fc2ブログ

じゃごろの模型日記

手抜きモデラーのプラモ日記です
0312345678910111213141516171819202122232425262728293005

目指せ コンプリート センチュリーシリーズ その4

本日は曇り時々晴れのお天気です。
先日MRIを撮ったんですが、頭部のMRI検査を受けた事がありますか?
以前から嫁さんや母親は、年一回は頭部のMRIを撮っていました。(自分達だけね)
認知症や脳の異常がないかなど自主的に検査していたんです。
仕事をリタイヤした私は、その影響でMRIを撮ってみようと思いました。
MRIの検査結果は、知能が少々低い以外、能には異常がありませんでした。
ヘビースモーカーで大酒飲みだったんで脳が収縮していないか心配でしたが良かったです。
しかし、首から頭部に繋がる血管が4本あるんですが、その1本に狭窄が見つかりました。
手術出来ない場所であり、完全に詰まると半身不随か死亡するとの事でした。
血液サラサラ剤を処方され定期的にMRI検査を行いました。
1年後、狭窄は完全ではないが安全レベルまで改善、ピンチを脱しました。
何気なく撮ったMRIで早期発見出来、助かりました。
だから皆さんにもMRIの頭部検査をお薦めします。
頭と胸部を調べておけば一応安心出来ると思います。
さて、本日は目指せ コンプリート センチュリーシリーズ その4 です。





センチュリーシリーズ4001


センチュリーシリーズ その4は、モノグラム1/48 F-104G スターファイターです。
第2世代に分類されるアメリカ初のマッハ2級のジェット戦闘機です。


センチュリーシリーズ4002


胴体は左右ではなく上下2分割です。
電子機器やエンジンも胴体と一体成型です。


センチュリーシリーズ4003

デカールです。
西ドイツのマーキングです。


細い胴体に短い主翼を持つ小型軽量の戦闘機です。
日本でもお馴染みの機体で、「最後の有人戦闘機」と称されました。
アメリカ空軍では少数が短期間使用されました。
ミサイルなど武器の搭載量が少なく、航続距離が短いなどの理由の様です。
アメリカ空軍で使用されたのは、A/B、C/D型で、C型の改良型のG型は輸出用です。
センチュリーシリーズを1950年代に開発されたF-100番台の戦闘機とするならこのG型でもOKです。
しかし、アメリカ空軍縛りならF-104C型で、このG型キットはアウトとなるんです。
モノグラムからは、F-104Cが発売されていて、あると思ったんですが行方不明で、もう手元には無いかもしれません。
G型で惚けるか、最悪G型改造でC型か悩ましいところです。
それにモノの分割は好き嫌いが分かれるところです。
ハセガワのC型キットを作った方が健全なんですがね。
早くもモノグラム巡礼の旅は暗雲が立ち込めて来た様です。
関連記事
スポンサーサイト



【 2022/02/10 (Thu) 】 飛行機 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

じゃごろ

Author:じゃごろ
お手抜きモデラーのじゃごろです。
スケール物中心にupします。
宜しくお願いします。

最新トラックバック
ブロとも一覧
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
ランキング
もしお役に立ちましたら、                           ポチッとお願いします。