fc2ブログ

じゃごろの模型日記

手抜きモデラーのプラモ日記です
0312345678910111213141516171819202122232425262728293005

“ヨンパチ” 再点検 その34

大阪府高槻市の市営バスの運転手が出勤前に「蒸しパン」を食べアルコールが検出され処分された件。
いろいろと物議を醸している様ですが貴方はどう思いますか。
会社のルールで規定されていて、運転手も理解していたので仕方がないと言えばそうですね。
しかし、法定基準より厳しくするのはいかがなものかと言う気もします。
将棋対局中のマスク事件と同じ様にモヤッとした気になるのは何故だろうと思います。
まあ、運転手が納得すれば私がいろいろ言う必要もないんですがね。
さて、本日は “ヨンパチ” 再点検 その34 です。






タミヤ夜間戦闘機月光後期型001


タミヤ1/48 中島 夜間戦闘機 月光11型 後期生産型 です。
タミヤ傑作機シリーズ№78で、2001年に発売されました。


タミヤ夜間戦闘機月光後期型002

パーツはこんな感じです。
マーキングは2種類から選択出来ます。



昭和13年太平洋戦争を前にした日本海軍は爆撃機の長距離護衛を主任務とする双発戦闘機の開発を計画。
中島飛行機がその施策に着手しますがその要求は厳しいものでした。
零戦を上回る高速性能と航続距離、高い攻撃力と零戦と同等の空戦性能と言うものでした。
昭和16年3月の試作機完成以来、戦闘機として実用化を目標に努力が続けられます。
しかし、単発戦闘機と対等に戦える空戦性能は実現できず偵察機としての採用が決定されます。
この当時、日本海軍のラバウル基地はB-17の夜間攻撃に悩まされていました。
そこで双発陸上攻撃機に20mm斜銃を装着した2機が送られ、初陣でB-17を2機撃墜したのです。
そのため月光11型の正式名称で日本海軍初の夜間戦闘機として正式に採用されました。
キットはタミヤらしく素晴らし出来だと思います。
20mm斜銃は弾倉まで再現され、点検用ハッチは開閉選択式です。
私はキットが発売された当時製作して展示会に出品しました。
お仲間の一人も作っていてキットが被ってしまいましたが人気が高く好評でした。
キットが発売された時、一大センセーションが起きましたが、一式陸攻が発売された時以来ではなかったでしょうか。
話題は次の双発日本機は何かと言うことでしたが、以來発売されたのは前期型のみでした。
やはり日本機では輸出など売上に響くんでしょうか。
貴重な双発の日本機、生産休止は寂しい限りです。
関連記事
スポンサーサイト



【 2022/11/02 (Wed) 】 飛行機 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

じゃごろ

Author:じゃごろ
お手抜きモデラーのじゃごろです。
スケール物中心にupします。
宜しくお願いします。

最新トラックバック
ブロとも一覧
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
ランキング
もしお役に立ちましたら、                           ポチッとお願いします。