fc2ブログ

じゃごろの模型日記

手抜きモデラーのプラモ日記です
1012345678910111213141516171819202122232425262728293012

P-51D ムスタング コクピット アップデート セット ハセガワ用




本日は雨の中、大学病院の診察日でした。
麻酔をかけて治療した後、脱脂綿を鼻の奥に詰めています。
かなり奥なので呼吸は普通に出来ますが、これ入れたままなんです。
鼻を毎日洗浄するんですが20~30回洗浄したら自然に排出されるかもしれないそう。
普通の脱脂綿ではなく傷口を綺麗にするため、融けると言うか一体化すると言うか入れたままで大丈夫との事。
自然に排出されない時は3ヵ月後の診療日に取るとのこと。
臭いがしたり違和感があれば連絡してくださいとの事です。
しかし、濡れた脱脂綿を入れっぱなしで腐らないのか心配になりますね、もう不安!
さて本日は、バーリンデン1/32 P-51D ムスタング コクピット アップデート セット ハセガワ用 です。




P-51Dコクピット001

ハセガワのP-51D用コクピット アップデート セットです。
コクピット及び操縦席後部の無線機などが再現されます。

P-51Dコクピット002

レジン製のパーツです。
コクピットパーツのみでエンジンは再現されません。

P-51Dコクピット003

エッチングパーツです。
フィルム状の計器が見えます。

P-51Dコクピット004

やや厚みがあるエッチングパーツです。
計器枠も再現されます。

P-51Dコクピット005

組説はシンプルな1枚物です。
部品図が載せられています。

P-51Dコクピット006

計器盤や無線機が再現されます。
燃料タンク上に置かれた状態は再現されません。


ハセガワのP-51Dムスタングは、コクピット部分が例によってあれなのでネックになります。
特にキャノピーが大きいので中が良く見えるので尚更困りものでした。
エンジンもただ入っていますよ状態でしたが、カウルを閉じて見えなくしないと大事になります。
ですからコクピットさえ何とかすれば豊富な別売マーキングングを楽しめる機体でした。
このバーリンデンのセットが発売された時、飛びついた気持ちはお分かりいただけると思います。
その当時は、タミヤから1/32のムスタングが発売されるとは思いもよりませんでした。
さて、期待されたバーリンデンのセットですが、何となくいまいち何ですよね。
もともとコクピット内はスッキリしている方でしたが、ゴチャゴチャ感が今一つ。
シートの大きさや形状、燃料タンク上に置かれた状態が再現されない無線機などなど。
Bf109Eはエンジンも再現されていましたが、これにはエンジンは入っていません。
まあエンジン部を再現するとエンジン架や補器など相当手を入れなければならないのでコクピット専用にしたのかと思います。
勿論このセットを組み込めば素晴らしいP-51Dが完成します。
しかし、他のバーリンデンのアップデート セットと比較すると少し見劣りする様な気がします。
キャノピーが大きく良く見えるムスタングだからこそ残念な感じなんですがお分かりいただけるでしょうか。
何も考えずにもっと早くにキットに組み込めば良かったのかもしれません。
他のバーリンデンのセットは箱が横なのにこれは縦なんですがそれも違和感があるんでしょうか。
スポンサーサイト



【 2020/11/02 (Mon) 】 飛行機 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

じゃごろ

Author:じゃごろ
お手抜きモデラーのじゃごろです。
スケール物中心にupします。
宜しくお願いします。

最新トラックバック
ブロとも一覧
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
ランキング
もしお役に立ちましたら、                           ポチッとお願いします。