fc2ブログ

じゃごろの模型日記

手抜きモデラーのプラモ日記です
01123456789101112131415161718192021222324252627282903
月別アーカイブ  【 2024年02月 】 

どちらも良か その5




早いもので今日は節分です。
地方によって節分の豆まきやご馳走は違う様です。
私の地方は、子どもの頃カナガシラと言うホウボウに似た魚を食べていました。
魚の煮つけとなますが節分の時に食べるものでした。
当時は恵方巻なんてなかったです。
豆まきは各家庭の一代行事で、家々から豆まきの声がきこえたものです。
今は豆まきの声も聞こえず、静かなものです。
家も神社から福豆を頂いてきたので、今夜食べる予定です。
そしていつからか恵方巻も食べるんです(笑)
煮魚やなますは食べなくなりました。
時代の流れによって節分も変わっていくようです。







ドラゴン8トン四連装表


ドラゴン1/35 Sd.Kfz.7/1 2㎝四連装対空砲搭載 8tハーフトラック です。
初回限定仕様でボーナスパーツが付いています。


ドラゴン8トン四連装裏



中身はこんな感じです。
ドラゴンらしい精密なキットです。



ドイツの低空用対空機関砲はFlak30を使用していましたが、発射速度の遅さが問題でした。
大戦以前の開発で航空機の急速な高速化に追いついていませんでした。
改善要請を受けたのがラインメタル社でしたが、他兵器の開発が優先されたためマウザー社が改良を行うことになります。
開発されたのがFlak38でしたが180発/分の発射速度でしかなかったので、四連装型を採用します。
四連装は左右に単装のFlak38を2門づつ搭載、1分間に720発撃つことができます。
射撃手、測距手、俯仰手、装填手2名、指揮官の6名で運用されました。
切れ間なく発砲するために左上と右下、右上と左下と2門ずつで射撃、その間に残り2門の弾倉を交換します。
弾倉の装弾数が20発と少なく、人力による砲旋回で旋回速度が遅く、追尾力に問題がありました。
1940年~1945年、「魔の四連装」と連合軍から恐れられ、活躍しました。
このキットは、8tハーフトラックの荷台を改修し、四連装のキットをそのまま同梱したものです。
そのため四連装のトレーラーやタイヤなどのパーツが不要部品として入っています。
これは機関砲のキットを発売しているメーカーだからこそで、新に開発するよりコスト削減となります。
トランペッターのキットは車体が全て箱組ですが、ドラゴンのキットは運転席フロアーとフェンダーが一体成型になっています。
またFlak38の防盾はトランペッターはエッチングで、ドラゴンはプラ製になっています。
また、トランペッターのキットは弾薬トレーラーが付属していますが、ドラゴンのキットにはありません。
どちらも精密なキットですが、再現方法に違いがある様です。
どちらも良いキットなので、お好みで選ぶしかなさそうです。
スポンサーサイト



【 2024/02/03 (Sat) 】 AFV | TB(0) | CM(0)
プロフィール

じゃごろ

Author:じゃごろ
お手抜きモデラーのじゃごろです。
スケール物中心にupします。
宜しくお願いします。

最新トラックバック
ブロとも一覧
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
ランキング
もしお役に立ちましたら、                           ポチッとお願いします。