fc2ブログ

じゃごろの模型日記

手抜きモデラーのプラモ日記です
111234567891011121314151617181920212223242526272829303101
月別アーカイブ  【 2021年12月 】 

新田原基地 航空祭 2019 その5

不法滞在などで入管施設に収容された外国人の拘束を一時的に解く「仮放免」で、特定の弁護士や支援者5人がそれぞれ身元保証人となった外国人787人のうち、195人が行方をくらましていたことが分かった。出入国在留管理庁による今年3月までの過去8年間の集計。同種事案は年々増加傾向にあるが、一部の保証人に偏っており、実態解明が求められる。

仮放免は、施設収容者に住居や行動範囲の制限を付けた上で拘束を解く入管難民法上の制度。

関係者によると、5人はそれぞれ平成26年1月~令和3年3月の間、仮放免中の外国人787人の身元保証人となったが、約25%の195人が逃亡し、行方をくらましていた。

このうち弁護士1人は、引き受けた分の約4割にあたる19人に逃亡を許していたという。

一方、同期間に身元保証人を引き受けた弁護士のうち、7割以上は逃亡者を1人も出していなかった。

仮放免中の外国人が犯罪行為に及ぶケースも起きているが、身元保証人は運用上の制度で、逃亡を許した場合でも法的責任を問われることはない。

政府は入管施設外での生活を許可して支援者らが状況を報告する「管理措置」の新設や、逃亡時の罰則といった対策を盛り込んだ入管難民法改正案を、来年の通常国会に提出することを目指している。 産經新聞より

なんとまあ驚きの事実です。
こんなざる法があっていいものでしょうか。
運用上の制度で法的責任を問われない身元保証人。
悪用する者が出てくるのは当たり前でしょう。
悪意ある保証人をこのままにしておいて良いはずがありません。
早急に改正すべきだと思います。
そしてこの保証人も罰せられるべきだと思います。
さて、本日は新田原基地 航空祭 2019 その5 です。





新田原航空祭2019034


AH-1S コブラ 対戦車ヘリコプター ⅢATH 73459


新田原航空祭2019035


AH-1S コブラ 対戦車ヘリコプター ⅢATH 73459


新田原航空祭2019036


AH-1S コブラ 対戦車ヘリコプター ⅢATH 73459


新田原航空祭2019037


AH-1S コブラ 対戦車ヘリコプター ⅢATH 73459


新田原航空祭2019038


AIM-7M スパロー 中距離ミサイル 搭載機(バッタ)


新田原航空祭2019039


AIM-7M スパロー 中距離ミサイル 搭載機(バッタ)


新田原航空祭2019040


AIM-7M スパロー 中距離ミサイル 搭載機(バッタ)


新田原航空祭2019041


AIM-7M スパロー 中距離ミサイル 搭載機(バッタ)


新田原航空祭2019042


AIM-7M スパロー 中距離ミサイル 搭載機(バッタ)


スポンサーサイト



【 2021/12/17 (Fri) 】 飛行機 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

じゃごろ

Author:じゃごろ
お手抜きモデラーのじゃごろです。
スケール物中心にupします。
宜しくお願いします。

最新トラックバック
ブロとも一覧
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
ランキング
もしお役に立ちましたら、                           ポチッとお願いします。