fc2ブログ

じゃごろの模型日記

手抜きモデラーのプラモ日記です
0812345678910111213141516171819202122232425262728293010
月別アーカイブ  【 2022年09月 】 

飛行第244戦隊の飛燕 

家の近所に狸が居るようです。
嫁さんが近所の方に「この辺に狸が居る」と言われたそうです。
しばらくして家の前を歩いてる狸を目撃した嫁さん。
「最初犬かと思ったんだけど何か違う、狸だ!」と驚いたらしいです。
しかも夜ではなく日中堂々と歩いていたそうです。
こう書くと余程田舎かと思われるかもしれませんが昔からの住宅地。
とても狸が住む様な所ではないんですがね。
野生動物が民家の近くに出没するのは怖い気がします。
さて、本日は飛行第244戦隊の飛燕 です。





ハセガワ飛燕Ⅰ型第244戦隊001


ハセガワ1/32 川崎 キ61 三式戦闘機 飛燕1型 “飛行第244戦隊”です。
箱絵は大迫力の飛燕で日本機離れしたスタイルが魅力的です。


ハセガワ飛燕Ⅰ型第244戦隊002


パーツはこんな感じです。
一応、甲/乙/丙のコンパチキットになるんでしょうかね。(笑)


ハセガワ飛燕Ⅰ型第244戦隊003

マーキング&塗装図です。
箱絵の機体と別に2種類の図が載っています。


飛燕は液冷エンジン搭載の日本機離れしたスタイルの良い飛行機です。
本土防空戦での活躍が良く知られていると思います。
特に飛行第244戦隊は小林戦隊長を筆頭にB-29撃墜に活躍しました。
飛行第244戦隊では小林戦隊長機が有名で、いくつかのマーキンが知られています。
しかし、ここでは小林戦隊長ではなく他の機体が紹介されています。
特に1型と題して、甲/乙/丙それぞれのマーキングが楽しめるキットになっています。
甲型は胴体に12.7ミリ機関砲2門、主翼に7.7ミリ機銃2門を搭載、 箱絵の機体です。
乙型は主翼にも12.7ミリ機関砲を搭載 塗装図②の斑迷彩の機体です。
丙型は主翼に20ミリマウザー砲を搭載、銃身が突き出た塗装図③の機体です。
まあ、甲型と乙型は外観上は尾輪が引き込み式か固定かでドアの有無の違いがあります。
丙型は突き出した銃身のパーツを取付ける様になっています。
また、薬莢排出口や尾輪収納庫ドアなどのパーツが各型で違っています。
甲型は震天制空隊 中野松美軍曹乗機 調布飛行場 1945年2月
乙型はそよかぜ隊 隊長 生野文介大尉乗機 浜松飛行場 1945年1月~2月
丙型はそよかざ隊 隊長 生野文介大尉乗機 調布飛行場 1945年2月
これら3種類のマーキングが選択できます。
どの機体を選ぶか迷ってしまいますね。
スポンサーサイト



【 2022/09/03 (Sat) 】 飛行機 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

じゃごろ

Author:じゃごろ
お手抜きモデラーのじゃごろです。
スケール物中心にupします。
宜しくお願いします。

最新トラックバック
ブロとも一覧
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
08 | 2022/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
ランキング
もしお役に立ちましたら、                           ポチッとお願いします。