fc2ブログ

じゃごろの模型日記

手抜きモデラーのプラモ日記です
0812345678910111213141516171819202122232425262728293010
月別アーカイブ  【 2019年09月 】 

高游原分屯地 その8



こちらは、「うみがたり」の愛称で知られる上越市立水族博物館(新潟県)が掲示しているポスターだ。
日本に広く分布する「アカクラゲ」の毒性についての注意を呼び掛けているのだが、文章の後半部分に注目していただきたい。

「このクラゲを乾燥させて粉状にしたものを吸ってしまうとクシャミが止まらなくなってしまいます。そのため『ハクションクラゲ』とも呼ばれています」

こうした一風変わった記述が、ツイッターで「なんで粉末にして吸おうとしたんだよ」などと話題になっている。
いったいどうしてこんな注意書きを・・・。Jタウンネットが、うみがたりの広報担当者に聞いた。
冗談などではなく・・・
この注意書きは、うみがたりのクラゲ展示コーナーに掲示されている。
触手には刺胞(毒針)が詰まっているという(うみがたり広報提供)
しかし、注意書きにもあるように、アカクラゲには「刺胞」という毒性の強い針がある。実際、環境省「せとうちネット」のサイトにも、
「この刺胞に触れると火傷に似た痛みが走り、みみず腫れや水膨れれなどの症状が起こり、ショックから呼吸困難になることもあります」
とある。
うみがたりの広報担当者は2019年9月2日の取材に、「(アカクラゲ)触らなくてもクシャミを引き起こすほど毒性が強い」と話す。
「海にうちあがったアカクラゲが、乾燥して粉になって空気中に浮遊する。それについて注意を呼び掛ける意味を込めて、『粉状にしたものを吸ってしまうと・・・』という記述を入れました」(担当者)
つまり、この記述は冗談などではなく、実際に乾燥したアカクラゲの粉を吸ってしまうシチュエーションがあるというワケだ。
こうした注意書きは7月頃から、アカクラゲの水槽の横に掲示しているとのことで、
「お客さんから生き物についてふれる機会が欲しいという様農があり、飼育員からの『小噺』として、『こういう所に注目してね』という想いも込めて設置しています。どういう形であれ、興味をもってくれて、うれしいです」
としていた。  Jタウンネットより
クラゲの毒性は、クラゲが死んでも残っている様です。
浜辺に打ち上げられたクラゲなどの職種に触らない様に注意しましょう。
干からびて乾燥したクラゲも要注意ですね。
クラゲに対して正しい知識を持つ事が重要だと思います。
さて本日は、高游原分屯地 その8 です。




高游原088


高游原089


高游原090


高游原091


高游原092


高游原093


高游原094


高游原095


高游原096


高游原097


高游原098


高游原099


高游原100


高游原101


高游原102


高游原103
スポンサーサイト



【 2019/09/04 (Wed) 】 飛行機 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

じゃごろ

Author:じゃごろ
お手抜きモデラーのじゃごろです。
スケール物中心にupします。
宜しくお願いします。

最新トラックバック
ブロとも一覧
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
ランキング
もしお役に立ちましたら、                           ポチッとお願いします。