fc2ブログ

じゃごろの模型日記

手抜きモデラーのプラモ日記です
0312345678910111213141516171819202122232425262728293005

目指せ コンプリート センチュリーシリーズ その6

本日は曇りのお天気です。
神奈川県で、無職の男(59)が現行犯逮捕されました。
逮捕容疑は、土木会社の事務所に侵入し、スポンジ1個(時価100円相当)を盗んだとしています。
「生活が苦しかった」と供述、容疑を認めています。
現場周辺の会社事務所では、12月から日用品や工具などを盗まれる被害が相次いでおり、警察官が警戒していました。
カナロコ神奈川新聞より
「なんだかなぁ」と言う事件ですね。
よく被害額が少額な場合、同情的な声が聞かれるものです。
しかし、10円でも盗みは犯罪になります。
生活が苦しければ犯罪は許されるものではありません。
理屈は分かっているんですが、この手の犯罪はモヤモヤ感が残ります。
それが、「なんだかなぁ」と言う事で表せられると思います。
さて、本日は目指せ コンプリート センチュリーシリーズ その6 です。





センチュリーシリーズ6001


センチュリーシリーズ その6は モノグラム1/48 コンベア F-106 デルタダートです。
F-102デルタダガーの改良発展型です。


センチュリーシリーズ6002


胴体は左右と下面の3分割です。
だから胴体左右貼り合わせ後、コクピツトやエンジン排気部が組み込めます。


センチュリーシリーズ6003


デカールです。
垂直尾翼の赤が良いアクセントです。


アメリカ空軍は、目標とする完全自働防空戦闘機開発に目処がつくまでの繋ぎとしてF-102Aを生産する事にします。
その上でF-102Aをベースに改良発展させたF-102Bを開発しようと考えました。
このF-102Bは、最初から新しい電子管制システムMX1179システムを採用することが決定していました。
また要求性能もF-102Aとは異なったため、1956年6月にF-106Aと改称されました。
新たな要求性能は最大速度マッハ2以上、上昇限度21300m以上、戦闘行動半径378㎞以上という厳しいものでした。
モノグラムのキットは、長年1/48キットの決定版と言われた名品です。
モノグラムタッチと呼ばれたモールドが施されたパーツを見ると当時を彷彿とさせます。
当時シートにシートベルトまで彫刻されたキットはモノグラム以外ありませんでした。
このF-106のキットは良く出来たキットだと思います。
センチュリーシリーズのトリを務めるに相応しいキットだと思います。
余談ですが、その昔、F-106とF-102を一目で区別できる方は通だと言われた時代がありました。
作った方ならすぐ分かるんですが、資料も豊富でない時代のお試しクイズでした。
「細かい事はいいんだよ」と言い放つ漢の方もいた様ですけどね。
関連記事
スポンサーサイト



【 2022/02/12 (Sat) 】 飛行機 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

じゃごろ

Author:じゃごろ
お手抜きモデラーのじゃごろです。
スケール物中心にupします。
宜しくお願いします。

最新トラックバック
ブロとも一覧
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
ランキング
もしお役に立ちましたら、                           ポチッとお願いします。