fc2ブログ

じゃごろの模型日記

手抜きモデラーのプラモ日記です
0312345678910111213141516171819202122232425262728293005

“ヨンパチ” 再点検 その51

福岡市博多区で酒を飲んでタクシーを運転したとして個人タクシーの運転手の男が逮捕されました。
JR博多駅の博多区地にあるタクシー乗り場で、停車していたタクシーに後から別のタクシーが追突しました。
追突したタクシー運転手の呼気を調べたところ、基準値の2倍を超えるアルコールが検出されたため、酒気帯び運転の疑いで現行犯逮捕されました。
逮捕されたのは70歳のタクシー運転手で、勤務中だったということです。RKB毎日放送より
プロドライバーの自覚がありませんね。
というか、酒気帯び運転の常習者だった可能性があります。
70歳という一般のサラリーマンなら定年過ぎの年齢でもあり、資格剥奪処分にして欲しいです。
タクシー会社勤めの運転手はアルコールチェックがありますが個人タクシーは自己管理です。
重大事故を起こしてからでは遅いので厳しい処分を望みます。
さて、本日は “ヨンパチ” 再点検 その51 デス。






ハセガワF104Cアメリカ空軍001


ハセガワ1/48 F-104C スターファイター “アメリカ空軍”です。
このキットは、2000年5月に発売されました。


ハセガワF104Cアメリカ空軍002


パーツはこんな感じです。
前縁スラットやフラップ、エルロンなどは別パーツです。


ハセガワF104Cアメリカ空軍003

デカールです。
マーキングは2種類から選択出来ます。


F-104シリーズは世界で初めてマッハ2の壁を破った迎撃戦闘機です。
原型機は1954年2月に初飛行し、「人間の乗ったミサイル」の異名を取りました。
空気抵抗をできるだけ削減して、スピードを出すことに努力が注ぎ込まれた結果、ミサイルの翼のように直線テーパーの平面形となり、さらに下半角もあたえられました。
F-104Cは戦術空軍弾向けに開発された戦術戦闘機で機種に給油装置が付けられました。
77機生産されたF-104Cは1958年から引き渡され1975年に退役しました。
キットはハセガワらしい繊細なモールドのキットです。
スタイルも良く、コクピット内部も良く再現されます。
F-104Cは派手なマーキングなので見栄えがします。
このキットも2種類のマーキングが選択出来ます。
好きなF-104シリーズの中でC型は外せない一機です。
関連記事
スポンサーサイト



【 2022/11/21 (Mon) 】 飛行機 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

じゃごろ

Author:じゃごろ
お手抜きモデラーのじゃごろです。
スケール物中心にupします。
宜しくお願いします。

最新トラックバック
ブロとも一覧
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
ランキング
もしお役に立ちましたら、                           ポチッとお願いします。