fc2ブログ

じゃごろの模型日記

手抜きモデラーのプラモ日記です
091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

三菱重工 名古屋航空宇宙システム製作所資料室 その9



地域の技術を結集 尼崎城のシャチホコ、プラモデルに

3月から一般公開が始まった尼崎城(兵庫県尼崎市北城内)の天守に設置されたシャチホコのプラモデルが同城の売店などで販売されている。企画や製造、量産の全工程を半径2キロ以内にある市内の事業所が分担し、細部にこだわって開発した。企画した市民団体「プラモ尼崎城」の発起人でまちづくりコンサルタント会社「地域環境計画研究所」の綱本武雄さんは「尼崎のものづくりの技術を結集した。新しいお土産にしたい」と話している。

プラモ尼崎城は、城の公開に合わせ、綱本さんや町工場の経営者らが昨年1月に結成した。当初は城のプラモデルの開発を目指していたが、1500万円もの製作費がかかることから断念。100万円程度で開発できるシャチホコに切り替え、資金はクラウドファンディングで集めた。

中野製作所(尼崎市潮江5)の仲川文隆さんがパソコン上でシャチホコの3Dデータを制作。それを基に、甲斐製作所と緒方彫刻社(いづれも同市三反田3)が金型を設計・加工した。山八化成工業所(同市潮江4)が樹脂を流して成形し、障害者作業所「尼崎あぜくら作業所」(同市若王寺3)の利用者が箱詰めした。

できあがったプラモデルは、いかめしいシャチホコの表情やうろこの一つ一つなどを丁寧に表現。緒方彫刻社の緒方社長が「採算を度外視した」と話すなど、尼崎ものづくりのプライドをかけて完成させた。

実物の24分の1サイズで、高さは5.5センチ。灰色(税抜き800円)と、赤、黄、青(いずれも同1000円)の4色がある。販売益は尼崎城のプラモデル開発に充てる。

問い合わせは、プラモ尼崎城(plamo.amagasaki.caste@gmail.com)。 【】近藤諭】
毎日新聞より

町起こしとして、頑張ってもらいたいです。
しかし、プラモの開発は高いですね。
地道にシャチホコ販売で、尼崎城のプラモデルが出来ればいいですね。
さて本日は、三菱重工 名古屋航空宇宙システム製作所資料室 その9 です。



小牧南058


小牧南059


小牧南060


小牧南061


小牧南062


小牧南063


小牧南064
スポンサーサイト



【 2019/10/17 (Thu) 】 飛行機 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

じゃごろ

Author:じゃごろ
お手抜きモデラーのじゃごろです。
スケール物中心にupします。
宜しくお願いします。

最新トラックバック
ブロとも一覧
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
ランキング
もしお役に立ちましたら、                           ポチッとお願いします。