fc2ブログ

じゃごろの模型日記

手抜きモデラーのプラモ日記です
0312345678910111213141516171819202122232425262728293005

ソビエト重戦車 KV-1 1941年型 初期生産車




私は入院の時は他人に迷惑を掛けるのがイヤなので個室を希望します。
看護師さんに聞いたのは、4人部屋での出来事。
「暑いからエアコンをつけろ派」と「寒いからエアコンを切れ派」に分かれて喧嘩するそう。
看護師さんが間に入り調整するのが大変だそうです。
これが肉体労働よりキツイそうです。
こういう神経戦は堪りませんね。
さて本日は、タミヤ1/35 ソビエト重戦車 KV-1 1941年型 初期生産車 です。




KV-1初期型001

タミヤより新金型のKV-1初期型が発売されました。
旧KV-1戦車も良い出来でしたが、最新の設計で生まれ変わりました。

KV-1初期型002

車体は箱組です。
モールドの切れも抜群です。

KV-1初期型003

履帯は組立て連結式です。
弛みなど自然な仕上がりでデティールUP。

KV-1初期型004

転輪や雑具箱などのパーツで、このパーツは2枚あります。
フェンダーステーの三角の肉抜きが再現されています。

KV-1初期型005

フェンダーや車体下面後部などのパーツです。
取付ガイドがしっかりしているので取付は容易です。

KV-1初期型006

砲塔も箱組です。
半身像のフィギュアが付属しています。

KV-1初期型007

透明パーツ類です。
牽引ロープは糸が付属しています。

KV-1初期型008

デカールはシンプルです。
マーキングは2種類から選択出来ます。

KV-1初期型009

車体解説が別紙で用意されています。
英語等各外国語でも表記されています。

KV-1初期型010

塗装・マーキングがカラー図で用意されています。
識別用KV-1モデルのペーパークラフトが付属しています。

KV-1初期型011

組説は分り易く問題ありません。
履帯など重点は詳しく説明されています。

タミヤのKV-1は1975年8月に発売され、その後長い期間第一線で活躍しました。
しかし、設計時期の古さや他メーカーが新作のKV-1を発売する中、どうしても見劣りするのも事実でした。
AFVファンは長い間、タミヤが新金型のKV-1を発売するのを待ち望んでいました。
特に外国製キットが高額になり、安価というメリットがなくなった今は時期的にも良かったかもしれません。
また、安定供給という観点からも国産メーカー品は安心できます。
満を持して登場したKV-1は期待を裏切らない素晴らしキットでした。
旧型で指摘されていたフェンダーステーの三角の肉抜きは見事に再現されています。
履帯も今どきの組立連結式で、塗装も容易で弛みも自然です。
文句なしの好キットですから、沢山買って応援しましょう。

しばらく前、旧型のKV-1が再販され、KV-2と共に購入していました。
その後、新金型のKV-1が発売されると知り、少しモヤッとしました。
流石、商売上手のタミヤさんと思いました。(笑)

関連記事
スポンサーサイト



【 2020/07/01 (Wed) 】 AFV | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

じゃごろ

Author:じゃごろ
お手抜きモデラーのじゃごろです。
スケール物中心にupします。
宜しくお願いします。

最新トラックバック
ブロとも一覧
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
ランキング
もしお役に立ちましたら、                           ポチッとお願いします。