fc2ブログ

じゃごろの模型日記

手抜きモデラーのプラモ日記です
091234567891011121314151617181920212223242526272829303111
月別アーカイブ  【 2022年10月 】 

“ヨンパチ” 再点検 その13

予報通り雨のお天気です。
タミヤから1/48F-35が発売予定です。
発売時期、価格は未定との事。
また、造形村からは1/32五式戦、FW190が発売予定です。
これも発売時期、価格は未定です。
とうとう1/32五式戦が発売される時が来ましたね。
完全前払いではなく通常販売にして欲しいと思います。
さて、本日は “ヨンパチ” 再点検 その13 です。







タミヤ百式司偵改防空戦闘機001


タミヤ1/48 百式司偵改造防空戦闘機 (キ-46-Ⅲ乙+丙) です。
タミヤ1/48傑作機シリーズ№56で、1997年9月に発売されました。


タミヤ百式司偵改防空戦闘機002


パーツはこんな感じです。
乙+丙タイプと乙タイプが選択出来ます。


高速で高々度性能が良い百式司偵Ⅲ型を改造した防空戦闘機です。
サイパンを占領したアメリカ軍がB-29が発着できる滑走路を建設中でした。
本格的な本土空襲が始まるのは時間の問題でしたが、迎撃出来る高空性能を持った飛行機はありませんでした。
そのため、本来偵察機である本機の機首に20mm機関砲2門を搭載。
そのためⅢ型の局面風防に代えて段付き風防を持つ機首が新たに設計されました。
この20mm機関砲2門を搭載した機体はキー3乙防空戦闘機と呼ばれ、75機が生産されました。
さらに昭和19年7月には37mm機関砲を上向きに追加します。
上向き砲を追加装備した機体をキ-46-Ⅲ乙+丙と呼ばれ、15機が完成しました。
これらの改造機は、空中戦経験が少ない偵察機のパイロットにより操縦されました。
しかし、短期間のうちに戦闘訓練を積み、B-29の撃墜、撃破に戦果をあげました。
パイロットの努力は称賛されるべきものだと思います。
偵察機として開発された百式司偵は、防空戦闘機としても活躍し、その高い基本性能を示したのです。
キットは、タミヤらしい良く出来たキットだと思います。
マーキングも3種類から選択出来ます。
余談ですが、この箱絵は中々良いと思います。
37mm機関砲は余計ですが、色合いが良い感じです。
私は土色機体があまり好きではありません。
特に濃ゆい土色は面白みがなく好みではありません。
しかし、この色はこの機体に良く似合ってる気がします。
勿論緑系塗装も良さそうですが、この色は印象深い色です。
箱絵の良さで買っていた世代は、幾つになってもその癖が抜けない様です。
スポンサーサイト



【 2022/10/09 (Sun) 】 飛行機 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

じゃごろ

Author:じゃごろ
お手抜きモデラーのじゃごろです。
スケール物中心にupします。
宜しくお願いします。

最新トラックバック
ブロとも一覧
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
09 | 2022/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
ランキング
もしお役に立ちましたら、                           ポチッとお願いします。