fc2ブログ

じゃごろの模型日記

手抜きモデラーのプラモ日記です
111234567891011121314151617181920212223242526272829303101

WW.Ⅱ ドイツ軍 突撃工兵フィギュア w/ゴムボート

沖縄県久米島では7月14日、約30頭のアオウミガメが瀕死の状態で見つかった。刺し網漁をしていた村内の漁師のアミに多数の個体がかかり、当初は網を外して逃がしたが、数が多い為刺すなどしたという。海外でも報道されるなど反響は大きく、町役場が謝罪する事態に発展した。

漁師が所属する久米島漁協や町などは、ウミガメ保護と漁業の共存を図ろうと8月に対策協議会を開催。
再発防止策としてかかっても外しやすい網の仕様、個体が集まる場所での刺し網漁を避ける-の案が出た。現在、ドローンによる個体数調査を行っており、現状が見えた段階で次回委員会を開催する予定という。沖縄タイムズより
ニュースは事件が起きた時報道されるが、その後については殆んど報道されません。
このニュースは衝撃的であり、世界中に発信されたので気になっていました。
取り組みが遅かったとは言え、事件がきっかけになり共存の道を真剣に検討するのは良い方向だと思います。
今後、この様な事件が起こらない事を祈ります。
さて、本日は WW.Ⅱ ドイツ軍 突撃工兵フィギュア w/ゴムボート です。







ドラゴンドイツ軍突撃工兵ゴムボート001


ドラゴン1/35 WW.Ⅱ ドイツ軍 突撃工兵フィギュア w/ゴムボート です。
フィギュア3体とゴムボートをセットしたモデルです。


ドラゴンドイツ軍突撃工兵ゴムボート002


箱裏面は組説&塗装図です。
パーツも少なく分かり易いです。



ドラゴンドイツ軍突撃工兵ゴムボート003


パーツはこんな感じです。
フィギュアが3体セットされます。


ドラゴンドイツ軍突撃工兵ゴムボート004

ゴムボートはこんな感じです。
意外に小さく感じます。

第二次世界大戦で活躍したドイツ軍突撃工兵がゴムボートに乗って渡河する様子を再現しています。
ドイツ軍突撃工兵3体と渡河用ゴムボートをセットでモデル化しています。
ゴムボートの前後に乗った兵士はオールを手に漕いでいるポーズ、ボートの中央に乗る兵士は立膝で前方に注意を払っている緊張感あふれるポージングをモデル化しています。
ゴムボートは主要パーツをアウターチューブの上下と中央の船床の3分割でモデル化されています。
アウターチューブの周りにめぐらされるロープには糸が用意されています。

その昔、模型誌に“おおくらとしお氏”が、ゴムボートで渡河するドイツ軍兵士のジオラマを投稿されていました。
作り方が載っていて、ゴムボートはバルサ材で、アウターチューブにハトメ金具を埋め込み、ロープを周りに廻らせるものでした。
その印象が強いせいか、ゴムボートには反応して興味を持つようになりました。(笑)
ですからこのキットは、私の好きなアイテムです。
このキットは再販されて今月入荷した物ですが、初版は1997年の様です。
もしかしたら以前入手していたかもしれませんが、覚えていません。
スポンサーサイト



【 2022/12/29 (Thu) 】 AFV | TB(0) | CM(0)
プロフィール

じゃごろ

Author:じゃごろ
お手抜きモデラーのじゃごろです。
スケール物中心にupします。
宜しくお願いします。

最新トラックバック
ブロとも一覧
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
11 | 2022/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
ランキング
もしお役に立ちましたら、                           ポチッとお願いします。