fc2ブログ

じゃごろの模型日記

手抜きモデラーのプラモ日記です
091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

F-104C スターファイター ‵アメリカ空軍′

こんにちは、じゃごろです。
本日は暑い日曜日で真夏日になった地域も多かった様です。
宮内庁の発表が大炎上したせいでしょうか。
病気は国民やメディアのせいみたいな言い方をすれば当然でしょう。
巷では秋篠宮家不要論が起きている様です。
国民との間の大きな溝は広がるばかりです。





F104Cアメリカ空軍001


さて、ハセガワ1/48 F-104C スターファイター ‵アメリカ空軍′です。
F-104Cは戦術戦闘型で空中受油装置が付けられ77機生産されました。


F104Cアメリカ空軍002


航空自衛隊はG型ベースの為、水平尾翼の面積が大きいです。
このC型の胴体は垂直尾翼が小さく新規パーツです。


F104Cアメリカ空軍003


胴体パーツは新規パーツです。
空中受油装置用の隠れ穴があり開口します。


F104Cアメリカ空軍004


主翼上面です。
主翼は上下貼り合わせです。


F104Cアメリカ空軍005


主翼下面です。
主翼の動翼は別パーツです。


F104Cアメリカ空軍006


コクピットパーツや主脚収納庫パーツなど。
排気口は一体成型です。


F104Cアメリカ空軍007


主脚柱や排気口パーツなど。
タイヤはホイールと別パーツです。


F104Cアメリカ空軍008


ウィングチップタンクや前脚収納庫など。
航法灯のクリア化は指示がありません。


F104Cアメリカ空軍009


排気口パーツやタイヤなど。
右側が新規の空中受油装置のパーツです。


F104Cアメリカ空軍010


透明パーツやポリキャップなど。
脚柱は取付部のポリキャップに差し込みます。


F104Cアメリカ空軍011


デカールです。
マーキングは2種類から選択出来ます。


F104Cアメリカ空軍012


組説は機体解説が載っています。
解説はシリーズ共通ではなくC型の解説が載っています。


F104Cアメリカ空軍013


マーキング&塗装図です。
2種類のマーキングが載っています。



このマルヨンは本家アメリカではあまり活躍した印象がありません。
それは世界各国で長く活躍したG型のイメージがあるからでしょうか。
C型は生産機数も少なく使用期間も短期だった為、アメリカでは目立たなかったからでしょうか。
キットは2000年にリリースされハセガワらしい好キットです。
私のC型の印象は垂直尾翼が小さい事、空中受油装置や派手なマーキングがあります。
目立つ機体ならC型の方が展示会向きかもしれません。
ハセガワのキットは胴体パーツなどもきちんとC型用のパーツに差し替えています。
また機体解説もシリーズ共通ではなくC型の解説を載せているのは高評価です。
ただ、ハセガワのデカールは保護材もなく剥き出しのまま箱に入っています。
これが劣化し易いデカールと共にマイナス要因です。
デカールを高品質にして保護材でデカールを守る様に改善して欲しいと思います。
スポンサーサイト



【 2021/10/03 (Sun) 】 飛行機 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

じゃごろ

Author:じゃごろ
お手抜きモデラーのじゃごろです。
スケール物中心にupします。
宜しくお願いします。

最新トラックバック
ブロとも一覧
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
09 | 2021/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
ランキング
もしお役に立ちましたら、                           ポチッとお願いします。