fc2ブログ

じゃごろの模型日記

手抜きモデラーのプラモ日記です
1012345678910111213141516171819202122232425262728293012
月別アーカイブ  【 2022年11月 】 

“ヨンパチ” 再点検 その49

東京都町田市で路線バスが暴走して住宅に突っ込んだ事故で、50代の男性運転手が、「二つ前のバス停を出発した後から具合が悪くなった」と説明していることが分かった。事故では乗客7人と運転手の計8人がけがをしている。KYODOより
これは具合が悪くなった時点で停車し会社に連絡すべきでしたね。
運転手が走行中に意識を無くすことによる事故は悲惨な結果を招きます。
万一の場合、自動停止する装置などの義務化は出来ないのでしょうか。
運転手の体調不良による事故が増えている様に思います。
早急な対策を望みたいです。
さて、本日は “ヨンパチ” 再点検 その49 です。






ハセガワアラドプリッツボマー001


ハセガワ1/48 アラド Ar234B-2 “プリッツ ボマー” です。
このキットは、ハセガワより2002年7月に発売されました。


ハセガワアラドプリッツボマー002


パーツはこんな感じです。
このキットのマーキングでは使用しませんが、偵察カメラのパーツも用意されています。


ハセガワアラドプリッツボマー003


デカールです。
マーキングは3種類から選択出来ます。


アラド社は、1940年にジェット機の設計を開始しました。
機体は双発の偵察機として設計が始められました。
高翼配置された直線テーパー翼に片側1基ずつのジェットエンジンをぶら下げた形状で、機首先端に透明部分を大きく取った単座型の操縦席を設けていました。燃料消費が大きなジェットエンジンを採用しているので、細い胴体の中には燃料タンクが多く配置されたため機体内部の降着装置は装備されませんでした。着陸時は胴体に備えられたソリを使用する様になっていました。
1942年4月に技術局が正式にAr234として6機の原型機開発契約がむすばれました。
1943年4月に原型1号機が完成し14分間の初飛行に成功しました。テストでは問題のなかったドリー離陸、ソリ着陸の形態が実戦配備した場合問題となると判断され、空軍省は1943年1月に3車輪式降着装置の搭載をアラド社に指示しました。
Ar234B原型1号機は、1944年4月に初飛行を行いましたが、降着装置搭載のため燃料タンクが減らされ航続距離の低下を招いています。しかし、降着装置の搭載により、エンジンナセル下面と胴体下面にスペースが空いたAr234Bは、元来偵察機として開発されましたが、爆撃機としての運用が可能と判断され、純粋な偵察型Ar234B-1の採用は見送られ爆撃型のAr234B-2が発注される事になりました。20機発注を受けたAr234B-2は1944年6月に初飛行し、以後合計210機生産されました。
キットはハセガワらしい繊細なモールドのキットです。
見所は透明部分が多い機首ですが、その分作り難い部分でもあります。
透明パーツのフレームの塗装が面倒です。
外側のフレームと内側のフレームでガラスを挟むサンドイッチ式ではなかったかと思います。
この辺は個人で良くリサーチして作業を進めて下さい。
ここが上手に決まると見応えのある完成機となります。
展示会であまり見かけないのはやはり面倒だからでしょうか。
スポンサーサイト



【 2022/11/19 (Sat) 】 飛行機 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

じゃごろ

Author:じゃごろ
お手抜きモデラーのじゃごろです。
スケール物中心にupします。
宜しくお願いします。

最新トラックバック
ブロとも一覧
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
10 | 2022/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
ランキング
もしお役に立ちましたら、                           ポチッとお願いします。