fc2ブログ

じゃごろの模型日記

手抜きモデラーのプラモ日記です
1012345678910111213141516171819202122232425262728293012
月別アーカイブ  【 2017年11月 】 

赤っ腹のドーラ FW190D-9 その3


本日のキットは、ハセガワ1/32 Fw190D-9です。
このキットは、新金型で製作された新世代版です。

ドーラ14

昨日に続き、パペガイシュタッフェルのD-9です。
ハイグレード シリーズでがなく、新金型のキットです。

ドーラ15

胴体は垂直尾翼と分割されています。
エンジンは再現されていません。

ドーラ16

脚収容庫は別パーツで、翼内銃が貫通しているのが再現されます。
エンジン補器が再現され、脚収容庫隙間からチラリと覗くのが再現されています。

ドーラ17

垂直尾翼が差し込み式でベツパーツとなっています。
大型化された後期型が発売されるのでしょうか。

ドーラ18

小物類も十分再現されています。
増槽が付属しています。

ドーラ19

キャノピーは2種類選択式です。
塗装により型式が違っています。

ドーラ20

大判のデカールが付属しています。
マーキングは3種類から選択出来ます。

ドーラ21

組説は分かり易く、問題ありません。
機体解説が記されています。

ドーラ22

塗装図は3種類から選択出来ます。
第44戦闘団から2種類、第3戦闘航空団から1種類です。


このキットは、ハセガワの新金型版でお手軽にD-9が購入出来る様になりました。
タミヤと比較される事が多いんですが、素材と考えれば十分だと思います。
そのまま組んでも問題ありませんし、自分が満足いくまで手を入れるのもいいでしょう。
別売のエンジンやコクピットパーツを組み入れて、もっと精密感を高める事も可能です。
さて、このキットの機番やマークのマルの部分は黒でなく、赤になっています。


ドーラ23

念のため、タミヤの塗装図を見ても赤の様です。
昨日のハイテクシリーズのデカールは間違いですね。
当時はそのことは分からなかったんでしょうか。
今では赤が定説になっています。
昔は、白黒の写真から、その明度差で色を推察したものでした。
今ではパソコンを使用して明度差を読み取り、カラー写真に復元できるようになりました。
判明出来なかった塗装が、白黒写真があればカラー化できるのです。
これにより、いままで不明とされた塗装が解明されて行くでしょう。
しかし、間違ったデカール、ハセガワさん、何とかできませんか?
スポンサーサイト



【 2017/11/24 (Fri) 】 飛行機 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

じゃごろ

Author:じゃごろ
お手抜きモデラーのじゃごろです。
スケール物中心にupします。
宜しくお願いします。

最新トラックバック
ブロとも一覧
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
ランキング
もしお役に立ちましたら、                           ポチッとお願いします。