fc2ブログ

じゃごろの模型日記

手抜きモデラーのプラモ日記です
0312345678910111213141516171819202122232425262728293005
月別アーカイブ  【 2019年04月 】 

海上自衛隊大村航空基地祭 2018



本を買ったら、「落丁や不良品以外の返品は出来ない」というのが常識と思っていましたが、最近は違う様です。
「雑誌の付属のクオリティーが低かった」と言って、付録を開封後、雑誌ごと返品したいと言ってくる女性。
写真集のビニールをはがしてから、「家におなじものがあったから返品したい」と言ってくる男性。
「間違って買ってしまった」と言って、購入数日後に単行本を持ってくる人。
本屋さんは、「例をあげたらきりがありません」と言います。
こうした客は、返金を断ると逆切れしたり、本部に店員の対応が悪いとクレームをつけたりするそうです。
「一度購入された本は、古本扱いになります。『本はその性質上、購入したら不良品以外返品できない』が常識では?」
どうして、強引に返金を迫る客が後を絶たないのでしょうか。
インターネット上で、書店への返品について「どういう理由なら返せるか?」という質問が掲載されているサイトがあり、その回答に「『家に同じものがあったといったら返品してくれた』などと載っているからか、最近、そういって持ってくる人も多いです」とのこと。
シリーズ本をダブって買ってしまい、返品してもらったというAさんの場合は、購入したその日のうちにお店に電話して返品できるか相談したそうです。店から「では、2冊とも持って来て、見せていただけますか」と言われ、店に持ち込みました。ビニール包装のままで、返品。「マニュアル化されていたのか、とてもスムーズな対応でした。(本の内容を読んでからの返品を)こちらも疑われずに返金して貰えてうれしかったので、そのお店のことはよく覚えています」という体験をつづりました。
本の文化を守る意味でも、「返品不可」の原則を再確認していきたいものですね。 otekomachiより
この問題は、とても考えさせられるものです。
書店は、万引きという生活を脅かす大問題と伴に返品という問題も抱えているのです。
また、本を読まないという流れの中で、個人経営の書店は苦戦を強いられています。
私も同じ本をダブって買ったことがあり、同じ本が数冊本棚に並んでいます。
酷いのは、8冊の文庫本全集をダブって買いましたが、返品していません。(返品出来ないと思っていたので)
誰か読みたい人にあげようと思って何人かに聞いたのですが、誰も興味無さそうで諦めました。
本を読む人は、昔と比べて少なくなったと思いますが、雑誌などは、逆に増えている様に思います。
また、ネットで本を購入する方も多く、私も利用する事がたびたびあります。
時代の流れで形態が変わるものもありますが、本の文化は守りたいですね。
さて本日は、海上自衛隊大村航空基地祭 2018 です。




大村航空基地祭2018001


大村航空基地祭2018002


大村航空基地祭2018003


大村航空基地祭2018004


大村航空基地祭2018005


大村航空基地祭2018006


大村航空基地祭2018007


大村航空基地祭2018008


大村航空基地祭2018009


大村航空基地祭2018010


大村航空基地祭2018011


大村航空基地祭2018012


大村航空基地祭2018013


大村航空基地祭2018014
スポンサーサイト



【 2019/04/06 (Sat) 】 飛行機 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

じゃごろ

Author:じゃごろ
お手抜きモデラーのじゃごろです。
スケール物中心にupします。
宜しくお願いします。

最新トラックバック
ブロとも一覧
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
ランキング
もしお役に立ちましたら、                           ポチッとお願いします。