fc2ブログ

じゃごろの模型日記

手抜きモデラーのプラモ日記です
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

ジャック・メロゴザ巡査部長&サリー・テイラー巡査 強盗シリーズ


滋賀県東近江市伊庭内湖で毎年7月に開催されている「東近江市ドラゴンカヌー大会」の前に、主催者の市教育委員会や市スポーツ協会などが、滋賀県の条例で保全地域に指定されている同内湖のヨシを会場整備の名目で長年にわたり無許可で伐採していたことが2日までに分かった。大会関係者は「保全地域内だとの認識がなかった。許可を得ずに伐採したのは不適切だった」としている。
県琵琶湖のヨシ群落の保全に関する条例は、同内湖のヨシ群落の一部を保全地域に指定し、伐採には県の許可が必要と定めている。
大会は、旧能登川町時代の1992年から毎年開催。例年、大会の1~2週間前に、観客がレースを観戦しやすいよう、同市伊庭町にあるカヌーの発着場付近のヨシを伐採していた。県への許可申請はしておらず、市教委によると、伐採は少なくとも十数年前から実施していたという。
今年は7月14日の大会に向けて同月2日に伐採した。その様子を見た地元住民が「保全地域ではないのか」と市教委と県に通報。後日、市教委と県の担当者が現地を調べ、保全地域だと分かった。県が測量したところ同地域内の2か所で計348平方メートルにわたって伐採されていた。
県は市教委に対し、伐採した場所のヨシの定期的なモニタリング実施▽ヨシが再生しなかった場合、植栽をする-などを7月24日付で文書指導した。
市教委スポーツ課の中村達夫課長は「保全地域の存在は認識していたが、伐採地は範囲外だと考えていた。来年度以降、伐採する際には県に許可を取った上で、現地住民とも調整を図りたい」と話している。 京都新聞より
来年度も伐採する気満々の様ですね。
問題はそこではない様に思うんですが。
今まで伐採してきたことの責任はどうするのでしょうか。
市教委ではなく、民間だったら、こんな簡単な処分で済んだのでしょうか。
いろいろなモヤモヤが残る問題です。
さて本日は、マスターボックス1/24  ジャック・メロゴザ巡査部長&サリー・テイラー巡査 強盗シリーズ です。





警官001


アメリカは強盗事件が多く、警察官との銃撃戦がしばしば発生する様です。
強盗を制圧するために銃撃戦を行うニューヨーク市警の警察官の姿をキット化しています。


警官002


1人は拳銃で1人はライフル銃で応戦する警察官2体です。
パトカーを盾に射撃する姿をキット化しています。


警官003


銃撃戦が日常茶飯事のアメリカでは、女性警官も怯まず銃撃戦に参加します。
銃は自前の様で、様々な銃を装備しています。


警官004

ランアーにパーツ番号は無く、この部品図と見比べて組み立てます。
女性警察官の顔がゴツイ気がしますが、銃撃戦の緊張のためでしょうか。

このシリーズは、警察官、強盗、被害者女性が発売されています。
私はこのシリーズは日夜活躍する警察官をチョイスしました。
そうすると欲しいのは1/24のパトカーです。
ニューヨーク市警のパトカーも発売して欲しいですね。
危険な任務に就いている警官に感謝です。
スポンサーサイト



【 2019/08/04 (Sun) 】 その他 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

じゃごろ

Author:じゃごろ
お手抜きモデラーのじゃごろです。
スケール物中心にupします。
宜しくお願いします。

最新トラックバック
ブロとも一覧
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
ランキング
もしお役に立ちましたら、                           ポチッとお願いします。