fc2ブログ

じゃごろの模型日記

手抜きモデラーのプラモ日記です
091234567891011121314151617181920212223242526272829303111
月別アーカイブ  【 2022年10月 】 

“ヨンパチ” 再点検 その10

朝からFC2ブログにアクセス出来なくて焦りました。
少し前にブロ友さんがアクセス出来なくなって別にブログを開設するか悩まれたからです。
幸い昼前には復旧して無事アクセス出来ました。
FC2ブログでは時々不具合が発生する様です。
その時はお手上げで、復旧を祈るしかありません。
用心の為、サブチャンネルを作ろうか考えています。
さて、本日は “ヨンパチ” 再点検 その10 です。






タミヤ強風11型001


タミヤ1/48 川西 水上戦闘機 強風11形です。
タミヤ1/48傑作機シリーズ№36で、1994年6月に発売されました。


タミヤ強風11型002


パーツはこんな感じです。
フロートに入れる重りが付属しています。



強風は、川西航空機が開発した日本海軍の水上戦闘機です。
強風は、水上機でありながら空戦を主な目的とした機体として設計されました。
そのため、開発が難航した事で活躍の時期を失い、性能的にも期待外れで操縦も難しく生産数は97機でした。
本機登場までのつなぎとして二式水上戦闘機が開発されたがこちらの方が生産数も多く戦果も残しました。
高速、高性能化のため当時利用可能であった第馬力エンジンとして三菱製の火星を採用しました。
原型機では、プロペラ後流による機体の偏向性解消のため、2重反転プロペラを採用。
これにより離着水が容易となり、操縦性・方向安定性も良好でパイロットの評判も非常に良かったです。
しかし、プロペラ減速機の複雑さからくる整備性の悪さと油漏れに悩まされこれを解消できませんでした。
そのため、量産機では通常の3翅プロペラに変更され、離着水時の操縦の難しい機体となったのは残念です。
強風は水上戦闘機よりも陸上機紫電、紫電改のベ-スとなった機体と言う方が有名かもしれません。
キットは古いながらタミヤらしい好キットだと思います。
展示会のテーマが水上機の時、お仲間がこの強風を出品しました。
その時、なかなか良い感じだと思い、作ろうと思っていました。
余談ですが、量産型も良いけれど原型機の2重反転プロペラ機も良いなあと思っています。
私の中で強風のイメージは2重反転プロペラの方なんです。
スポンサーサイト



【 2022/10/06 (Thu) 】 飛行機 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

じゃごろ

Author:じゃごろ
お手抜きモデラーのじゃごろです。
スケール物中心にupします。
宜しくお願いします。

最新トラックバック
ブロとも一覧
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
09 | 2022/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
ランキング
もしお役に立ちましたら、                           ポチッとお願いします。