fc2ブログ

じゃごろの模型日記

手抜きモデラーのプラモ日記です
021234567891011121314151617181920212223242526272829303104

ソビエト重戦車 KV-2

本日は曇りのち晴れのお天気です。
露はウクライナ無差別攻撃を激化させています。
すなわち民間人を殺傷することを目的としています。
民間人の死傷者が増えれば増えるだけ停戦合意が自国に有利になると思っているからです。
犠牲が増えようが所詮他人事、EUも米も見殺しのままで軍事介入は無しです。
米の弱腰が招いたロシアの侵略、世界は一変しました。
露や中国の行動を見て日本の取るべき道が見えてきたようです。
さて、本日はソビエト重戦車 KV-2 です。




ソビエト重戦車KV2001


タミヤ1/35 ソビエト重戦車KV-2です。
再販ではなく新金型で登場です。


ソビエト重戦車KV2002


こちらは1975年7月に発売された旧キットです。
2017年8月、久しぶりに再販された物です。


ソビエト重戦車KV2003


旧キットの砲塔パーツです。
最近発売されたKV-1の車体に旧砲塔パーツを組み合わせた物ではないかと疑っていました。(笑)


ソビエト重戦車KV2004


新しいキットおパーツです。
砲塔パーツは旧パーツと違っていました。


ソビエト重戦車KV2005


デカールにはドイツ軍のマークが。
ドイツ軍に捕獲された車輛が再現されます。


ソビエト重戦車KV2006


車体かいせつが別紙で用意されています。
マーキング&塗装図がカラーで載っています。


ソビエト重戦車KV2007


組説は分かり易く問題ありません。
コマンダーの立像と乗員の半身像が付属しています。

タミヤから新金型でKV-1が発売された時、今後KV-2が発売されると思いました。
KV-1の車体に旧キットの砲塔を組み合わせた物が発売されるのか半信半疑でした。
旧キットは1975年に発売された古い物ですが、今でも見劣りしない良い出来です。
2017年に再販されたので求めた方も多かったのではと思います。
KV-2はその特異形状から人気が高いキットです。
新型のキットは新しい技術を取り入れた優れたキットです。
タミヤの長所は中華系キットの様に精密過ぎてパーツが多く組み立て難いと言う事がありません。
適度にまとめるセンスが培われていて、他社の追従を許しません。
精密感と組立て易さの両立はタミヤならではの物になっています。
また、古いキットを新金型で発売する姿勢がメーカーとしての信頼度を高めると思います。
ただ、それが何故KV-1やKV-2なのかはよく分かりません。
シリーズの古いキットも、今後、新金型で発売される可能性があると言う事が嬉しいと思います。
タミヤには今後も頑張ってもらいたいと思います。
【 2022/03/21 (Mon) 】 AFV | TB(0) | CM(0)

早めに作ろう! その14

本日は曇りのち晴れのお天気です。
最近は戦争、地震、コロナなど嫌な事ばかりです。
経済優先の為、コロナの規制緩和が行われます。
全国で大勢の感染者が発生しているにも関わらずにです。
露への経済追加制裁で露産の水産物禁輸を見送り決定です。
地域経済を考慮してウニ、サーモンは禁輸にしないそうです。
日本の政治家はこんなものですよ。
さて、本日は早めに作ろう! その14 です。







TスピットファイアMkⅠ001


タミヤ1/48 スーパーマリン スピットファイア Mk.Ⅰ です。
このキットは2018年12月に発売されましたが、非常に驚きました。
1993年11月に発売されたキットが既にラインナップされていたからです。
旧型のキットは発売当初に作って展示会に出品したキットです。
出来も非常に良く、作り直すようなキットではありませんでした。
それが新金型で発売されたので驚いたのです。
勿論ファンとしては嬉しい驚きです。
今回は特にコクピットのディテールに力が入っています。
昇降ドアも開閉選択可能です。
タミヤとして新金型で発売しなければならない事情があったんでしょうかね。
キットは文句なしで1/48キットの決定版です。
また、バリエーションの展開も予想されましたが未だ発売されていません。
Ⅴ型なんか発売されればいろいろと楽しめそうなんですが。
ともあれ既設のキットがあるにもかかわらず新たに新金型のキットを発売する姿勢はとても良いと思います。
マーカーに敬意を表してこれも早めに作りたいキットです。
【 2022/03/20 (Sun) 】 飛行機 | TB(0) | CM(0)

早めに作ろう! その13

本日は雨のお天気です。
少し寒が戻り肌寒いお天気です。
露に対する追加経済制裁で、政府は露産のカニやサケなどの水産物の禁輸を見送る方向です、
地域経済に配慮と言うことらしいですが、弱腰外交には恐れ入ります。
毅然とした態度が取れぬ日本。
露や中国から舐められるのも無理ありませんね。
さて、本日は早めに作ろう! その13 です。





TBf109G6001


タミヤ1/48 メッサーシュミット Bf109G-6です。
2018年2月に発売された1/48Bf109G-6の決定版です。
長い間、タミヤがBf109を発売しないのは謎とされて来ました。
やっとファン待望のキットが発売されたのです。
キットはエンジンが再現され、エンジンカウルはマグネットを使用して脱着可能です。
この109はバリエーションの展開が予想されましたが未だに発売されません。
楽しみにしていたファンも多いのにこれもまた謎です。
ところで昔のドイツ機マニアは煩かったです。
知識があるのは良いんですがそれを他人に押し付ける人が多かった様に思います。
だから他人の作品を否定する事ばかりで一種の鼻つまみ者でした。
時代と共にそのようなマニアは孤立化して展示会などでは見かけなくなりました。
ようやく平和な時代になったんです。(笑)
そんな中、決定版キットも発売され今が作り時かなと思います。
ドイツ機の迷彩もなかなか難しいんですが、いろいろと雑誌などで塗装方法が解説されています。
またネットなどでも素晴らしい作品が製作記事と共に載っています。
本当に良い時代になったと思います。
【 2022/03/19 (Sat) 】 飛行機 | TB(0) | CM(0)

早めに作ろう! その12

本日は曇りのち晴れのお天気です。
午前中まで小雨が降っていました。
自衛隊で「サイバー防衛隊」を540人態勢で発足させました。
因みに中国は17万人、北朝鮮でさえ6800人です。
さて、本日は早めに作ろう! その12 です。






T飛燕Ⅰ型丁001



タミヤ1/48 川崎 三式戦闘機 飛燕Ⅰ型丁です。
飛燕のキットはいろいろ発売されていますが、このタミヤのキットが1/48決定版と言われています。
最近発売された様に思っていたんですが、2016年12月の発売です。
キットはエンジンも再現されコクピット内のディテールも良く出来ています。
流石タミヤと思わせる良いキットです。
しかし、ネックはこの斑迷彩で塗装が非常に難しいです。
私が展示会などで見て来た完成機は斑迷彩を筆塗りしたものが殆どでした。
エアブラシで吹くとエッジがこの様な斑にはなりません。
ただフリーハンドで塗られた物には斑の形状に違和感が生じます。
知らず知らずのうちに似た様な形になるんですね。
この斑模様はよく見ると厄介な形状をしています。
1~2度型紙を使ってエアブラシで吹いた作品を見ましたがこれが一番良かったです。
但し相当な手間がかかります。
タミヤは斑迷彩のデカール付きの銀メッキの特別企画品を発売しています。
やはりこの斑迷彩塗装の難しさを知っているからでしょう。
誤解が無いように言っておきますが筆塗りを否定しているのではありません。
私は上手くないので筆塗りは無理です。
しかし、先輩方の中には職人の様な見事な筆塗りをされる名人がいます。
でも一握りの方であって誰もが出来る事ではありません。
技術が発達した今ならデカールではなくて、型紙とかマスキングシートが発売されても良さそうなんですが。
これは飛燕だけでなく他の陸軍機にも言えることです。
このキットもマスキングシートを切る気力のあるうちに早めに手がけたい一機です。
【 2022/03/18 (Fri) 】 飛行機 | TB(0) | CM(0)

早めに作ろう! その11

本日は曇りのお天気です。
夜から明日昼頃まで雨の予報です。
エアフィックスの注文分の入荷が遅れています。
12月入荷予定が遅れて今頃入荷です。
コロナや戦争の影響もあるんでしょうね。
別の店でもイギリスからの取り寄せは時間がかかりますとのことでした。
遅れるのはEUを離脱したからではないでしょうね。
さて、本日は早めに作ろう! その11です。




F神風号001



ファインモールド1/48 亜欧連絡航路 最速記録機 神風号 です。
イギリス国王ジョージ6世の戴冠式の奉祝に、朝日新聞社はロンドンへの高速記録飛行樹立を企画します。
昭和12年4月6日に立川を経った神風号は、94時間17分を経てロンドンに到着。
極東~欧州感の世界最速記録を樹立しました。
キットはファインモールドの力作で、とても良い出来です。
実はこのキットは以前製作して完成機を乗せています。
3年前、蓄膿症の手術をして退院後、一週間で作りました。
展示会で仲間が往路、私が復路の機体を作る約束をしていたので無理して作りました。
しかし、自分の中で納得がいかない出来だったので、もう一回作りたいと思っていました。
この神風号は航空史に残る名機です。
コレクションには欠かす事が出来ない一機だと思います。
【 2022/03/17 (Thu) 】 飛行機 | TB(0) | CM(2)

早めに作ろう! その10

本日は晴れ、暖かいお天気です。
模型店からのメールにクレオスからのお知らせが。
2022年2月受注ミニアート新製品入荷時期未定のご案内と言うものでした。
2月16日締め切り分で、諸事情をご賢察下さいとありました。
残念ですが仕方がない事ですね。
無事再開出来る事を祈ります。
さて、本日は早めに作ろう! その10 です。





FサボイアS21F001



ファインモールド1/48 サボイア S.21F“後期型”です。
カーチスに撃墜され大破した後、ミラノのピッコロ社で改修された機体です。
運ばれたサボイアは、実際に工場に持ち込まれたのは艇体部分のみでした。
そのため新しいエンジンを搭載し、主翼を新たに作り直す事が改修作業の中心になります。
イタリア最強のエンジンを用意し、17歳のフィオ・ピッコロを設計主任に据えて始まった改修工事。
キットは前期型と同様、とても良い出来です。
そしてマダム・ジーナの立像フィギュア付きです。
ちなみに改修後の機体名は、Fの一文字が追加されています。
Fはもちろんフィオのイニシャルです。
するとフィギュアはジーナではなくフィオの方が良かったかもです。
このキットも外すことが出来ない機体で、早めに作りたい一機です。
【 2022/03/16 (Wed) 】 飛行機 | TB(0) | CM(0)

早めに作ろう! その9

本日は晴れ、暖かいおてんきです。
戦争は何でもありです。
元々人道上あってはならない事が戦争なんですから残虐極まりないです。
相手を屈服させるのだからむしろ丁度いいのです。
ロシアのやりたい放題の侵攻に米もEUも手を出せません。
それを中国が検証しています。
米はロシアや中国を止めることは出来ません。
さて、本日は早めに作ろう! その9 です。






FカーチスR3C-0


ファインモールド1/48 カーチス R3C-0 非公然水上戦闘機です。
ポルコのライバル、ドナルド・カーチスの乗機です。
この機体が実にリアルなのは、この時代に実在した機体をモデルに描かれているからです。
それは1920年代のアメリカを代表するスピード・レーサー、カーチスR3Cシリーズです。
当時としては世界最速クラスのスピード・レーサーだったのです。
R3C-0と言うネーミングからもシリーズを戦闘機に改造した、まさに「非公然な存在」と言う設定です。
キットはエンジンも再現されたとても良い出来のキットです。
ドナルド・カーチスのフィギュアも付属しています。
サボイアやポルコと一緒に並べたい機体です。
【 2022/03/15 (Tue) 】 飛行機 | TB(0) | CM(0)

早めに作ろう! その8

本日は曇り時々晴れのお天気です。
予報では曇りのちにわか雨ですがまだ雨は降っていません。
警察庁が原発の警備強化する方針です。
露の攻撃を見てやっと動く様です。
サイバー攻撃などにも対処する様に本格的に備えて欲しいですね。
戦争は嫌だけど危機感を持つのは必要だと思います。
さて、本日は早めに作ろう! その8 です。




FサボイアS21001


ファインモールド1/48 サボイアS.21試作戦闘飛行艇です。
映画「紅の豚」の劇中でポルコ・ロッソが駆る飛行艇です。
先日、久しぶりにロードショーで「紅の豚」を観ました。
何年経っても色褪せないアニメの名作です。
映画に刺激されてファインモールドのキットを作りたくなりました。
このキットはなかなか出来が良く、ポルコのフィギュアが付いています。
以前から作ろうと思っていたんですが、仲間と作品が被るので遠慮していたら今になります。
一時期は展示会ご用達機で、必ず出品されていました。
最近はピークを過ぎ、時たま見かける程度です。
ですから作るなら今が良さそうに思えます。
しかし、ジブリの作品は、何時までも人気が高いですね。
何としてもコレクションに加えたいキットです。
【 2022/03/14 (Mon) 】 飛行機 | TB(0) | CM(2)

早めに作ろう! その7

本日は曇りのち雨の予報です。
しかし、雨は降らず時々晴れのお天気です。
小麦やウニ、イクラ、サーモンなど次々に値上げですね。
ガソリンも今172円でとどまっていますがいつまで持つか。
燃料が値上がりすれば輸送費など関連する物全てが値上がりします。
これから日本も経済制裁の影響が出始め相当な痛みが伴います。
私ら年寄りは年金引き下げと物価上昇のダブルパンチです。
で、国が補填してくれるんですか?
さて、本日は早めに作ろう! その7 です。






RユンカースF13001


レベル1/72 ユンカース F.13です。
世界初の全金属製の旅客機です。
キットは陸上機型と水上機型が選択出来ます。
しかし、塗装&マーキング図は陸上機型のみで水上機型はありません。
まあ「自分で調べてね」と言う事何でしょうか。
フロートのパーツがあるだけでも良かったです。
水上機型に魅かれるんですが、ここは箱絵の機体が無難かもしれません。
このキットはサラリと仕上げて古き良き時代を偲ぶのが良さそうです。
【 2022/03/13 (Sun) 】 飛行機 | TB(0) | CM(0)

早めに作ろう! その6

本日は晴れ、暖かいお天気です。
昨日、今日と4月下旬並みの陽気です。
ユニクロが露での営業を停止した様ですね。
営業継続から一転したのは少々遅かったですね。
露は戦争状態ですから何でもありです。
私達の予測以上の事が次々と起こります。
米もEUも手を出せないのを知ってますからやりたい放題です。
日本は露の揺さぶりでさえお手上げです。
さて、本日は早めに作ろう! その6 です。




Aヘロン001


エアフィックス 1/72 デ・ハビランド DH.114 ヘロン Mk.Ⅱ です。
レシプロ4発の旅客機で、双発のDH.104 ダブの姉妹機です。
キットは1959年に発売された古い物です。
今回、ビンデージ クラシック シリーズとして再販されました。
キットは年代物ですからあれこれ言うのが間違いで、このまま有難く受け入れましょう。
実機は福岡の貝塚公園に展示してあったんですが保存状態が悪かったです。
このキットを日本国内航空機に改造した方がいて、ネットで見た事があります。
固定脚に改造され、デカールも自作されていました。
その見事な完成機に刺激され、作って見たいと思いました。
勿論自作する腕はありませんのでキットのままです。
ですからデカールが新しいうちに早めに作りたいと思います。
【 2022/03/12 (Sat) 】 飛行機 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

じゃごろ

Author:じゃごろ
お手抜きモデラーのじゃごろです。
スケール物中心にupします。
宜しくお願いします。

最新トラックバック
ブロとも一覧
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
02 | 2022/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
ランキング
もしお役に立ちましたら、                           ポチッとお願いします。