fc2ブログ

じゃごろの模型日記

手抜きモデラーのプラモ日記です
121234567891011121314151617181920212223242526272829303102

チーム スズキ エクスター GSX-RR ’20


世間は、正月休みの後の連休ですね。
成人式は、私らの頃は15日だったと思います。
お天気が崩れることが多く、着物姿の女性は大変だったと思います。
今年の成人式はどうなんでしょうか。
またお馬鹿が出現するんですかね。
さて、本日はタミヤ1/12 チーム スズキ エクスター GSX-RR ’20 です。





GSXRR20001


2020年、会社創立100周年、レース活動60周年を迎えたスズキは、ロードレース世界選手権の最高峰MotoGPクラスに2台のマシンを投入しました。GSX-RRは、2015年のデビュー以来、毎年着実に進歩を続け、優勝を含め7度表彰台に上りチームタイトル獲得に貢献、記念すべき節目の年にふさわしい快挙を成しとげたのです。


GSXRR20002


カウル類です。
カウル類はビス止めで完成後も脱着可能です。


GSXRR20003


ホイールやシートなどのパーツです。
ホイールはビス止めで回転します。


GSXRR20004


フレームや排気管など。
シートカウルなどのパーツです。


GSXRR20005


エンジンやブレーキディスクなど。
水冷直列4気筒1000ccエンジンを補器類まで精密に再現。


GSXRR20006


フロントカウルやタンクなど。
一体成型で見事に再現しています。


GSXRR20007


透明パーツやタイヤなど。
タイヤは質感あふれるソリッドゴム製。


GSXRR20008


ビスやパイプ、ポリキャップなど。
極小ドライバーが付属しています。


GSXRR20009


デカールやマスキングシートなど。
タイヤデカールも用意されています。


GSXRR20010


別売のフロントフォークセットも用意しました。
仕上がりの質感をさらに高めます。


GSXRR20011


車体解説が別紙で用意されています。
裏面はマーキング&塗装図です。


GSXRR20012


組説はパーツリストの訂正がありました。
組説は分かり易く問題ありません。

このタミヤのキットは、実車の様な精密なモデルです。
プラモで実車の構造が良く分かったと言う方は多いと思います。
それ程までに最近のバイクモデル、それも1/12スケールモデルの進化は驚くばかりです。
以前は精密バイクモデルは1/6シリーズでした。
ビッグサイズの迫力と実車の様な構造で人気がありました。
しかし、価格と置き場所などの問題で、コレクションは1/12が主流でした。
カウルもレーシングスクリーンを含めて、透明パーツの一体物とかでした。
時代と共にバイクが進化すると、プラモも同じように進化して行きます。
そして最近は実車と同じ様な構造になっています。
精密化は製作のネックになりますが、メーカーは様々な工夫を凝らして組み立てやすいようにしています。
私は、1/12バイクは持っていなかったんですが、昨年から急に増えだし、今ではかなり増殖しています。
バイクの製作は独特なものがあり、初心者の私にはハードルが高いように思います。
しかし、タミヤの取説は親切で、丁寧に読んで作業を進めれば完成しそうな気がします。
パーツごとに組み立て塗装、デカール、クリアまで済ませて最終的に組み上げるのかなと思っています。
今年は、バイク製作にもチャレンジしてみようと思っています。(予定は未定)
スポンサーサイト



【 2022/01/09 (Sun) 】 その他 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

じゃごろ

Author:じゃごろ
お手抜きモデラーのじゃごろです。
スケール物中心にupします。
宜しくお願いします。

最新トラックバック
ブロとも一覧
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
12 | 2022/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
ランキング
もしお役に立ちましたら、                           ポチッとお願いします。