fc2ブログ

じゃごろの模型日記

手抜きモデラーのプラモ日記です
0312345678910111213141516171819202122232425262728293005

厄介な奴 その1

本日は晴れのお天気です。
フィギュアスケート女子のロシア勢は散々でしたね。
ロシアの闇を見た様な、後味が悪いものでした。
そんな中、坂本選手が銅メダル。
おめでとう、頑張ったね。
さて、本日は厄介な奴 その1 です。




ME323ギガント001


イタレリ1/72 メッサーシュミット ME323 D-1 ギガントです。
元々はグライダーで、6発のエンジンを取り付けた大型輸送機です。


ME323ギガント002


巨大な機体は繊細なパーツがギッシリです。
長大な主翼は中翼と外翼にわかれています。
以前にも紹介していますので、パーツ類はそちらをご覧ください。


ME323ギガント003


デカールです。
計器盤もデカールで再現。



何度も作ろうとしては断念を繰り返した厄介なキットです。
大型機なので取り回しが面倒で、おまけに華奢なので取り扱いが難しいです。
一番のネックは運搬の為、主翼を取り外し出来るようにすることです。
主翼は中翼と外翼に分かれているので、それで分けるのが自然かと思います。
ただし、主翼は華奢で自重でたわむ為、金属線等で補強した方が良いと思います。
カーゴドアをオープンにすると重りを入れる場所がありません。
キットはテールヘビーで、相当な重りが必要になります。
そして車輪を上手に接地させる調整も必要です。
カーゴドアをオープンにするなら積載する車輛も必要になります。
私はこの車輛に重りを仕込むのはどうかなと思っています。
ただ車輛のキットを調達しなければなりません。
車輪は片側5個、合計10個あります。
前後2個、3個に分かれていてカバーも2分割になっています。
接地の調整もあり、塗装や取付にも一考が必要です。
以前、プロモデラーの方が、「金を出して苦労を買う」と評されたキット。
完成品はド迫力でとても良いんですが、そこに至るまでが厄介なんです。
完成という先人が通った道を歩んで見たいと思いつつ、そっとキットをしまい込むじゃごろでした。
関連記事
スポンサーサイト



【 2022/02/18 (Fri) 】 飛行機 | TB(0) | CM(2)
ギガント!
こんにちは。

「お金を払って苦労を買う」とはその通りかもしれませんね。その苦労もギガント級ですから。
オモリやらたわみやら問題一杯ですかー。
でも怖いもの見たさはマニアの常、不治の病です。
オモリ、乗せる車両に入れるのもいいですね。10tハーフトラックとか。
【 2022/02/18 】 [ 編集 ]
Re: ギガント!
いつもコメントありがとうございます。

ギガントは中々厄介なキットです。
完成すると迫力ある巨人機なんですが。
昔のイタレリは作り難いキットが多いです。
このキットはその中でも群を抜いた厄介さがあります。
完成させた方は素晴らしいと思います。
【 2022/02/18 】 [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

じゃごろ

Author:じゃごろ
お手抜きモデラーのじゃごろです。
スケール物中心にupします。
宜しくお願いします。

最新トラックバック
ブロとも一覧
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
ランキング
もしお役に立ちましたら、                           ポチッとお願いします。