fc2ブログ

じゃごろの模型日記

手抜きモデラーのプラモ日記です
091234567891011121314151617181920212223242526272829303111
月別アーカイブ  【 2019年10月 】 

YS-11 “海上保安庁”



鶏レバ刺しで食中毒 金沢市内の居酒屋

金沢市内の居酒屋で生の鶏レバーを食べた8人が食中毒の症状を訴え、金沢市はこの店を3日間の営業停止処分にしました。

処分を受けたのは金沢市本町2丁目の居酒屋「新時代」です。
金沢市保健所によりますと、今月12日から13日にかけてこの店で生のレバー、いわゆる「レバ刺し」を食べた20代から30代の男女8人が、下痢や頭痛・発熱などの症状を訴えたということです。

このうち4人から食中毒の原因物質のカンピロパクターが検出されたことから、市は食中毒と断定して、この店を22日から3日間の営業停止処分にしました。症状を訴えた8人のうち5人が病院を受診したものの、入院した人はおらず、全員回復に向かっているということです。

カンピロパクターは熱に弱いとされることから、金沢市は鶏肉を調理する際にはよく火を通すよう呼びかけています。
MRCテレビより

レバ刺しは美味しいですけどリスクは付きものです。
不思議なのは、牛レバ刺しは禁止ですが、鶏レバ刺しは禁止ではない事。
危険度は牛も鶏も同じか、むしろ鶏が怖い気がしますね。
牛肉は生でも食べるけど、鶏刺しはちょっと怖い気がしますね(食べるけど)
牛レバは生食用が足りないのに、生食に向かないレバを刺身で出して中毒が起きたと聞きました。
鶏も同じだと思いますし、調理場や調理人の衛生管理が一番ではないでしょうか。
魚の刺身だって、アニキサスなど寄生虫がいまので、生食はリスクがあるのを承知で食べきです。
韓国に行けば、牛レバ刺しは腹一杯食べれますよ。
さて本日は、ハセガワ1/144 YS-11 “海上保安庁” です。




海上保安庁001


海上保安庁は、日本沿岸の広い海洋の警備、救難を行う為、多くの回転翼、固定翼の航空機を装備しています。
YS-11は遠距離の警備、救難を受け持つ機体です。遠距離に進出するための補助燃料タンクの追加、救難捜索の視界確保のための見張り窓の改修が行われています。また、1番機LA701号機には、地磁気と水温を計るセンサーを機体後部に装備しています。


海上保安庁002


ハセガワのYS-11は、様々なマーキングのキットが発売されています。
パッケージには、ファーストロット 1997と記されています。


海上保安庁003


胴体などパーツは共通で、デカール替えのキットです。
胴体後部に捜索窓が付きます。


海上保安庁004


主翼もシリーズの共通パーツです。
YS-11は好きな機体なので何機も欲しいですね。


海上保安庁005


プロペラやタイヤのパーツです。
プロペラのマーキングはやや面倒です。


海上保安庁006


3点姿勢用の機首の重りが付属しています。
スタンド付きで、展示モデルとしてもOK。


海上保安庁007


デカールは日の丸の白色が黄ばんでいます。
ハセガワのデカールは劣化が早く困りものです。


海上保安庁008


組説には機体解説が載せられています。
組説はシンプルで問題ありません。


海上保安庁009

マーキングは4種類から選択出来ます。
海上保安庁の旧塗装機もありましたが、新旧揃えたかったですね。

YS-11は私の好きな機体です。
出張で何度かお世話になったYS-11のパイロットは、皆、離着陸が上手でした。
近距離で数をこなしているせいか、着陸時のショクがないのには驚きでした。
YS-11は惜しまれつつ引退しましたが、日本が誇る名機だと思います。
スポンサーサイト



【 2019/10/22 (Tue) 】 飛行機 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

じゃごろ

Author:じゃごろ
お手抜きモデラーのじゃごろです。
スケール物中心にupします。
宜しくお願いします。

最新トラックバック
ブロとも一覧
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
ランキング
もしお役に立ちましたら、                           ポチッとお願いします。