fc2ブログ

じゃごろの模型日記

手抜きモデラーのプラモ日記です
111234567891011121314151617181920212223242526272829303101
月別アーカイブ  【 2018年12月 】 

旧佐世保無線電信所(針尾送信所)施設



長崎から佐世保方面に車を走らせ、西海橋を渡ると左手に3本の塔が見えてきます。
この塔は、旧佐世保無線電信所(針尾送信所)施設の電波塔 です。
これは、旧日本海軍が大正7年(1918)~11年(1922)にかけて建設した送信施設です。
針尾送信所の電波塔は、鉄筋コンクリート製で高さが1号塔及び2号塔が135m、3号塔が137mで、基部の直径は約12m、厚さ76㎝の煙突のような構造で、約300m間隔の正三角形に配置されています。
太平洋戦争の開戦を告げた「ニイタカヤマノボレ1208」を送信した電波塔として有名です。
しかし、この暗号を真珠湾攻撃部隊に送信したのは千葉県船橋市の船橋送信所(艦船向けの短波と中波)と愛知県碧海群依佐美村の依佐美送信所(潜水艦向けの超長波)です。
針尾送信所は、瀬戸内海に停泊中の連合艦隊旗艦「長門」が打電し、広島県の呉通信隊が送信したものを受信し再送信したもので、中国大陸や南太平洋の部隊に伝えたものとされますが、その詳細は不明です。
針尾無線塔保存会のパンフレットにも「そのことに関する資料はなく、送信したかどうかは不明ですと」書かれています。
近年の調査により、本施設が建設された歴史背景と共に土木技術や無線技術の面からも高く評価され、日本の技術発展を象徴する近代化遺産として重要文化財に指定されました。
長崎や佐世保に来られた方は、ぜひ見学されて見てください。(ハウステンボスの近くです)


針尾無線塔001


針尾無線塔002


針尾無線塔003


針尾無線塔004


針尾無線塔005


針尾無線塔006


針尾無線塔007


針尾無線塔008


針尾無線塔009


針尾無線塔010


針尾無線塔011


針尾無線塔012


針尾無線塔013


針尾無線塔014


針尾無線塔015


針尾無線塔016


針尾無線塔017


針尾無線塔018
スポンサーサイト



【 2018/12/11 (Tue) 】 その他 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

じゃごろ

Author:じゃごろ
お手抜きモデラーのじゃごろです。
スケール物中心にupします。
宜しくお願いします。

最新トラックバック
ブロとも一覧
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
ランキング
もしお役に立ちましたら、                           ポチッとお願いします。