fc2ブログ

じゃごろの模型日記

手抜きモデラーのプラモ日記です
121234567891011121314151617181920212223242526272829303102
月別アーカイブ  【 2019年01月 】 

片島魚雷発射試験場跡



長崎県川棚町に「片島魚雷発射試験場跡」があります。
旧日本海軍が魚雷を発射して性能試験を行う場所だったところです。
元は島でしたが施設の拡張に伴い海峡が埋め立てられて陸続きになりました。
大正7年に設置された古い施設で、合格した魚雷は佐世保鎮西府に納められていました。


片島001

魚雷は運搬台車に乗せられて先端の射場に運ばれました。
右手の方に魚雷を調整する棟があります。

片島002


片島003


片島004


片島005


片島006


片島007


片島008


片島009


片島010

魚雷内の空気室に空気や酸素を圧縮して装気する作業を行っていた「空気圧縮喞筒所」です。

片島011


片島012


片島013

発射試験の指揮や発射された魚雷の航跡を観測していた観測所です。

片島014


片島015


ここは川棚町が管理している様ですが、崩落して危険な場所もあります。
今後整備が進み後世に伝える遺構として保存して欲しいと思います。
片島の対岸20キロ先に「堂崎魚雷発射試験場」(西彼杵郡長与町岡郷堂崎)があります。
戦時中、長崎は魚雷の生産拠点であり、三菱長崎兵器製作所で造られた魚雷の発射試験を行っていました。
ここは現在、三菱重工(株)長崎造船所堂崎工場特殊機械部組立試験課」として可動しています。
監視カメラや立ち入り禁止の看板があるゲートが、その重要性を語っています。
長崎には対岸に2つの魚雷発射試験場があり、一方は遺構として、一方は現役として存在することはあまり知られていません。
この片島の遺構に来ると、在りし日の日本海軍の栄枯盛衰の姿が目に浮かぶ様な気がします。
スポンサーサイト



【 2019/01/09 (Wed) 】 その他 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

じゃごろ

Author:じゃごろ
お手抜きモデラーのじゃごろです。
スケール物中心にupします。
宜しくお願いします。

最新トラックバック
ブロとも一覧
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
ランキング
もしお役に立ちましたら、                           ポチッとお願いします。