fc2ブログ

じゃごろの模型日記

手抜きモデラーのプラモ日記です
061234567891011121314151617181920212223242526272829303108
月別アーカイブ  【 2018年07月 】 

熊本トムキャッツ展示会 2016 その8


せやかて工藤! 「服部」と書いて「はっとり」と読むのはなぜなのか?

もはや国民的マンガ・アニメとなった「名探偵コナン」。この作品に登場する人気キャラクターに「服部平次」がいます。「西の服部、東の工藤」と、工藤新一と並び称される高校生探偵です。

さて、彼の名字「服部」は、何と読むのでしょう?

●なんでそう読むの?

別にひっかけではなく、答えは「はっとり」なのですが、よく考えると「服部」と書いて「はっとり」と読むのはかなり不思議です。素直に読めば「ふくべ」にでもなりそうなものですが・・・・。海外のコナンファンも戸惑っていることでしょう。
しかし、「服部」は珍名字というわけでもなく、割とありふれた名字です。知り合いに一人はいるのではないでしょうか。
では、この「服部」という名字は、なぜ「はっとり」と読むのでしょうか?その起源を探ってみましょう。

●古代から存在した

時代は古墳時代にまでさかのぼります。大化の改新(646年)以前の日本では、大和朝廷の直下に技術者集団が属していました。彼らは、朝廷のために働くか、物質を納めるかして仕えていました。例えば、祭祀を担当した「忌部(いんべ)」や、刀剣を生産した「鍛治部(かぬちべ)」などがいて、まとめて「品部(しなべ)」と呼ばれていました。

品部の中には、機織りの技術を持つ者もいました。彼らはもともと「はたおりべ」と呼ばれていましたが、やがて「はとりべ」と短縮されました。この「はとりべ」がすなわち「服部」、衣服に関する品部ということなのです。

やがて「はとりべ」の「べ」が省略されるようになり、「はとり」→「はっとり」と現在の形になったのです。
「服部」という名字は、なんと古代日本の職業に由来していたことが分かりました。もし興味が湧いたら、自分の名字の由来も調べてみると面白いかもしれません。
                                                                    ねとらぼ
さて本日は、熊本トムキャッツ展示会 2016 その8 です。




熊本トムキャッツ2016141


熊本トムキャッツ2016142


熊本トムキャッツ2016143


熊本トムキャッツ2016144


熊本トムキャッツ2016145


熊本トムキャッツ2016146


熊本トムキャッツ2016147


熊本トムキャッツ2016148


熊本トムキャッツ2016149


熊本トムキャッツ2016150


熊本トムキャッツ2016151


熊本トムキャッツ2016152


熊本トムキャッツ2016153


熊本トムキャッツ2016154


熊本トムキャッツ2016155


熊本トムキャッツ2016156


熊本トムキャッツ2016157


熊本トムキャッツ2016158


熊本トムキャッツ2016159


熊本トムキャッツ2016160




スポンサーサイト



【 2018/07/16 (Mon) 】 飛行機 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

じゃごろ

Author:じゃごろ
お手抜きモデラーのじゃごろです。
スケール物中心にupします。
宜しくお願いします。

最新トラックバック
ブロとも一覧
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
ランキング
もしお役に立ちましたら、                           ポチッとお願いします。