fc2ブログ

じゃごろの模型日記

手抜きモデラーのプラモ日記です
111234567891011121314151617181920212223242526272829303101
月別アーカイブ  【 2019年12月 】 

陸上自衛隊 軽装甲機動車(LAV)


寒くなりましたが、師走ですから当たり前なのでしょうか。
今までが暖かすぎたんだと思います。
しかし、場所によっては大雪だそうで、例年より早いと言われてました。
年々1年が短く感じられ、その分齢を感じる様になりました。
余り買わないようにしているんですが、今年もプラモが増えてしまいました。
どうも断捨離は出来そうにないようです。
さて本日は、タミヤ1/35 陸上自衛隊 軽装甲機動車(LAV) です。



軽装甲機動車001

イラク派遣で活躍した軽装甲機動車は、高速で機動でき小回りがきく小型の軽装甲車両です。
2004年6月にイラク派遣型が発売され、2019年10月に通常型が発売されました。

軽装甲機動車002

シャーシやボディは一体成型です。
シャーシはダイキャスト製で、重量感ある再現に貢献。

軽装甲機動車003

前後ドアは別パーツになっています。
ドアは開閉選択式です。

軽装甲機動車004

内装パーツはシャーシにビスで取付ます。
ダイキャストには瞬間接着剤で接着します。

軽装甲機動車005

タイヤや透明パーツ類です。
タイヤはリアルな中空ゴム製です。

軽装甲機動車006

デカールやミラーステッカーです。
デカールは3種類から選択できます。

軽装甲機動車007

車体解説が別紙で用意されています。
写真や図解搭載の立派な物です。

軽装甲機動車008

車体解説裏面は塗装、マーキング図です。
3種類から選択出来ます。

軽装甲機動車009

組説は分り易く問題ありません。
A、B、Cのどれを作るかを最初に決めて制作します。

このキットを見た時、装甲車両にしては車体が小さいというのが第一印象です。
しかし、それが要求された仕様だったのです。
自衛隊には小型の乗用車は存在しましたが、非装甲で戦闘能力には限界がありました。
今までの装甲戦闘車両では高性能であっても乗用車的な高速で機動でき小回りがきく車輛ではありません。
こうした仕様に応じて開発されたのが軽装甲機動車です。
キットは非常に素晴らしい出来で、機関銃の装備など多くのバリエーションがある様です。
各地の陸上自衛隊基地で必ず見かける様に身近な車両だと思います。
しかし、全長4.4mと小型ですからフル装備の兵員を乗せるのは厳しいだろうなあと思います。
一つ疑問に思うのは、なぜシャーシをダイキャスト製にしたんだろうということです。
重さは手に取らないと分からないだろうし、メリットがあるんでしょうかね。
スポンサーサイト



【 2019/12/05 (Thu) 】 AFV | TB(0) | CM(0)
プロフィール

じゃごろ

Author:じゃごろ
お手抜きモデラーのじゃごろです。
スケール物中心にupします。
宜しくお願いします。

最新トラックバック
ブロとも一覧
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
ランキング
もしお役に立ちましたら、                           ポチッとお願いします。