fc2ブログ

じゃごろの模型日記

手抜きモデラーのプラモ日記です
021234567891011121314151617181920212223242526272829303104

“ヨンパチ” 再点検 その4

本日は診察日、更新が遅くなりました。
途中で知り合いとバッタリ会いワクチンの話に。
私は4日従来のファイザー製ワクチンを、知り合いは新型ファイザーワクチンを11日に受けるのだそう。
私は新型は怖いので様子を見てから判断しようと思っています。
知り合いはファイザーで何とも無かったので、今度もファイザーだから大丈夫だろうと言っています。
まあ、何の疾患もない人は大丈夫でしょうが、病気のデパートの私はちよっとアレなのでした。
さて、本日は “ヨンパチ” 再点検 その4 です。








タミヤミーティア001


タミヤ1/48 グロスター ミーティア F.1 です。
イギリスの航空機メーカー グロスター社が開発した連合国軍側初実用ジェット戦闘機です。


タミヤミーティア002


パーツはこんな感じです。
尻餅防止用のバラストが用意されています。


第二次世界大戦終盤にイギリスで開発された連合国側初実用ジェット戦闘機です。
初戦の1944年8月にV1を撃墜し、ミーティアとして初撃墜を記録しています。
性能的にはレシプロ機並みでしたがジェット機時代の基礎を築くのに大きく貢献しました。
キットは1997年4月に発売され、エンジン内蔵で完成後もチラ見せが出来ます。
プロポーションの良さや組み立て易さなどタミヤらしい優れたキットだと思います。
尻餅防止用のバラストが用意されているのも親切ですね。
また、塗装の迷彩パターンが1/48サイズで用意されているのは大変良いと思います。
適当に迷彩を吹くのではなく、図面に合わせてマスキング出来るのは大変楽です。
この様な点がタミヤの評判を高くしている一因でもあると思います。
お仲間にイギリス機が好きな方がいて、特にこのミーティアは好きと言ってました。
私はそれ程でも無いんですが、蛇の目ファンにはブサカワイ存在なんでしょうかね。
一時期は展示会でよく見かけたんですが最近はご無沙汰になっています。
余談ですが、ミーティアは朝鮮戦争にも使用されています。
Mig15には全く歯が立たなかった様ですが・・・。
最初の設計時、エンジンが非力で信頼性が無かったので双発機が採用されたと聞いていますが。
関連記事
スポンサーサイト



【 2022/09/29 (Thu) 】 飛行機 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

じゃごろ

Author:じゃごろ
お手抜きモデラーのじゃごろです。
スケール物中心にupします。
宜しくお願いします。

最新トラックバック
ブロとも一覧
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
ランキング
もしお役に立ちましたら、                           ポチッとお願いします。