fc2ブログ

じゃごろの模型日記

手抜きモデラーのプラモ日記です
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

アメリカ戦車 M4A3E8 シャーマン イージーエイト(朝鮮戦争)



子供の迷彩服は不安」 共産党要請で自衛隊イベント中止 埼玉・鴻巣

埼玉県鴻巣市の「エルミこうのすショッピングモール」で20、21日に予定されていた自衛隊のイベントが、日本共産党鴻巣市委員会などの要請で中止されたことが20日、わかった。

イベントでは自衛隊の子供用迷彩服の試着体験などが行われる予定だったが、市民に不安を与えるとして同委員会が15日にショッピングモールの館長に中止を求めていた。施設側が自衛隊埼玉地方協力本部にイベントの中止を申し入れ、同本部が受け入れた。

中止となったのは「夏休み特別企画! 自衛隊と警察ふれあいフェスタ 2018」。イベントでは自衛隊や県警の合同採用説明会や軽装甲起機動車の展示などが行われる予定だった。

館長に中止を求めたのは同委員会のほか、日本共産党鴻巣市議団、新日本婦人の会鴻巣支部、平和遺族会鴻巣支部などで、同党の鴻巣市議は「商業施設で子供たちに迷彩服を試着させるのは違和感があるとの市民の声もあり、要請した」と話している。

                                                               産経新聞

皆さんは、このことをどう思いますか?
コメントでは、共産党の行動に違和感を覚えるとの意見ばかり、賛同する者はありませんでした。
中止を要請する方もそれを受け入れる商業施設も問題があると思います。
災害が発生して要救助の時、この方々は共産党に救助を要請して下さい。
災害派遣は、本来自衛隊の任務であはありません。
しかし、彼らが災害派遣で活躍しているのは周知の事実です。
感謝の言葉なく文句ばかり、子供たちにも悪影響です。
旭日旗のデザインと何でもクレームをつけるかの国と同じ構図が見え、危険な兆候だと思われます。
さて本日は、タミヤ1/35アメリカ戦車 M4A3E8 シャーマン イージーエイト(朝鮮戦争) です。



イージエイト朝鮮戦争01

このキットは、2018年2月に発売された朝鮮戦争時のイージーエイトです。
この車輛は従来の定説では車体前面の基本色がオリーブドラブ、悪魔の目や口が赤とされていました。
しかし、アメリカの軍事研究家Davvid Doyle氏の協力により入手したカラー写真では、車体前面がレッドで目や口は黒。
このモデルはその考証に基づいた仕様で再現されています。

イージエイト朝鮮戦争02

車体下面は箱組で再現されています。
タミヤには珍しく一体成型ではありませんが、箱組は何かメリットがあるのでしょうか。

イージエイト朝鮮戦争03

このパーツは、ヨーロッパ戦線のキットとは別の新規パーツです。
朝鮮戦争時の特徴である砲盾のキャンパスカバーが再現されています。

イージエイト朝鮮戦争04

共産軍のフィールドカーが付属しています。
このキットは、1970年代に発売された古い物で、長い間生産休止でしたが、2011年に再販されました。

イージエイト朝鮮戦争05

転輪やサスペンションのパーツです。
このパーツは、ヨーロッパ戦線のキットと共通パーツです。

イージエイト朝鮮戦争06

キューポラや砲塔下面などのパーツです。
このパーツは、ヨーロッパ戦線のキットと共通パーツです。

イージエイト朝鮮戦争07

デファレンシャルカバーなどのパーツです。
このパーツは、ヨーロッパ戦線のパーツに牽引ワイヤーが追加されています。

イージエイト朝鮮戦争08

砲塔や車体上面などのパーツです。
砲塔上のアンアテナはヨーロッパ戦線のキットとは異なり、朝鮮戦争時のアンテナが新規で再現されています。

イージエイト朝鮮戦争09

履帯は接着、塗装可能なベルト式です。
ヨーロッパ戦線のキッットはシングルピンのT66でしたが、このキットはダブルピンのT80です。

イージエイト朝鮮戦争10

デカールは2種類から選択できます。
目玉はやはり”Rice's Red Deivls"でしょう。

イージエイト朝鮮戦争11

組説は分り易く、問題ありません。
後半にフィールドカーの組説もあります。

イージエイト朝鮮戦争12

塗装図がカラーで用意されています。
実車のカラー写真があります。

このキットは、ヨーロッパ戦線のキットの単なるデカール替えでなく、朝鮮戦争の仕様に細部が変更されています。
そのため、パーツの分割が考慮されていて、不要ランナーと新規ランナーの交換がスムーズに行える様になっています。
ですからイージーエイトのキット開発時から、ヨーロッパ戦線と朝鮮戦争のキットの展開を読んでいた事になります。
考証、丁寧、親切、この辺がタミヤの好感が持てる姿勢ではないかと思います。
新規パーツとフィールドカーが付いて、3600円から4000円と400円のUPですから良心的と言えるのではないでしょうか。
朝鮮戦争時のイージーエイトは、トラとか悪魔など派手なマーキングが有名です。
新考証の悪魔のデカールは嬉しいのですが、トラのデカールも付けて欲しかったと思うのは欲張りでしょうか。
【 2018/08/21 (Tue) 】 AFV | TB(0) | CM(0)

ドイツⅣ号駆逐戦車/70(V)ラング



高性能爆薬を製造したとして、名古屋の大学生の少年が逮捕されました。
この爆薬は、パリの同時テロで使用された「魔王の母」と呼ばれる威力の高いものです。
何が目的で、このような爆薬を製造したのでしょうか。
私達の周りで、普通の少年が爆薬を製造しているなんて、恐ろしい事です。
爆薬が好きなら自衛隊に入隊して、爆弾や機雷の処理に精を出せばいいと思います。
厳罰に処して欲しいものですが、ここで問題になるのが少年法です。
現代に即しない過去の遺物少年法、甘々の少年法は見直されるべきです。
さて本日は、タミヤ1/35 ドイツⅣ号駆逐戦車/70(V)ラング です。




ドイツⅣ号駆逐戦車ラング01

Ⅳ号駆逐戦車は、Ⅳ号戦車の車体に固定式の戦闘室を設け、48口径75mm砲を搭載したものです。
この48口径75mm砲を、70口径75mm砲に換装したのがラングです。(Vはフォマーク社を表す)
低いシルエットに斜傾した装甲を持つラングは、被弾性も良く強力な砲で敵戦車を破壊できました。
ラングは有名な車両にもかかわらず、出現時期が大戦末期であったため、戦歴はあまり知られていません。
そうした中でも、1944年12月のアルデンヌの戦いは、ラングの奮戦が伝えられています。


ドイツⅣ号駆逐戦車ラング02

このキットは、2014年11月に発売された新型のキットで、MM初期のラングとは別物です。
新設計の車体上面、車体下面です。

ドイツⅣ号駆逐戦車ラング03

砲身や砲架などのパーツです。
装備品なども新しく設計されています。

ドイツⅣ号駆逐戦車ラング04

ドライブスプロケットや転輪などのパーツです。
これらはポリキャップを挟んで固定するため、完成後も可動します。

ドイツⅣ号駆逐戦車ラング05

戦闘室天板やフェンダーなどのパーツです。
ハッチは可動します。

ドイツⅣ号駆逐戦車ラング06

履帯は接着、塗装可能なベルト式です。
転輪固定用のポリキャップです。

ドイツⅣ号駆逐戦車ラング07

マーキングは3種類から選択可能です。
西部戦線の車両2種と東部戦線1種です。

ドイツⅣ号駆逐戦車ラング08

組説は分り易く、問題ありません。
半身像のフィギュア2体が付属しています。

ドイツⅣ号駆逐戦車ラング09

カラー塗装図が別紙で用意されています。
詳しい車体解説が記されています。

ドイツⅣ号駆逐戦車ラング10

別売のメタル砲身セットです。
金属製砲身と砲架基部のパーツがセットされています。

長らくMMシリーズで活躍してきたラングも新旧交代です。
一新されたラングはパーツの切れも良く、流石と思わせるものです。
低重心の迫力あるラングが見事に再現されています。
また、組み立て易さも十分考慮されていて、タミヤの精度と相まってピタリと決まる様です。
3号突撃砲と並んで、Ⅳ号駆逐戦車ラングは欠かす事の出来ない車輛です。
しかし、新設計の車両も歓迎されるのは一時で、その後の人気はあまり無い様に思います。
確かにマニア以外では、戦車を買うならタイガー戦車やパンサー戦車など別の戦車を選ぶでしょう。
戦車初級者が最初に選ぶ車両ではないのは何となく理解できます。
派手さはありませんが確実に仕事をこなす、まるで職人のようなラングは私の好きな車両です。

【 2018/08/20 (Mon) 】 AFV | TB(0) | CM(0)

アメリカ戦車 M4A3E8 シャーマンイージーエイト(人形4体付き)



台風19号が接近中で、21~22日に旧地方に影響が出そうです。
私はこの両日、朝から病院の予約が入っていて、台風進路に注意しています。
また、台風20号も発生しており、これも日本に上陸する可能性があるとか。
今年は台風の発生が多いですね。
今年は台風の進路が変わり易く、予測が直前にならないと分からないのも困りものです。
秋口まで発生するんでしょうか、うんざりしますね。
さて本日は、タミヤ1/35 アメリカ戦車 M4A3E8 シャーマンイージーエイト(人形4体付き) です。




イージエイトアスカモデル01

このキットは、2014年12月に発売された、アスカモデルのキットにタミヤのフィギュアを追加したキットです。
究極のシャーマン戦車キットと定評のあるアスカモデルのキットが、安価で購入できると前評判が高かったものです。
当時6000円以上のキットが4400円で購入できるのですから、予約殺到、早々と売れた様です。

イージエイトアスカモデル02

パーツはタイプ別に細い部分まで再現されています。
そのため不要部品も多く、選択時の注意が必要です。

イージエイトアスカモデル03

タミヤ製のフィギュアが4体付属しています。
アスカモデルにはフィギュアが付属していません。

イージエイトアスカモデル04

デファレンシャルカバーやリアパネルなどのパーツです。
細かいパーツ割が続いています。

イージエイトアスカモデル05

車体上面や車体下部などのパーツです。
車体上面は取付部品が多く、ほとんどが別パーツで用意されます。

イージエイトアスカモデル06

ドライブスプロケット、転輪、サスペンションなどのパーツです。
サスペンションは可動します。

イージエイトアスカモデル07

ライトガードや歩兵付属パーツ類です。
パーツが細かく、数多いです。

イージエイトアスカモデル08

シェリカンやフェンダーなどのパーツです。
タンク本体に番号はありませんが、水用と燃料用の2種類があります。

イージエイトアスカモデル09

連結式の履帯は、可動します。
片側77コマ、予備履帯に6個使用します。

イージエイトアスカモデル10

車体下部は箱組です。
パーツには、取付用のガイドがあります。

イージエイトアスカモデル11

砲塔やキューポラなどのパーツです。
キューポラは透明パーツで用意されています。

イージエイトアスカモデル14

ライトガードなどはエッチングパーツが用意されています。
成型品かエッチングパーツの選択ができます。

イージエイトアスカモデル12

マーキングは5種類から選択出来ます。
シンプルで派手さはありません。

イージエイトアスカモデル13

組説は工程が多いですが分かり易い説明で、問題ありません。
車体解説が英語と日本語で記されています。

究極と定評のあるアスカモデルのキットは、流石と思わせるものです。
可動式サスペンションや履帯、M2重機関銃の出来など文句なしです。
しかしその為、パーツが細かく分割され、部品数が多くなっています。
本当に、ここまで分割する必要があるのかと思ってしまいます。
キットの組み立て易さと実車並みの再現度は対比する関係にあります。
アスカモデルはタミヤから分派された方達が起こした会社だと聞いています。
タミヤのような大メーカーは、組み立て易さを優先したと思われます。
究極のモデルを作りたい方はそれでは満足できず、自分たちで起業されたのでしょう。
このキットが発売されたことで、円満退社ではなかったかと思われますね。
大企業になると、万人向けのキットを発売しなければ成り立っていきません。
一部のマニア受けするキットは、小規模で採算がとれる会社しか発売が難しいでしょう。
外国製の究極パーツの製品が発売された時、国内メーカーにもそれが求められる声が多かったです。
しかし、外国製のキットとは、国の状況が大きく違うことを忘れてはいけないと思います。
アスカモデルさんには、今後も頑張ってもらいたいですね。
【 2018/08/19 (Sun) 】 AFV | TB(0) | CM(2)

ドイツⅢ号戦車N型



先日、大学病院で視野検査を受けて来ました。
視野検査とは、半球状の機械に顔を固定して、中心部のマークを見ます。
その状態で、様々な場所に現れる光が見えたら手に持ったボタンを押すと言うものです。
光は大小様々、明るさも様々なものが出現します。
目が光りを追って中心部からずれるとエラーになります。
しかし、どうしても光を探して目を動かしてしまうんですね。
また開始時やパターンが変わる時、少し間が空きます。
最初に光が出現するまで不安で、光が出ているのに見えないのか、まだ光が出ていないのかが分かりません。
光が見えると、「あっ出た、良かった」という感じになります。
もう一つは、光を検査員が手動で動かすゴールドマンとかいう検査もあります。
私は視野検査は何度も受けていますが、疲れるし面倒で苦手です。
目が疲れたり、目や目の周りが固い感じがあれば、早めに眼科で眼圧を調べてもらって下さい。
眼圧に異常があれば、視野検査を受ける事になると思います。
視野検査を一生続けることが無いように、早期に受診される事をお勧めします。
さて本日は、タミヤ1/35 ドイツⅢ号戦車N型 です。




ドイツⅢ号戦車N型01

第二次大戦中盤、前線で問題となっていた火力支援車輛の不足に対処するため、Ⅲ号戦車の主砲を初期のⅣ号戦車やⅢ号突撃砲と同じ短砲身24口径75mm砲に換装したのがN型です。
Ⅲ号戦車の最終タイプとなったN型の生産は既存のJ、L、M型の車体や砲塔を流用して行われ、1942年6月から43年8月までに663輌が完成。その後も1944年までに、整備や修理のために後送されてきたⅢ号戦車37両がN型に改修されています。

ドイツⅢ号戦車N型02

車体上部、リヤパネル、エンジルーム点検ハッチなどのパーツです。
このパーツは、L型のパーツが流用されています。

ドイツⅢ号戦車N型03

ドライブスプロケットや転輪などのパーツです。
このパーツもL型と共通パーツです。

ドイツⅢ号戦車N型04

砲塔、キューポラなどのパーツです。
このパーツもL型と共通パーツです。

ドイツⅢ号戦車N型05

スモークディスチャージャーや砲基部のパーツです。
このパーツはN型用の新規パーツです。

ドイツⅢ号戦車N型06

履帯は接着、塗装可能な一体物です。
車体下部は箱組ではなく、一体成型されています。

ドイツⅢ号戦車N型07

マーキングは4種類から選択出来ます。
レニングラード戦区、クルスク戦、及びチュニジア2種です。

ドイツⅢ号戦車N型08

エッチングパーツが付属しています。
金属製砲身も用意されています。

ドイツⅢ号戦車N型09

組説は分り易く、問題ありません。
車体解説が記されています。

ドイツⅢ号戦車N型10

塗装図が別紙で用意されています。
塗装は箱絵や箱サイドのカラー図も参考になります。


このキットは、2008年3月に発売されました。
キットの内容は、旧L型に新規のFパーツを追加したものになっています。
それだけではあれなんで、エッチングパーツと金属製砲身を付けたと言うことでしょうか。
だから、このキットでL型を製作することが可能です。。(まあ作る方はいないでしょうが)
しかし、実車もL型を改修してN型にしていますので、これはこれでありでしょうね。
その分、価格が安価に抑えられていて、購入し易いキットです。
また、メーカーとしては、L型の出来に自信があるので、十分使えると考えたのかもしれません。
不満な方は、外国製キットを購入すれば良いと思います。
短砲身のⅢ号戦車は、バリエーションとして欠かす事の出来ない車輛です。
安価で入手し易いキットは、破壊された車輛や遺棄された車輛を作るのにも躊躇しないですみます。
【 2018/08/18 (Sat) 】 AFV | TB(0) | CM(0)

アメリカ陸軍M4A3E8 シャーマンイージーエイト(ヨーロッパ戦線)



官僚トップの事務次官や長官を務めた国家公務員は退職後10年程で叙勲対象となり、大綬章に次ぐ「重光章」等が授与されるそうです。
そして今、国家公務員法違反者の恩赦が検討されています。
国家公務員法違反者に恩赦が行われると、国民が忘れた頃にあの佐川氏が『国家に貢献大』と叙勲される可能性があると、週刊ポストが告げています。
前にも述べた様に、天皇即位による恩赦は、廃止すべきだと思います。
罪を犯した者が、何の貢献もなく罪を軽減される事はおかしいと思うからです。
恩赦を受けるなら、誰もがその罪を軽減しても良いと思う様な事をしなければ必要ありません。
たまたま天皇が即位した場合、恩赦で無罪放免と天皇の即位が無くて恩赦なしでは不平等です。、
また、天皇の即位は即位、恩赦とは別のものだと思います。
私達は、この問題に無関心ではいけないと思います。
さて本日は、タミヤ1/35  アメリカ陸軍M4A3E8 シャーマンイージーエイト(ヨーロッパ戦線) です。




イージエイトヨーロッパ戦線01

シャーマン戦車の武装を改良するため、新型の76mm砲が開発されます。しかしそのままでは砲塔が小型すぎて搭載が困難だったため、シャーマンの後継として開発されていた、T23試作中戦車の砲塔が採用されました。
しかし、重量が増加した76mm砲搭載型には履帯幅が狭く、地面が泥沼となると不具合が発生しました。
その解決方法として、23インチ幅の新型履帯の採用でした。この履帯を使用するため、新型の水平渦巻きバネ懸架装置(HVSS)が採用されました。HVSS型は、その後M4、M4A1、M4A2各タイプでの生産も開始されていますが、M4A3の生産数が最も多くなっています。1945年春には型式名称からM4A3E8と呼ばれる様になりました。
型式名称E8にちなんでイージーエイトとも呼ばれています。

イージエイトヨーロッパ戦線02

キューポラや砲塔下部、透明パーツ類です。
キューポラのペリスコープは透明パーツで用意されています。

イージエイトヨーロッパ戦線03

天理やHVSSなどののパーツです。
スプロケットや転輪は可動します。

イージエイトヨーロッパ戦線04

車体下部のパーツです。
タミヤでは珍しく箱組になっています。

イージエイトヨーロッパ戦線05

リアパネルやフェンダーなどのパーツです。
履帯幅が広くなったため、フェンダーも幅広くなっています。

イージエイトヨーロッパ戦線06

砲塔や車体上面などのパーツです。
形状やモールドなど良い出来です。

イージエイトヨーロッパ戦線07

マーキングは2種類から選択可能です。
第5機甲師団 1945年4月 ドイツ国内と第4機甲師団 1945年1月 ベルギー・バストーニュです。

イージエイトヨーロッパ戦線08

履帯は接着、塗装可能な一体物です。
シャーマンのように弛みのない履帯は、連結式ではなく一体物でも十分と思われます。

イージエイトヨーロッパ戦線09

組説は分り易く、問題ありません。
マーキング指示が記されています。

イージエイトヨーロッパ戦線10

車体解説が別紙で用意されています。
組説も車体解説も日本語と英語が併記され、輸出時も考慮されていると思われます。

このキットは、2015年11月に発売された新設計のキットです。
このキットの発売前には、アスカモデルのキットがタミヤブランドで発売されています。
しかし、タミヤとしては、やはり自社製品を発売したかったのでしょうね。
むしろこのキットの発売が、タミヤとしては遅かったと思います。
シャーマンは人気があり、外国メーカーやアスカモデルなどから究極モデルが発売されています。
しかし、やはり安心のタミヤからイージーエイトを早く発売して欲しいと思っていたユーザーも多かったと思います。
究極モデルは、一部のマニアには良いかもしれませんが、高額なのと作り難さが問題となります。
ですからこのキットの発売は、嬉しいところです。
またアメリカ戦車兵セット(ヨーロッパ戦線)も発売され、楽しみ方も倍増される様です。
【 2018/08/17 (Fri) 】 AFV | TB(0) | CM(0)

アメリカ M4A3シャーマン 75mm砲搭載・後期型(前線突破)



8月16日は、お盆に帰って来た先祖の霊を送り出す日とされています。
その為、各地でいろいろな行事が行われている様です。
昔は、お盆の間は「地獄の釜の蓋が開く」と言われ、海などで”泳ぐな””と言われていました。
私の世代は、お盆の間は”泳ぐな”と言われた方が多いんじゃないでしょうか。
これは暑さによる体力低下や水温の変化などにより、水難事故が多かったからではないかと思うのです。
また昔はお供え物などを川に流したりしたので、それが海に多く流出していたことも関係していると思います。
だから、”地獄の釜の蓋が開く”というのは、効果的な注意方法だったと思います。
しかし、今の若い方は関係なく泳いでいる様です。
が、この時期に水難事故のニュースを聞くと、やはり気になってしまいます。
泳ぐ方は、ルールを守り、十分注意されてください。
昔からの”言い伝え”は、全く根拠がないことではなく、何かしら意味がある様です。
さて本日は、タミヤ1/35 アメリカ M4A3シャーマン 75mm砲搭載・後期型(前線突破) です。




M4A3シャーマン01

アメリカの主力戦車シャーマン、その各型の中でも代表的なタイプがM4A3です。M4A3の37.5口径75mm砲M3搭載型は、溶接装甲の車体に航空機用エンジンを戦車用に改修したV型8気筒450馬力のフォードGAAガソリンエンジンと垂直ボーリュート・スプリング式懸架装置(VVSS)を装備。1942年6月から前期型の生産が開始されました。さらに、1944年2月から生産されたのがM4A3後期型です。後期型は実戦での経験を基に各部に改良が加えられ、車体前面を傾斜角47度、厚さ63.5mmの1枚型装甲板として防御力を強化、砲塔にも車長用キューポラや装填手用ハッチなどが追加されました。そして最大の特徴が砲弾の周囲を水で囲った湿式弾薬格納庫の装備です。これはシャーマンの弱点とも言われた被弾時の主砲弾誘爆による火災を防ぐ装置でした。
75mm砲塔載型は1945年3月まで3071輌が生産され、ノルマンディー上陸以降のヨーロッパ、そして太平洋線において大戦終了まで活躍しました。

M4A3シャーマン02

砲塔には、鋳造肌が再現されています。
丸味を帯びた砲塔が良く再現されています。

M4A3シャーマン03

転輪や装備品などのパーツです。
実車でよく見られた、荷物を沢山積んだシャーマンが再現されます。

M4A3シャーマン04

リアパネルや、前部車体下部カバーなどのパーツで、荷箱も用意されています。
転輪は2種類から選択可能です。

M4A3シャーマン05

弾薬箱やKレーション木箱などのパーツです。
左側は追加された歩兵3体のパーツです。

M4A3シャーマン06

歩兵の装備品のパーツです。
装備品は6体分ある様です。

M4A3シャーマン07

車体上部や下部は箱組ではなく、一体成型されています。
履帯は接着や塗装が出来る一体物です。

M4A3シャーマン08

マーキングは3種類から選択出来ます。
アルデンヌで使用された車輛2台とフィリピンで使用された車輛1台です。

M4A3シャーマン09

組説は分り易く、問題ありません。
車体解説やマーキング指示が記されてます。

このキットは、2001年10月に発売されました。
しかし、キット自体は1981年11月に発売された№122とほぼ同じで、これに歩兵3体などを追加したものです。
そのため開発時期が早いのですが、キット自体はそれほど古さを感じさせません。
このMMシリーズ最初のキットは1969年発売ですが、古いキットも現役で、金型も手入れされている様です。
また、全身像の戦車兵1体と半身像の戦車兵3体、膝下がない戦車兵2体が付属しています。
共通パーツの流用のためですが、これに歩兵3体、アクセサリーも豊富で楽しいキットです。
【 2018/08/16 (Thu) 】 AFV | TB(0) | CM(0)

ドイツⅢ号突撃砲B型



長崎は、心配された台風の影響もほとんどありませんでした。
小雨が降った程度でしたが、今は雨も止んでいます。
今日は終戦記念日、敗戦から73年たちました。
広島原爆の日、長崎原爆の日、終戦の日は忘れてはならない日です。
平和を祈りましょう。命の大切さを忘れないで。
さて本日は、タミヤ1/35 ドイツⅢ号突撃砲B型 です。



ドイツⅢ号突撃砲B型01

当時の主力戦車、Ⅲ号戦車の車体を流用した機動力と攻撃力を兼ね備えた支援車輛です。
砲塔を持たないため、大型の火砲を搭載でき、低いシルエットにより避弾性が大幅に向上しました。

ドイツⅢ号突撃砲B型02

車体上部類のパーツです。
戦闘室などパーツは、良く出来ています。

ドイツⅢ号突撃砲B型03

戦闘室内などのパーツです。
ハッチを開いて見える室内部分は再現されています。

ドイツⅢ号突撃砲B型04

スプロケット、転輪、サスペンションアーム類のパーツです。
サスペンションアームは可動します。

ドイツⅢ号突撃砲B型05

履帯は、接着、塗装が出来る一体物です。
車体下部は箱組ではなく、一体成型です。

ドイツⅢ号突撃砲B型06

専用のエッチングパーツが付属します。
金属砲身が用意されています。

ドイツⅢ号突撃砲B型07

マーキングンは8種類から選択可能です。
選択肢が豊富で、作りたい車輛が多いです。

ドイツⅢ号突撃砲B型08

組説は分り易く、問題ありません。
車体解説が記されています。

ドイツⅢ号突撃砲B型09

マーキングは別紙で用意されています。
カラー図は見易く、貼る位置などが分かり易いです。

発売時期が比較的新しいため、このキットは非常に良く出来ていると思います。
再現された戦闘室内は、完成後も見る事が可能です。
また可動式サスペンションは、ジオラマなどに動きを見せる事が可能になりました。
低いシルエットの突撃砲を見事に再現している魅力的なキットです。
そのクオリティの割に価格は安価で、お得なキットだと思います。
このキットはもっと評価されても良いと私は思うんですが。
やはり短砲身は人気がないのでしょうかね。
実車フィルムを見ると、軽快な機動力を生かした進撃の様子が伺えます。
その低いシルエットは驚異的としか言いようがありません。
【 2018/08/15 (Wed) 】 AFV | TB(0) | CM(0)

ドイツⅢ号戦車L型



今日も市役所の防災無線は、熱中症の注意を呼び掛けています。
これは毎日の様に行われ、いかに今年が猛暑であるかが思い知らされます。
しかし、明日は台風の影響で雨の予報です。
長崎では、精霊流しが行われる予定ですが、雨だと大変です。
墓参りや終戦記念の灯篭なども影響が出ると思われます。
よりによって15日に、台風が来なくてもよさそうですが、しかたないですね。
さて本日は、タミヤ1/35 ドイツⅢ号戦車L型 です。




ドイツⅢ号戦車L型01

Ⅲ号戦車はⅣ号戦車と共にドイツ軍の電撃戦の主役となった戦車です。
このL型は、60口径の50ミリ砲を搭載し、主砲防盾や砲塔前面の装甲が増加されました。

ドイツⅢ号戦車L型02

車体上部、エンジルームのハッチなどのパーツです。
フェンダーは、車体上部と一体成型されています。

ドイツⅢ号戦車L型03

ドライブスプロケットや転輪などのパーツです。
なドライブスプロケットは回転可能です。

ドイツⅢ号戦車L型04

砲塔、砲身などのパーツです。
エスケープハッチは開閉選択可能です。

ドイツⅢ号戦車L型05

履帯は一体物で、接着や塗装ができます。
車体下部は箱組ではなく、一体成型です。

ドイツⅢ号戦車L型06

組説は分かり易い説明で、問題ありません。
別売りのエッチングパーツは、今でも発売されているのでしょうか。

ドイツⅢ号戦車L型07

塗装図が別紙で用意されています。
マーキングは3種類用意されています。

ドイツⅢ号戦車L型08

マスターボックス社のロンメル野戦指揮セット付のキットも発売されました。
ロンメル野戦指揮セットには5体のフィギュアがセットされ、キットのフィギュア1体と合計6体になります。

ドイツ軍は、Ⅲ号戦車を主力とし、Ⅳ号戦車を支援として使う戦略構想でした。
しかし、強力な敵戦車の出現に対応ができなくなりました。
75mm砲の搭載を考慮しましたが、車体構造から75ミリ砲の砲塔を搭載するには無理がありました。
そのため60口径50ミリ砲と増加装甲を施したL型が生産されました。
警戒な機動力を持つⅢ号戦車は、様々な戦場で活躍しています。
随分前になりますが、このキットを最初に買った時、将校セットが付属していた様に記憶しています。
今ではカタログ落ちしていますので、当時のキットとこのキットが同じ物かどうか私にはわかりません。
とても良く出来たキットで、組み立て易く、ジオラマなどには欠かす事の出来ないキットです。
そのため短砲身型や熱帯仕様など、いくつかの型式を発売して欲しいと思います。
外国製キットでは、様々なバージョンが発売されていますが、入手するのが困難です。
また高価で、組み立て難い面もあり、手軽にとはいかない様です。
やはりここは、安定の国産、タミヤさんの出番ではないですか。
【 2018/08/14 (Tue) 】 AFV | TB(0) | CM(0)

ドイツⅣ号戦車J型




高校ハンドボールの試合でひじ内の反則行為があり、調査した第三者委員会は「けがをさせる意図はなかった」としました。
これは浪商と桃山学院の試合で浪商の選手が桃山学院の選手のみぞおちをひじ打ちしたもの。
前日には、他の浪商の選手が、SNSで相手を脅す書き込みをしていたことも発覚しています。
ひじ打ちの反則だけではなく、首タックルの反則もありました。
また、浪商の監督らの会見は、日大を思わせる様な態度で、監督の指示があったのではと噂されています。
SNSの書き込みは「冗談」と笑って済ませています。
ネットでひじ打ちする動画が公開されています。
偶然当たったのではなく、腰を入れて意図的にひじ打ちしています。
そして倒れた選手に振り向きもせず、その場を離れる様子も写っています。
これは悪質であり、詳しく調査して、関係者は処分されるべき問題だと思います。
高校生のスポーツで、このような暴力行為が平然と行われているのです。
貴方も動画を見て、どう思うか判断してください。
スポーツ界の闇は深く、子どもたちが安心してスポーツを行えない状況になっている様です。
さて本日は、タミヤ1/35 ドイツⅣ号戦車J型 です。





ドイツⅣ号戦車J型01

ドイツ軍の主力戦車、Ⅳ号戦車の最終型です。
機構を簡略化し、J型は1758輌生産されました。

ドイツⅣ号戦車J型02

フロントパネル、リヤパネル、リヤーフェンダーなどのパーツです。
フィギュアが1体付属しています。

ドイツⅣ号戦車J型03

車体上部、砲塔などのパーツです。
装備品は、D部品として独立したパーツで、別売のⅣ号戦車車外装備品セットと同じ物でした。

ドイツⅣ号戦車J型04

ドライブスプロケットや転輪などのパーツです。
アイドラーホイールは、2種類から選択できます。

ドイツⅣ号戦車J型05

一体型の履帯は、接着可能です。
車体下面は箱組ではなく、一体成型です。

ドイツⅣ号戦車J型06

組説は分り易く、問題ありません。
車体解説が記されています。

ドイツⅣ号戦車J型07

塗装図が別紙で用意されています。
デカールは3種類から選択出来ます。

ドイツⅣ号戦車J型08

別売のコーティングシートを購入してみました。
砲塔前面や車体正面のシートは、2種類から選択出来ます。


ドイツ戦車と言えばタイガー戦車やパンサー戦車の人気が高い様です。
しかし大戦を通じて、、主力として活躍したのはⅣ号戦車やⅢ号戦車でした。
このキットは、Ⅳ号戦車の最終型で、組み立て易く、価格もお手頃です。
発売時期も早かったため、後続の外国製キットと比較され、デティールなど一部不評も囁かれました。
しかし、作り易さと外国製キットの価格高沸などで、見直される傾向にあります。
プラモはやはり、手軽さは必要だと思います。
私の様に、息抜きで楽しみたい者には、1万円近い外国製キットは敷居が高いです。
また欲しい時に入手できるのは、国産キットの強味だと思います。
キットをながめていると、ジオラマなどの構想がいろいろ浮かんできます。
手軽さから、様々なシーンで使用して見たいキットの1つです。
【 2018/08/13 (Mon) 】 AFV | TB(0) | CM(0)

ドイツ国防軍 戦車兵セット




今日は8月度の例会に参加してきました。
展示会後の例会で、アンケート結果が発表されました。
このアンケートは、次回展示会の参考になり、出来るだけ来場者の要望を反映したいと思っています。
今回一般参加有りにしたのも、前回のアンケートで”自分も作品を展示したい”という要望が多かったため。
10歳未満~60代以上までと幅広いため、意見も様々ですが、概ね好評で次回も楽しみという方が殆どでした。
来場者の好みは”ミニュチュアの家”、”ボンネットバスが好き”、”昔作っていたガンダムが懐かしい”などいろいろです。
”艦船が好き”、”プロペラが回るのが良かった”、”きんぎょやさんがかわいかった”などオールジャンルに亘ります。
これでは、模型メーカーも様々な商品を開発しなければならない訳です。
また女性の入場者も37%あり、子連れのお母さん方や、若いカップル、単独の方も見えられてました。
思ったより女性の方にも好評で、今回2回目の来場の方や、結構プラモ好きの方もいる事が分かりました。
可愛い作品が人気が高かったのはもちろんですが、スケールものも”カッチョイイ”とのお声が。
次回はお子様受けの作品ではなく、女性受けしそうな作品を作ろうかなぁ。
さて本日は、タミヤ1/35 ドイツ国防軍 戦車兵セット です。



ドイツ国防軍戦車兵セット01

ドイツ国防軍戦車兵8体セットで、戦車や装甲車に組み合わせて使用できる凡庸性の高いキットです。
全身像4体と半身像4体のセットで、ヘッドホンや双眼鏡、キューポラや操縦手ハッチのフィギュア取付台も付属します。

ドイツ国防軍戦車兵セット02

地図を見て打ち合わせをする戦車兵2体と双眼鏡を覗く戦車兵、立像の士官です。
士官は野戦将校帽とサイドキャップの選択ができます。

ドイツ国防軍戦車兵セット03

キューポラから上半身を出す士官とサインを送る戦車兵の半身像です。
ハッチから顔を出す操縦手と上半身を乗り出す戦車兵の半身像もセットされます。

ドイツ国防軍戦車兵セット04

階級章や勲章などのデカールが付属しています。
こういうのは嬉しい配慮だと思います。

ドイツ国防軍戦車兵セット05

階級章などの詳しい解説が、別紙で用意されています。
この資料は役に立ち、親切ですね。

ドイツ国防軍戦車兵セット06

裏面はマーキング例で、デカールの指示があります。
分かり易く、参考になります。

ドイツ国防軍戦車兵セット07

組説は1枚物で、シンプルです。
塗装指示が記されています。

このキットは、モールドの出来も良く、凡庸性の高いポーズの戦車兵のセットです。
そのため、戦車や装甲車と幅広く組合せることが出来ます。
戦車などAFVモデルは、単体よりフィギュアと組み合わせた方が、モデルをより引き立てます。
ジオラマの再現には欠かすことが出来ないと言えます。
その為、タミヤのキットには、フィギュアが付属していますが、それで十分かもしれません。
しかし、自分の好きなフィギュアを配置したり、フィギュアが付属していない他メーカーの場合は別売品が必要になります。
その場合、国産品の出来の良いフィギュアのキットが、比較的安価で購入できることは嬉しい限りです。
また、最近のフィギュアの出来は、過去の製品と比べ物にならないほど出来が良いです。
今後も、この様なフィギュアのキットを発売して欲しいと思います。
【 2018/08/12 (Sun) 】 AFV | TB(0) | CM(0)
プロフィール

じゃごろ

Author:じゃごろ
お手抜きモデラーのじゃごろです。
スケール物中心にupします。
宜しくお願いします。

最新トラックバック
ブロとも一覧
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
ランキング
もしお役に立ちましたら、                           ポチッとお願いします。