fc2ブログ

じゃごろの模型日記

手抜きモデラーのプラモ日記です
111234567891011121314151617181920212223242526272829303101
月別アーカイブ  【 2022年12月 】 

“ヨンパチ” 再点検 その76

群馬県警は、同僚の乗用車を盗み、偽造した文書を使って業者に売り払ったとして窃盗容疑などで逮捕、詐欺容疑で追送検した巡査長の被告(33)を懲戒免職にした。
逮捕、追送検容疑は、駐車場で車を盗み、同僚に成り済まして取得した文書を使い、買い取り業者に売却、現金290万円をだまし取った疑い。共同通信より
何とも酷い話ですね。
同僚の車を盗むとは呆れるばかり。
しかも警察官ですよ、警察官。
すぐに捕まると思わなかったんでしょうか。
警察官としてあるまじき行為だと思います。
さて、本日は “ヨンパチ” 再点検 その76 です。






ハセガワSBD3ドーントレス001


ハセガワ1/48 SBD-3ドーントレス です。
このキットは1994年11月に発売されました。


ハセガワSBD3ドーントレス002


パーツはこんな感じです。
ダイブブレーキは切り離し再接着して開状態にも出来ます。


ハセガワSBD3ドーントレス003


デカールです。
マーキングは3種類から選択出来ます。



SBDドーントレスの基本設計はノースロップ社エルセグンド工場で行われました。
エルゼグンド工場がダグラス社に売却されると、開発を進めていたXBT-2はXSBD-1と改称され、開発は引き継がれてSBDドーントレスの基礎となりました。1934年4月には量産が開始され海兵隊用にSBD-1が57機、海軍用のSBD-2が87機量産されました。SBD-3はフランス降伏後に174機の量産が発注されました。
エンジンは馬力こそ変わりませんが、改良されたR-1820-52に換装されました。
乗員と燃料タンクに対する防弾対策の強化も行われ、防弾鋼板の強化と防弾タンクが全面的に採用されました。
機首の固定銃が7.7mm機銃2丁から12.7mm機銃2丁に強化され、後席の7.7mm旋回銃も2連装になりました。
その他にも電気系統をいままでの12Vから24Vに強化したり、機首の空気取り入れ口を低くして前方視界を良くする等の改修もされました。これらの改修のため機体重量が増加し最高速度が低下しています。
それでも日米開戦後には500機が追加発注され、SBD-3は合計584機生産されました。
これらの機体はミッドウェイ海戦や珊瑚海海戦に活躍しました。
キットはハセガワスタンダートの繊細なモールドのキットです。
少ないパーツながらコクピット内部や後席内部も精密に再現されます。
なかなか手堅い良いキットだと思います。
戦闘機の様な華々しさはありませんが、艦爆や艦攻は地味ながら重大な働きをする飛行機です。
私は艦攻や艦爆が好きで、もっと評価されても良いのにといつも思っています。
その後に作られた急降下爆撃機に多くの影響を与えたドーントレス。
この機体もコレクションには外せない一機です。
スポンサーサイト



【 2022/12/16 (Fri) 】 飛行機 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

じゃごろ

Author:じゃごろ
お手抜きモデラーのじゃごろです。
スケール物中心にupします。
宜しくお願いします。

最新トラックバック
ブロとも一覧
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
11 | 2022/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
ランキング
もしお役に立ちましたら、                           ポチッとお願いします。