fc2ブログ

じゃごろの模型日記

手抜きモデラーのプラモ日記です
021234567891011121314151617181920212223242526272829303104

ドイツ歩兵 野戦会議セット



路線バスに緊急停止スイッチ 運転者急病などで乗客が対応 岡山県内2社が導入

路線バスの運転手が急病などで運転困難になった際、乗客が非常スイッチを押すと、緊急停止するシステムを搭載した車輛が、県内で初めて両備グループ(岡山市)と下津井電鉄(下電バス、同市)に計10台導入された。27日から順次、同市を中心とする路線で運行を始めた。
28日には下電バスの興除営業所(同市南区曽根)で研修があり、運転手約10人が参加。スイッチが作動すると、「緊急停止、おつかまりください」と日本語と英語のアナウンスが流れ、警報音を鳴らしながらバスはゆっくり止まった。同社は「運転手の健康状態には気を配っているが、ハード面でもカバーできれば安心につながる。利用者に使い方を周知し、万一に備えたい」とはなしている。
システム搭載は、関越道ツアーバス事故(2012年)や長野県軽井沢町のスキーバス転落事故(16年)などを受け、国が進めてきた再発防止の一環。昨年以降、観光バスや路線バスに標準装備されるようになった。 山陽新聞デジタルより

時々、バスの運転手が急病になったニュースが流れます。
その時は、乗客がバスを停止させたケースが多い様です。
緊急停止スイッチがあれば、万一の時でも安心して停止させられますね。
全国のバスに普及を望みます。
さて本日は、タミヤ1/35 ドイツ歩兵 野戦会議セット です。



野戦会議セット001


傑作が多いタミヤのMMシリーズですが、このキットもそのひとうです。
1996年1月発売後、安定した人気を誇り、AFV好きは殆んどん方が購入しているというキットです。


野戦会議セット002


人形5体にシェパードやストーブなどが付属します。
装備品や地図、新聞なども容易されています。


野戦会議セット003


MP44アサルトライフルやMG42マシンガンなどが描かれます。
装備品の塗装の参考に最適です。


野戦会議セット004

将校帽やヘルメット、機関銃手入れ用具ケースなどが描かれています。
装備品の塗装の資料に最適です。


野戦会議セット005


小銃手装備例が描かれています。
資料性が高く、参考になります。


野戦会議セット006

オーバーコート装着例と機関銃手装備例が描かれています。
資料性が高く、参考になります。


野戦会議セット007


指揮官、下士官2体、機関銃手、小銃手の5体のフィギュアです。
防寒服やオーバーコートを着用した冬季装備のドイツ兵をキット化。


野戦会議セット008


フィギュアの出来はもちろん、シェパードやストーブの出来も良好です。
塗装図には、冬期迷彩のスプリンターパターンが描かれています。


野戦会議セット009

ヘルメットや銃など、装備品が別パーツになっています。
装備品の出来も、抜かりありません。

野戦会議セット010


装備品を別パーツとすることで、他のキットに流用出来ます。
タミヤらしい合理的な手法だと思います。


野戦会議セット011


地図や新聞が別紙で用意されています。
箱裏に印刷されているのではなく、薄手の紙に印刷したのが正解でした。

このキットは、これだけで情景模型として成り立ちます。
もちろん、冬期の様々なジオラマに使用出来、凡庸性は高いと思われます。
また、フィギュアだけでなく、ストーブやシェパードなどの出来も良く、利用性が高いのも人気の要因です。
国産の為入手し易く、安心のタミヤ製、コスパも十分です。
AFV好きなら、殆どの方が購入しているというのも納得です。
関連記事
スポンサーサイト



【 2019/09/28 (Sat) 】 AFV | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

じゃごろ

Author:じゃごろ
お手抜きモデラーのじゃごろです。
スケール物中心にupします。
宜しくお願いします。

最新トラックバック
ブロとも一覧
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
ランキング
もしお役に立ちましたら、                           ポチッとお願いします。