fc2ブログ

じゃごろの模型日記

手抜きモデラーのプラモ日記です
1012345678910111213141516171819202122232425262728293012
月別アーカイブ  【 2022年11月 】 

“ヨンパチ” 再点検 その40

昨夜は日本全国で見られる皆既月食でした。
また天王星食も同時に観測することが出来ました。
皆既月食中に惑星食が起こるのは大変珍しく442年ぶりとか。
嫁さんとベランダに出て皆既月食を見ましたが感動しました。
次回皆既月食と惑星食が同時に起こるのは322年後だそうです。
さて、本日は “ヨンパチ” 再点検 その40 です。







ハセガワ一式戦闘機隼1型001


ハセガワ1/48 ナカシマキ43一式戦闘機隼1型 です。
このキットは、ハセガワより2001年6月に発売されました。


ハセガワ一式戦闘機隼1型002

パーツはこんな感じです。
マーキングは2種類から選択出来ます。


97式戦闘機が正式採用された昭和12年12月、陸軍は中島に対して次期戦闘機の試作を出します。
翌年の12月9に試作機が完成、テスト飛行の結果、最大速度は30㎞/h程上回るものの運動性は劣り、次期戦闘機としては力不足でした。その後、翼面荷重の変更、エンジンの感想などいろいろな改修が行われ、昭和15年9月までに試作機3機、増加試作機10機が完成しましたが、格闘戦至上主義の軍を納得させることは出来ませんでした。
しかし、そのころ参謀本部では南方侵攻作戦でシンガポール攻略には船団を護衛する大航続距離の戦闘機が必要と考えており、不採用寸前のキ43に、遠距離戦闘機として活路が見いだされたのです。
キットはハセガワらしい繊細なモールドのキットです。
有名な飛行第64戦隊長 加藤建夫少佐乗機のマーキングが作れるキットです。
隼は日本の飛行機史に残る名機です。
格闘戦の極致と言われた97戦に固執した日本陸軍の定見の無さを露呈した飛行機と言えます。
隼は低速で翼内に機関銃が搭載出来なかったことが最大の弱点とされています。
しかしそれは軽戦に拘った軍部が世界の動向を見誤ったのが原因だと思います。
そんな中、隼を操って善戦したパイロット達は称賛されるべき存在だと思います。
スポンサーサイト



【 2022/11/09 (Wed) 】 飛行機 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

じゃごろ

Author:じゃごろ
お手抜きモデラーのじゃごろです。
スケール物中心にupします。
宜しくお願いします。

最新トラックバック
ブロとも一覧
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
10 | 2022/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
ランキング
もしお役に立ちましたら、                           ポチッとお願いします。