fc2ブログ

じゃごろの模型日記

手抜きモデラーのプラモ日記です
1012345678910111213141516171819202122232425262728293012

加藤 建夫 (世界のエースパイロット シリーズ)




本日のキッットは、ファインモールド1/32 加藤建夫(世界のエースパイロット シリーズ)です。
最終階級陸軍少将、撃墜数18機、加藤隼戦闘隊(飛行第64戦隊)で有名な日本を代表するエースパイロットです。


エリートパイロット17


キットは、両腕が別パーツになっています。
顔や服などのモールドは良好です。


エリートパイロット18


塗装図が別紙で付属しています。
色名や色番号は、タミヤカラーで表示されています。


Tateo_Kato_Sekkaso


加藤建夫(1903年~1942年)は、1925年陸士本科を卒業し見習士官を経た後、札幌歩兵第25連隊附の陸軍歩兵少尉に任官。
しかし、翌日には航空兵に転科し飛行第6連隊附の陸軍航空兵少尉となります。
1926年、所沢陸軍飛行学校に入校、卒業時には技量成績優秀として銀時計を拝受しています。
1938年、陸軍大学校に入校、1939年陸大専科卒業後、陸軍航空総監部兼陸軍航空部部員を拝命します。
同年、独、伊、米等各国への視察旅行の随行に参加。訪独時には東部、西部戦線を視察、Bf109に搭乗しています。
加藤隊長は、指導者として優れ、感状を多く授与された事でも有名です。
後方で指揮するのではなく、自ら先頭に立ち、行動する事で作戦を遂行して行きました。
その為、部隊の士気は高く、一式戦闘機 隼に機種変更した 加藤隼戦闘隊の活躍は南方作戦の成功に大きく貢献しました。
加藤隊長は戦死後、陸軍省から「軍神加藤少将戦死」と国民に向けて発表されました。
しかし、加藤隊長は、その活躍と、その人格・人徳から部下からは生前から「軍神」と尊敬されていたのです。

一時期、ハセガワから1/32隼Ⅰ型が発売されると言う噂が流れた事があります。
1/32隼Ⅱ型が発売されていたので、次はⅠ型を要望する声が多かったのです。
しかし、Ⅰ型が発売される事はなく、Ⅱ型から改造するマニアもいました。
このファインモールドのパイロット シリーズの中で、1/32の乗機が発売されていないのは加藤建夫だけです。
このフィギュアが発売された時、1/32の隼Ⅰ型が発売されると誰もが思ったものですがね。
スポンサーサイト



【 2017/11/13 (Mon) 】 飛行機 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

じゃごろ

Author:じゃごろ
お手抜きモデラーのじゃごろです。
スケール物中心にupします。
宜しくお願いします。

最新トラックバック
ブロとも一覧
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
ランキング
もしお役に立ちましたら、                           ポチッとお願いします。