fc2ブログ

じゃごろの模型日記

手抜きモデラーのプラモ日記です
1012345678910111213141516171819202122232425262728293012
月別アーカイブ  【 2020年11月 】 

ピンクキャデラックオープン




連日の25度超えの夏日が続いています。
暖かいではなく暑いです。
衣替えしたのにまた夏服を出して着ています。
一体どうしたんでしょうか。
恐れていたのが気温の低下です。
来週は9度の予想が、一気に冬日到来です。
年寄りは身体の順応性が衰えているので風邪ひきやすいんですよね。
暑くなったり寒くなったり、たまりません。
さて本日は、マイクロエース1/24  ピンクキャデラックオープン です。




ピンクキャデラックオープン001

一大ブームを起こしたピンクキャデラックオープンが久しぶりに再販されました。
古き良きアメリカの絶頂期を象徴する車で根強いファンが大勢います。

ピンクキャデラックオープン002

ボディやシャーシは一体成型です。
6m超えの多きサイズですので1/24でもかなり大きいです。

ピンクキャデラックオープン003

ボンネットは開閉しませんがエンジンが内蔵されます。
パーツにはバリが広範囲にありますが、最近の国産品ではここまで酷いのは見かけません。

ピンクキャデラックオープン004

室内のパーツです。
こちらもバリが発生しています。

ピンクキャデラックオープン005

透明パーツとメッキパーツです。
メッキパーツを開封しないのは素手で触りたくないからです。
昔、メッキパーツは触らぬ様にクリアを吹いて指紋が付かない様にしていました。

ピンクキャデラックオープン006

サスペンションのバネは金属製です。
タイヤは昔の外国製キットがこんな感じでした。

ピンクキャデラックオープン007

シンプルな組説です。
メーター類はデカール再現ではありません。


増えすぎたフィギュア用に1/24のアメ車を捜していました。
丁度マイクロエースがキャデラックを再販したので購入してみました。
古き良き時代のアメリカのシンボル的な車でクリント・イーストウッドを思い出しますね。
一大ブームとなったピンクのキャデラックですが、日本でも実車を見かけたものです。
キットは古い物で、金型が痛んでいるのかバリが酷いです。
私はこのキットの素性を知りませんが、国産品でここまでバリが酷いのは初めてです。
普通メーカーは、金型は財産なので手入れをして大切に保管していると思います。
タミヤなどは再販物でもバリなんかありません。
また、タイヤはこの方式を改修して発売すべきだと思います。
バリや切取り面の処理が難しいので現在では採用されないと思います。
そしてメータ-類はデカールで再現するなど改修されて良いと思います。
ただ古いキットを再販しましたではいかがなものかと思います。
再販される価値あるキットは別として、このキットもその仲間に入るかと言えばどうでしょうか。
まあ個人的な価値観ですから自分のお好みでどうぞと言うことで。
私はフィギュアの添え物という位置づけですから、別にいいんですけどね。
因みに一時期ピンクキャデラックに被れた時期がありました。
1/18と1/12のピンクキャデラックのミニカー(?)を持っているのは内緒です。(笑)
スポンサーサイト



【 2020/11/18 (Wed) 】 その他 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

じゃごろ

Author:じゃごろ
お手抜きモデラーのじゃごろです。
スケール物中心にupします。
宜しくお願いします。

最新トラックバック
ブロとも一覧
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
ランキング
もしお役に立ちましたら、                           ポチッとお願いします。