fc2ブログ

じゃごろの模型日記

手抜きモデラーのプラモ日記です
111234567891011121314151617181920212223242526272829303101

海上自衛隊 小月航空基地 2019 その16



改正道路交通法で創設された「あおり運転罪」で全国で初めて逮捕され、道交法違反(あおり運転、事故不審告)などに問われた無職の被告の男(47)について、大分地裁は1日、懲役2年6月、執行猶予4年(求刑・懲役2年6月)の有罪判決を言い渡した。

判決によると、被告は7月10日夜、大分県別府市の国道10号で、約2.8キロにわたり、自分の軽自動車と前方の乗用車との車間距離を焼く2.4メートルまで詰めるなどした後、追い越して前方に割り込んで車を衝突させた。さらに、室内にいた男性に「包丁で刺すぞ」と脅すなどした。 読売新聞オンラインより
裁判官は「執拗で、重大な事故を起こしかねない危険な運転だった」と述べていますが執行猶予です。
執行猶予ですから運転免許証も没収でなく、運転が可能だと思われます。
すなわち、被告の日常生活は何ら変わらずに普通の日常が繰り返されるのです。
被害者側からすると「ふざけるな」と言いたくなりますよね。
そもそも「危険運転」でどしどし取り締まれば良いものを、司法が絵に描いた餅にしてしまいました。
その為、急遽「あおり運転」を創設したんですが、危険運転より断然軽い刑になっています。
その上、このような執行猶予の判決ですから何にもならない司法の甘さが良く分かると思います。
前から述べている様に、日本の司法を早く改革すべきです。
裁判官の刷新や司法教育などを諸外国並みにすべきでしょう。
事なかれ主義の裁判官や理解不能の判決を言い渡す裁判官などはいりません。
裁判官はどのような判決を下しても何の審議やお咎めはありません。
諸外国は判決に対して妥当であったかどうかの審議がなされます。
その結果、審議でNOがだされれば裁判官は職務を解かれます。
日本も早くこの制度を導入すべきだと思います。
また、「あおり運転」に執行猶予はいりません、実刑及び免許永久没収でお願いします。
さて本日は、海上自衛隊 小月航空基地 2019 その16 です。




小月航空基地117

T-5 201 6357

小月航空基地118

T-5 201 6357

小月航空基地119

T-5 201 6357

小月航空基地120

T-5 201 6357

小月航空基地121

T-5 201 6357

小月航空基地122

T-5 201 6357

小月航空基地123

T-5 201 6357

スポンサーサイト



【 2020/12/02 (Wed) 】 飛行機 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

じゃごろ

Author:じゃごろ
お手抜きモデラーのじゃごろです。
スケール物中心にupします。
宜しくお願いします。

最新トラックバック
ブロとも一覧
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
ランキング
もしお役に立ちましたら、                           ポチッとお願いします。