%でもどちらでも駄目で100%でなければ困ると思います。
本当はこの様な物を使わずに済むのが一番なんですけどね。
とりあえず、日本の場合は、イージス艦をもっと建造し配備しないと不安ですね。
ほら、隣のかりあげ君がアレなもんで、ね、備えがないとね
少し話を進めて、どんなミサイルや飛行機でも100%迎撃出来るシステムが完成した時、核弾頭ミサイルは無用になるでしょう。
それは弾道弾迎撃ミサイルではなく、衛星からのレーザー光線かもしれません。
いずれにせよ、核弾頭を持つ国があるなら、それを確実に迎撃するシステムを早く完成させて欲しいと思います。
SM--3のキットを見ながら、そんな事を考えておりました。

【 2017/11/15 (Wed) 】 AFV | TB(0) | CM(0)

トマホーク巡行ミサイル RGM-109

4536318720294_03-s



本日のキットは、ファインモールド1/72 トマホーク巡航ミサイル RGM-109です。
アメリカ合衆国が開発した巡行ミサイルです。

トマホーク


キットは、翼を折り畳んだ発射状態と、翼を広げた飛行状態が再現されます。
翼や安定翼等薄く仕上げられていて、とても出来が良いキットです。
入手したキットは、訳ありで箱も組説もなく写真の状態が全てでした。


4536318720294


完成写真をHPから拝借、なかなか良い仕上がりです。
発射状態や飛行状態など、普段見れないトマホークの姿を見る事が出来ます。


FP29senga-4C

図面もHPから拝借、完成品と見比べてもキットは良く出来ていますね。
図面を参考に塗装の塗り分けも良く分かります。


トマホークは、普通のミサイルの様に目標に向かって一直線に飛ぶのではありません。
潜水艦や巡洋艦、あるいは地上から発射され、進路や高度などを変えながら目標へと迫っていきます。
誘導システムの中心であるTERCOMは、電波高度計から得た高度情報を、事前に入力されたレーダー地図と照合しつつ、計画された飛行経路に沿ってミサイルを飛翔させてゆきます。
この経路には中継点が幾つか含まれており、この地点に差し掛かると、事前の計画に応じて高度と方位を変え、地形を利用して迎撃や探知を回避しつつ、目標へと迫ってゆきます。
ただ、速度はせいぜい亜音速であり、回避機動をとるわけでもないので、発見されてしまえば、迎撃は比較的容易です。
また、探知されない訳ではないが、発見されづらいため、夜間攻撃が多い様です。
弾頭も通常弾と核弾頭を選択でき、遠距離から侵攻出来るため、非常に有効な攻撃が可能です。
この様に無人機や巡航ミサイルは、前線から離れた安全な場所から遠隔操作され攻撃します。
それは実戦の感覚から離れた、あたかもTVゲームの様な感覚で行われる事でしょう。
命の重みを感じる事なく殺人を犯す者、これは人間ではなくもはやロボットの様に思われます。
戦争の悲惨さはよく叫ばれるところで、私達も頭では十分理解しているはずです。
しかし、近代戦や未来戦の悲惨さは、想像をはるかに超えたものになりそうです。
このキットは、その警鐘を鳴らすため、私達の卓上へ置かれる事を望んでいる様な気がします。
【 2017/11/14 (Tue) 】 AFV | TB(0) | CM(0)

加藤 建夫 (世界のエースパイロット シリーズ)




本日のキッットは、ファインモールド1/32 加藤建夫(世界のエースパイロット シリーズ)です。
最終階級陸軍少将、撃墜数18機、加藤隼戦闘隊(飛行第64戦隊)で有名な日本を代表するエースパイロットです。


エリートパイロット17


キットは、両腕が別パーツになっています。
顔や服などのモールドは良好です。


エリートパイロット18


塗装図が別紙で付属しています。
色名や色番号は、タミヤカラーで表示されています。


Tateo_Kato_Sekkaso


加藤建夫(1903年~1942年)は、1925年陸士本科を卒業し見習士官を経た後、札幌歩兵第25連隊附の陸軍歩兵少尉に任官。
しかし、翌日には航空兵に転科し飛行第6連隊附の陸軍航空兵少尉となります。
1926年、所沢陸軍飛行学校に入校、卒業時には技量成績優秀として銀時計を拝受しています。
1938年、陸軍大学校に入校、1939年陸大専科卒業後、陸軍航空総監部兼陸軍航空部部員を拝命します。
同年、独、伊、米等各国への視察旅行の随行に参加。訪独時には東部、西部戦線を視察、Bf109に搭乗しています。
加藤隊長は、指導者として優れ、感状を多く授与された事でも有名です。
後方で指揮するのではなく、自ら先頭に立ち、行動する事で作戦を遂行して行きました。
その為、部隊の士気は高く、一式戦闘機 隼に機種変更した 加藤隼戦闘隊の活躍は南方作戦の成功に大きく貢献しました。
加藤隊長は戦死後、陸軍省から「軍神加藤少将戦死」と国民に向けて発表されました。
しかし、加藤隊長は、その活躍と、その人格・人徳から部下からは生前から「軍神」と尊敬されていたのです。

一時期、ハセガワから1/32隼Ⅰ型が発売されると言う噂が流れた事があります。
1/32隼Ⅱ型が発売されていたので、次はⅠ型を要望する声が多かったのです。
しかし、Ⅰ型が発売される事はなく、Ⅱ型から改造するマニアもいました。
このファインモールドのパイロット シリーズの中で、1/32の乗機が発売されていないのは加藤建夫だけです。
このフィギュアが発売された時、1/32の隼Ⅰ型が発売されると誰もが思ったものですがね。
【 2017/11/13 (Mon) 】 飛行機 | TB(0) | CM(0)

エーリッヒ・ハルトマン (世界のエースパイロット シリーズ)



本日のキットは、ファインモールド1/32 エーリッヒ・ハルトマン (世界のエースパイロット シリーズ)です。
ドイツ空軍のエースパイロットで、最終階級大佐で撃墜数352機の世界最多撃墜数で知られています。



エリートパイロット15


キットは、量でと帽子が別パーツになっています。
顔や服のモールドは良好です。


エリートパイロット16


塗装図が別紙で付属しています。
色名や色番号は、タミヤカラーで表示されています。


CS8fYZEU8AARvAk


「坊や」と渾名される様に、若くて童顔のハルトマン。
ウルスラ・ベーチェと結婚後、ハートを射抜く矢を書き加えパーソナルマークにしています。


世界最多の撃墜数を誇るハルトマンは、最初から天才パイロットではありませんでした。
初陣ではパニックを起こし隊長機を見失っています。
初撃墜では、落ちて行く敵機に見とれてその破片を浴び墜落していますた
その後、努力と研究を繰り返し、「観察-決定-攻撃-離脱」の一撃離脱戦法を確立、スコアーを驚異的に伸ばします。
撃墜数352機は驚異的な数ですが、ソ連軍相手の部隊では、100機を超えて一人前と言われていました。
事実、ドイツ空軍は100機以上の撃墜数を誇るパイロットは多数います。
これは戦場が近く、1日に何度も攻撃を行う事が出来たこと。
撃墜されても部隊まで歩いて帰れたこと。(ハルトマンも何度か撃墜され、歩いて帰っています。)
ソ連軍の戦術で、比較的低空の敵機を高空から狙えたこと。
緒戦の戦闘は、ソ連機の性能が自機より劣っていたこと。
敵機の数が圧倒的に多く、必ず遭遇できたこと。
太平洋で戦う場合、撃墜されると洋上のため生還するのは難しく、日本機は自爆を選んでいます。
万一落とされても生還出来るのは強味で、また戦力として活躍出来ます。
また、パイロットの練度も良く言われていますが、ドイツ空軍のエースパイロットも多数撃墜されています。
ソ連機の性能も互角か少し勝る様になり、言われるように簡単に落とせるようではない様です。
ハルトマンの戦法は、敵機が気がつかないうちに一撃で射撃し撃墜、離脱すると言うもの。
相手が気が付いたり、落としにくい機体は狙わない様に徹しています。(シュトルモビクは苦手)
要は落としやすい敵機を狙って確実に撃墜すると言う戦法です。
一時期、巷で囁かれた、ソ連機4機は他国機の1機でカウントと言うのは無理がありますね。
撃墜数は簡単に比較できないのですが、352機と言う数字はやはり賞賛されると思います。
マルセイユのファンは、彼が撃墜した158機は全て西側連合軍のため、ハルトマンより優れていると思っている様です。
日本機ファンは日本人パイロットが1番と、アメリカ機ファンは手強い日本機を落としたのだから1番と思ったかもしれません。
また、B-17と輸送機を撃墜した場合、同じ1機撃墜とカウントするの、なんだかなぁと思ってしまいますね。
因みにハルトマンは、B-17を落としたことはありません。
まあ撃墜数は簡単に比較できないもので、同じ条件下での結果ではないと言うことを理解する事が大事だと思います。
【 2017/11/12 (Sun) 】 飛行機 | TB(0) | CM(0)

アドルフ・ガーランド (世界のエースパイロット シリーズ)



本日のキットは、ファインモールド1/32 アドルフ・ガーランド (世界のエースパイロット シリーズ)です。
ドイツの空軍中将で、撃墜数104機のエースパイロットです。


エリートパイロット12

キットは、両腕が別パーツになっています。
顔や服など、モールドは良好です。


エリートパイロット13


塗装図が別紙で付属しています。
飛行帽と葉巻を手にしたガーランド、特徴を良く捉えています。


エリートパイロット14

ハセガワ1/32Bf109E/ガーランドに付属していたのがこのフィギュアです。
塗装して髭を書き込めばガーランドそっくりですね。


ガーランドは、お偉いさんだけど実戦を好む変わり者でした。
葉巻とミッキーマウスがトレードマーク。

Galland2CMicky20Mouse

ミッキーマウスが好きだったので、葉巻をくわえ、手に斧と拳銃を持ったミッキーマウスをパーソナルマークにしていました。
彼の愛機は、望遠式照準器を追加し、灰皿を装備して飛行中に葉巻を一服していました。
日本では、飛燕のパイロットが食後に一服していたと著書の中で述べています。
曰く、「飛燕は直噴式なので火災は起こさない。」と、部隊皆一服していたそうです。
ガーランドもそう思っていたんでしょうかね。
この人は、ドイツ人将校のなかでロンメルと共に善玉の様な印象を受けます。
勿論、私個人の印象ですが、憎めないおじさんなんですよね。
こんな指揮官だったらいいなぁって思っちゃうんです。



【 2017/11/11 (Sat) 】 飛行機 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

じゃごろ

Author:じゃごろ
お手抜きモデラーのじゃごろです。
スケール物中心にupします。
宜しくお願いします。

最新トラックバック
ブロとも一覧
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
ランキング
もしお役に立ちましたら、                           ポチッとお願いします。