fc2ブログ

じゃごろの模型日記

手抜きモデラーのプラモ日記です
041234567891011121314151617181920212223242526272829303106
月別アーカイブ  【 2022年05月 】 

1/72スケールシリーズ その15

本日は曇りのお天気です。
13日に行われたメッツ・マリナーズ戦で日本総領事が無視され始球式を出来ませんでした。
ゲストで呼ばれマウンドに立ったのに、シャーザーが投球練習をして真横の総領事をシカトしました。
総領事はマウンドを降りましたが、「ジャパン・ナイト」で騒動になり、1週間後にメッツは数行の謝罪文を掲載しました。
日本を代表する総領事に対するメッツの対応は数行の謝罪広告で済むものではありません。
また、シカトした投手に対して米国メディアは批判もなく、集中していたので気付かなかったと擁護しています。
自分の横に立っている人に気が付かないなんてありえませんし、捕手も見ているんですよ。
これが現在の日本の国力の弱さを示していると思います。
アメリカにとって日本なんてこんな扱いなんですよ。
もしかしたらヘイトかもしれません。
総領事もその場で強く抗議すべきです。
さて、本日は1/72スケールシリーズ その15です。






72スケールシリーズ029


ハセガワ1/72 日本海軍 局地戦闘機 紫電改です。
大戦終盤の日本海軍最後の優秀機です。


72スケールシリーズ030

パーツはこんな感じです。
マーキングは3種類から選択出来ます。


水上機メーカーの川西の傑作機、紫電改です。
紫電を改修したしたものですが全く別の飛行機です。
紫電改で有名なのが自動空戦フラップと343空でしょう。
343空は菅野隊長や鴛渕大尉など有名なパイロットの活躍が知られています。
この343空の紫電改は、胴体日の丸内に機番が描かれているのが有名です。
菅野隊長機は15番の機番が描かれたマーキングが良く知られています。
しかし、このキットのデカールは機番が描かれていません。
私が記憶しているのは、機番が描かれている菅野隊長機の写真が見つかって以降、デカールが改修されました。
それ以前はこのキットのデカールの様に機番が描かれていませんでした。
では、一体いつ頃から機番が描かれたのでしょうか。
ハセガワの総合カタログを調べると1989年版には描かれていません。
ところが1991年版には機番が描かれています。
残念ながら1990年版の総合カタログが見つからないので確実な年数は確認出来ませんでした。
しかし、31~32年程前にデカールが修正された様です。
この機番が描かれていないキットは、ある意味貴重かもしれません。
スポンサーサイト



【 2022/05/23 (Mon) 】 飛行機 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

じゃごろ

Author:じゃごろ
お手抜きモデラーのじゃごろです。
スケール物中心にupします。
宜しくお願いします。

最新トラックバック
ブロとも一覧
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
04 | 2022/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
ランキング
もしお役に立ちましたら、                           ポチッとお願いします。