fc2ブログ

じゃごろの模型日記

手抜きモデラーのプラモ日記です
021234567891011121314151617181920212223242526272829303104

宇宙の果ての奇妙な仲間シリーズ1 女ハンター バガラ他1体


シリーズ第4弾は、女性フィギュアとロボットの組合せです。
このキットを合わせて4種類のキットで物語は構成されています。
本日は、マスターボックス1/24 宇宙の果ての奇妙な仲間シリーズ1 女ハンター バガラ他1体 です。



宇宙の果ての奇妙な仲間17

勇ましい中にも女性らしさを感じさせる姿です。
連れの戦闘ロボットも得体の知れない不気味さがあって良いですね。
「引っ込んでな!」

宇宙の果ての奇妙な仲間18

女性ハンターもロボットもモールドが綺麗でとても良い出来です。
銃や短剣などの小物の出来も良好です。
ロボットの指等、出来が良いです。

宇宙の果ての奇妙な仲間19

ロボットは戦闘ロボットだけあって厳ついです。
得体の知れない不気味さが良い感じです。
背中の荷物も良い出来です。

宇宙の果ての奇妙な仲間20

組説が別紙で用意されています。
キットの出来がよく分かると思います。

宇宙の果ての奇妙な仲間21

箱裏面には登場人物の説明があります。
塗料番号が、各メーカー別に説明されています。


このシリーズは、各キット単体でも十分見応えがあります。
4種類揃えると魅了は倍増され、次のシリーズの展開を望む様になります。
個性的なキャラなど設定も良いと思います。
宇宙物と言えども酒場が登場するのは、西部劇の名残でしょうか。
開拓史には酒場が付きもの、一種のオアシスかもしれませんね。
そして酒場に女性は付きもの、美女が居なければ話になりません。
ですからこのシリーズは、SF最新ストーリでありながら古典的手法を取り入れた物語の典型だと思います。
だから極端な違和感を感じることなく受け入れる事が出来るのかもしれません。
しかしその一方、お決まりのパターンから抜け出せないもどかしさを感じるのも事実です。
ノスタルジックな酒場も良いけどSFチックな酒場でも良いではありませんか。
また、酒場でなく、それこそ誰も考えもしなかった場面を登場させて欲しいと思います。
あ~、でも、お姉さんは登場させてくださいね。
殺伐としたシーンばかりでは、魅力は感じませんよ。(笑)
スポンサーサイト



【 2018/03/16 (Fri) 】 その他 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

じゃごろ

Author:じゃごろ
お手抜きモデラーのじゃごろです。
スケール物中心にupします。
宜しくお願いします。

最新トラックバック
ブロとも一覧
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
02 | 2018/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
ランキング
もしお役に立ちましたら、                           ポチッとお願いします。