fc2ブログ

じゃごろの模型日記

手抜きモデラーのプラモ日記です
041234567891011121314151617181920212223242526272829303106
月別アーカイブ  【 2021年05月 】 

「水陸両用」に反応する世代

こんにちは、じゃごろです。
本日は晴天、夏日でございます。
晴天の日曜日で外出組が多いのでしょうか。
それともコロナで自宅で過ごす方が多いのでしょうか。
最近、ワクチンの闇接種があちこちで発覚しています。
緊急時、役得や抜け駆けは絶対に許してはいけません。
ずるい奴を罰する法律が無いからやりたい放題です。
まあ、国のトップが指導力不足だから招いた事態ですから。



キングシャーク ニチモ



さて、ニチモのキングシャークです。
モーターライズで陸上、水上、水中の走行が可能な水陸両用戦車です。
水中走行は、空気タンクに水を入れると水底を走行できるというもの。
障害物にぶつかると救命ブイが浮上して位置を知らせるという優れものでした。
この当時、様々なメーカーから水陸両用戦車が発売されました。
各メーカー独自の防水メカ部やデザイン、走行性などを競っていました。
当時、戦車プラモはモーター走行の時代で、走るのは普通でした。
そこで地上も水上も走行出来る水陸両用が子供らに人気がありました。
遊ぶ場所を選ばずと言うと大げさですが、お風呂場で遊べるのも利点でした。
メーカーもスケール物ではなく、SF物ですからデザインの自由があり開発し易かったのではと思います。
実際、大戦中に使用された水陸両用戦車もあります。
船で運ばれた戦車が海上を自走して海岸に上陸するのは戦略上有利に展開します。
現用でも水陸両用戦車は兵員輸送などに活躍しています。
また、水陸両用自動車なども人気がある様です。
この水陸両用と言うお得感、これがワクワク感に繋がるんでしょうか。
特に、子供時代に水陸両用戦車で遊んだ世代は、その楽しさを覚えているはずです。
もし再販されたら懐かしさでついつい買ってしまうでしょう。
そしてお風呂場に持ち込んで「ニヤリ」とすると思うんです。
これアヒルより断然リラックスできますよ。
「水陸両用」と言う言葉にピクリと反応する方は、私と同世代の方だと思います。
スポンサーサイト



【 2021/05/23 (Sun) 】 その他 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

じゃごろ

Author:じゃごろ
お手抜きモデラーのじゃごろです。
スケール物中心にupします。
宜しくお願いします。

最新トラックバック
ブロとも一覧
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
ランキング
もしお役に立ちましたら、                           ポチッとお願いします。