fc2ブログ

じゃごろの模型日記

手抜きモデラーのプラモ日記です
021234567891011121314151617181920212223242526272829303104

1/72スケールシリーズ その19

本日は晴れのお天気です。
日本赤軍の元最高幹部、重信房子受刑者(76)が28日に刑期満了で出所します。
重信受刑者は、1974年にオランダのフランス大使館を武装占領したハーグ事件を指揮した罪で懲役20年の刑に服していました。
出所後は「暴力ではなく権利の中で活動したい」とツイッターーなどで考えを発信する様です。
また、出所後に謝罪文などの手記も公表することが分かっています。
連合赤軍の様々な事件を知る者は複雑な思いがあると思います。
懲役20年の刑で禊が済んだと言えるのでしょうか。
さて、本日は1/72スケールシリーズ その19です。







72スケールシリーズ037


ハセガワ1/72 日本陸軍四式戦闘機 中島 キ-84 疾風です。
大東亜決戦機と言われた高性能戦闘機です。


72スケールシリーズ036


パーツはこんな感じです。
マーキングは2種類から選択出来ます。


日本機の中でも疾風の人気は高いと思います。
速度、運動性、武装、防弾に優れた戦闘機で大東亜決戦機と言われました。
アメリカ軍の判定でも最優秀機と評価されています。
まあ、エンジンが絶好調ならではの話で、量産機はエンジン不調に悩まされました。
疾風はスタイルが如何にも高性能機と言う感じで良いと思います。
またマーキングも豊富で面白いものも沢山あります。
塗装も銀色と濃緑色の機体では全く別の機種の様な印象を受けます。
キットは、マーキングや塗装を楽しむのに最適で、複数機並べて見たいと思います。
余談ですが、疾風や鍾馗のキャノピーは枠が少ないと思いませんか。
零戦など海軍機と比較すると一目瞭然です。
これは何か理由があるんでしょうかね。
枠が少ないスッキリしたキャノピーは塗装するのも楽チンなんです。
関連記事
スポンサーサイト



【 2022/05/27 (Fri) 】 飛行機 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

じゃごろ

Author:じゃごろ
お手抜きモデラーのじゃごろです。
スケール物中心にupします。
宜しくお願いします。

最新トラックバック
ブロとも一覧
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
ランキング
もしお役に立ちましたら、                           ポチッとお願いします。